さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2011年04月14日

サヴィナの冒険


『BATEN KAITOS -終わらない翼と失われた海-』プレイ日記 vol.47
 第三弾はアルファルドです。
 本当はミラに行かなければいけないのですが、素で間違えました(;´Д`A




【ニハル砂漠】
 闇の軍勢から逃れるため、ニハル砂漠へ逃げ込んだというアザーの人々。
 彼らを警護しているのが狂狼部隊と知ったサヴィナたちは、彼らの元を訪ねます。
 すると、サヴィナの昔馴染み・アズダーから、砂漠突破の手助けをして欲しいと頼まれました。
 それを引き受けた一同ですが、アザーの生き残りの中には、サヴィナによって親兄弟を殺された少女の姿が。
 彼女との一件以来、民間人を殺すことができなくなったことに気づいたサヴィナは、
 自分が解らなくなり、帝国から脱走したのだと言います。

 さて、砂漠では磁石を頼りに移動しますが、エリアチェンジするごとに、『澄んだ水』 を1つ消費。
 水がないのに移動しようとすると、力尽きて倒れ、スタート地点の洞窟に戻されてしまいます。
 ありったけ、ブランクマグナスをつくって、水を持っても4つが最大。
 しかも、砂漠には遭難者がたくさん居て、出会うたびに、彼らにも水をあげるので、消費量が大きい大きい。
 オアシスがあれば水も補充できるのですが、2度ほど倒れてしまいました(;´Д`A
 結局、クズマーン一族を含む5名を救出し、いざボス戦へ。
 何と、お相手は股間に目玉の将軍と同型のモンスターでした…。



【ニハル砂漠】 VS. サウザーナ
 初手にカラスとリュードがそれぞれプライズでダメージを与えましたが、それ以降は酷いもんでした(´Д`|||)
 まず、サヴィナは武器がまったく集まっていないので、プライズを決めるどころか、
 反属性にならないようにするので精一杯。
 リュードは回復マグナスを持ちすぎたのか、手札がだぶつき、身動きが取れないので、無駄に回復を消費。
 頼みの綱のカラスも、相手が炎属性80%減なので、思いようにダメージが伸びません。
 これは酷いと思ったのが、サヴィナがすべて炎属性で攻撃したときのダメージが、300以下だったこと。
 更に、後半は防魔の宝珠を使用されたことで、益々与ダメが下がります。
 2000どころか、四桁のダメージを与えられることすら稀な状況に…(;´Д`A
 プライズはできないわ、属性相性は最悪だわ、どうしようもないままに戦闘終了。
 うはぁ……ここしばらくないくらいのグダグダした戦闘だった。



【ニハル砂漠】
 敵にトドメを刺そうとしたそのとき、不意にあの少女が現れました。
 グールを涙ながらに父親と呼ぶ少女の姿に、サヴィナは一切の攻撃ができなくなります。
 どうやら、アザー掃討戦後、火炎洞窟で処分された父親の遺体が、邪神のちからの一旦に触れたもよう。
 サヴィナに攻撃を加えたグールは、次に子どもに武器を振り下ろしました。
 それを受け止めたアズダーは、少女に謝罪を述べ、既に父親ではないものを眠らせてやろうと説得します。
 少女は小さく頷き、グールはサヴィナの攻撃によって、再び眠りにつきます。
 無言でサヴィナに歩み寄った少女は、父の手でつくられた武器をサヴィナに手渡しました。
 あのとき、どんなに痛めつけられても、攻撃しなかったサヴィナに対する感謝と共に。
 走り去る少女の背に向かって、サヴィナは 「ありがとう」 と声を上げるのでした。

 戦闘は酷い有様でしたが、サヴィナのイベントは、色々と伏線があっただけに、良い内容でしたね。
 しかし、以前も思いましたが、アザー掃討戦には、リュードも関わっているはずですが、
 サヴィナのおかげで影が薄いったらありません(;´Д`A
 次は、リュードのイベントをこなす予定なのですが、何故、リュードなのに戦艦ゴルドバ?





<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
サヴィナの冒険
    コメント(0)