さぽろぐ

ゲーム・アニメ  |その他北海道

ログインヘルプ


*TOP*

2022年05月12日

バベル号ガイドブック

任天堂のIndie Worldで紹介されていましたが、こりゃ確かに映像で見なきゃ内容が解らんな。
過去のある時点まで戻って、キャラクターの行動を変えることによって、その先の運命をも変える、というもの。
ですが、1つの出来事を変えて、その結果を変える…というのではなく、影響が連鎖しています。
テーマは、そのまんま「バタフライエフェクト」。
紹介映像では一直線につながるようなバタフライエフェクトでしたが、これがどこまで複雑になるのか。
頭を悩ませなければ解らないようなものになっていれば、面白そうです。  


Posted by 黴 at 23:07Comments(0)Game

2022年05月06日

Stellaris

操作感に慣れるために、ちょっとだけプレイして以降、なかなか本格的に着手できていない『Stellaris』。
この連休中もプレイはまだしていませんが、いくつか帝国を作成。
そのうち、どれかの帝国をプレイし始めようと思います。
まぁ、プレイしてもプレイ記を上げるのは、かなり先になろうかと思いますが。
      


Posted by 黴 at 21:13Comments(0)Game

2022年05月02日

Papers,Please

このゴールデンウィークはゲームしかしないと決めて、朝から晩までゲーム三昧の日々を送っています。
ちなみにこちらは、『Papers,Please』 で効率勤務を極めようと頑張ってたときの画像。

右下の余白部分に、Steamのウィンドウを嵌め込んで使います。
  


Posted by 黴 at 17:49Comments(0)Game

2022年05月01日

ゴールデンウィークセール

大型連休中にゲームをやれ、と言わんばかりのセールラッシュに心が躍ります。
気になるタイトルがセール対象になっていないか、日々特集記事をチェック。
そして、この連休はどこにも行かずに、朝から晩までゲームをすることを決意しました。
アウトドア派には解らんかもしれんが、することないからゲームしてるんじゃないんだ。
何ならゲームを1日中やるためにコンディション整えて挑んでるんだ。
よーし、やるぞー(*´∇`*)  


Posted by 黴 at 09:32Comments(0)Game

2022年04月22日

Skábma - Snowfall

ヨーロッパ最北端の先住民族「サーミ」をテーマにしたゲームだそうです。
開発したのもフィンランドのインディーズスタジオで、社員は半分がこのサーミの人とのこと。
古い信仰や民話、生活様式などをゲームで表現することで、失われつつある文化を伝えたい、という目的が素敵。
学術的なことは文献とか、歴史的資料にゆだねられますが、雰囲気・空気感を伝えるのにゲームって良い題材ですよね。
最近だと、歴史の一部分を切り取ってリアルに表現したゲームも多く出ています。
文字を読むだけ、資料を見るだけでは得られない、その場にいるようなイメージを感じられるのはゲームならでは。
こういうコンセプトのゲーム、良いですねぇ。  


Posted by 黴 at 22:14Comments(0)Game

2022年04月19日

オートマタ・イージス

『Steelrising』のゲームプレイトレイラーが公開されていましたが、良いアクションですねぇ。
プレイヤーが操作するオートマタは、「人間そっくりに」作られているのですが、
そっくりなだけで人間ではない、というのが細かく表現されているのがすごいな、と。
例えば普通に歩いている動作でも、わずかにカクッとした動きが入ったりして、人形らしさを醸し出しています。
そして、当然戦闘になれば人間ではあり得ない動きで攻撃を繰り出し、回避をするわけです。
そちらのモーションも実にカッコいい。
武器も豊富みたいですが、やっぱり気になるのは扇。
メニュー画面での立ち姿もめちゃくちゃ好みです。  


Posted by 黴 at 23:50Comments(0)Game

2022年04月16日

tERRORbane

『TERRORBANE』というゲームのテストプレイヤーに選ばれた主人公。
しかし、このゲームは信じられないほどバグだらけ。
欠陥品に対して、やたら自信に満ちた開発者とチャットでやりとりをしながら、バグチェックをしていくことになります。
……というと、バグつぶしのお仕事ゲーのように聞こえますが、実際のゲーム内容としては、
「ゲーム中のバグ」を利用してゲームをクリアしていくというアドベンチャーゲームのようです。
発想がすごく面白いので、機会があったらやってみたいタイトルですね。  


Posted by 黴 at 20:14Comments(0)Game

2022年04月14日

Paper Cut Mansion

タイトルのとおり、すべてがペーパークラフトで作られた世界が舞台。
一方、内容としては刑事が謎の屋敷でクリーチャーと戦いつつ、謎を解いていくというファンシーさの欠片もないものです。
クリーチャーとの戦闘はありつつ、アクションではなく、事件の真相解明が重視されるもよう。
エンディングは27種類あるそうで、なかなか興味深いです。
が、日本語対応されるかどうかは未定とのこと。
日本語化されたら、購入を検討してみますか。  


Posted by 黴 at 23:14Comments(0)Game

2022年04月11日

ディスコ エリジウム ザ ファイナル カット

日本語版の発売が決まる前から、ちょっと気になっていたゲームです。
記憶を失った刑事が殺人事件を捜査していくという内容ですが、システムや設定が独特。
行動するときには、TPRGのGMのような存在と対話し、ダイスによるスキルチェックもあるそうです。
そして、このスキルチェックに使う24種のスキルは、単なるパラメータではなく、
主人公の中にそれぞれ人格を持って存在するのだとか。
それらの存在は、主人公に語りかけてくるので、その対話から事件を考えていくとのこと。
夏発売予定らしいので、注目していきましょうか。  


Posted by 黴 at 22:17Comments(0)Game

2022年04月06日

Citizen Sleeper

プレイヤーは、人間の意識が作業ロボットに移植されたという設定で、所有企業から逃げているところ。
逃亡中に、“恒星間資本主義社会”の見捨てられた無法地帯『アーリンズ・アイ』に身を潜めます。
そこで、住人たちと共に生活しながら交流していくのがメイン。
協力関係や対立関係をどう築くかによって結末に影響が出てくるようです。
面白そうな作品ですが、今のところ日本語化の予定はないもよう。
うーん、残念。  


Posted by 黴 at 22:14Comments(0)Game