さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2017年11月05日

新たな怪異

前に体験版をプレイして、結構面白かった 『死印』 が、新エピソードを追加してPS4で登場するそうです。
PVを見る限りは、恐らく本編で怪異から解放されたはずの主人公が、
新しい怪異に見舞われて、終わったはずなのに……みたいなストーリーなのかな?
何となくこのゲームは、続編が出たら1作目と一緒に買いたい感じがするんですよね。  


Posted by 黴 at 17:29Comments(0)Game

2017年11月03日

Spintires: MudRunner

すっごい不思議なゲームですが、二作目だそうで。
1980年代のシベリア、泥で進むのが困難な湿地帯をトラックや作業用車で走るゲームです。
泥に関する物理演算が素晴らしいそうで、タイヤに泥が付く様子や、
原油・木材を運ぶ車が傾いて、積み荷が危険にさらされる様子などがリアルに表現されているんだとか。
しかし、特に目的が設定されているわけではなく、何をするかはプレイヤーの自由。
謎が謎を呼びますが、一作目は息の長いヒット作のようですね。
1回やってみたい気にさせられるなぁ。  


Posted by 黴 at 22:09Comments(0)Game

2017年11月02日

Ghost of Tsushima

元寇という日本のゲームでもなかなかチョイスしないようなテーマでゲームが作られているそうな。
『Ghost of Tsushima』 は、元と高麗に襲撃された対馬で、孤立無援の戦いをする侍が主人公。
タイトルのGhostは、主人公が神出鬼没の戦士として、ステルスアクションで戦うことを示しているんだとか。
オープンワールドでバトルアクションじゃなく、ステルスアクションってのが気になるなぁ。
ステルス大好きな黴としては、続報が楽しみです。  


Posted by 黴 at 17:10Comments(0)Game

2017年11月01日

The Gardens Between

オーストラリアのメルボルン発、パズルアドベンチャーゲームだそうです。
主人公は、少しだけ時間を操る能力を持つ少女と少年。
しかし、彼らを操作するのではなく、時間を変化させてシチュエーションを変えることで
彼らを導き、パズルを解いていく、と記事には書かれています。
PVでは、その時間を巻き戻す様子が描かれてはいるのですが、
それでどうやってパズルを解いているのかが、今ひとつ判りません(;´Д`A
要素は非常に面白そうなので、もう少し詳しいことが判ると良いんですけども。  


Posted by 黴 at 18:39Comments(0)Game

2017年10月31日

アンドロイドメイドの冒険

『Detroit Become Human』 の新しいPVで、主人公の1人 カーラのシーンが描かれています。
どうやら、父子家庭の家政婦として働いているらしく、前半は心を閉ざしたその家の少女との交流、
後半は父親の暴力から、少女を守る姿が見てとれました。
相変わらず、実写と見紛うばかりのリアルなグラフィックで、表情もゲームとは思えません。
今回のPVではあまり選択による変化に着目されてはいませんでしたが、
少女が助かるか否か、父親が生存するか否かなど、多くの結末がありそうです。  


Posted by 黴 at 23:27Comments(0)Game

2017年10月30日

体験版:いただきストリートDQ&FF

黴はさっぱり知りませんでしたが、PS2時代にもDQとFFのいたストが出ていたらしいですね。
今回、体験版をプレイしてみましたが、キャラクターや舞台は別として、他はスタンダードです。
何かするたびに台詞が入るのは、1周見れば良いかなとボイス・台詞オフにしてしまいました。
オフにすると、さくさく進みますし、プレイ時間もちょうど良い長さかな。
黴はソロプレイしかしないので、こういうみんなで遊ぶゲームは対象外ですが、なかなか面白かったです。  


Posted by 黴 at 18:57Comments(0)Game

2017年10月29日

体験版:ソニックフォース

体験版をプレイしてみましたが、ステージを60秒だけプレイできるという斬新なスタイルでした。
ご存じ、スピードが命のソニックですから、60秒といっても、しっかり体験はできます。
できるのですが、あまりに速くてプレイ記どころではありませんでした(;´Д`A
この60秒でどこまで進めるかという楽しみ方もできそうな面白い手法の体験版でした。  


Posted by 黴 at 20:43Comments(0)Game

2017年10月27日

シャドウ・オブ・ウォー

原作があるゲームは、そちらを知らないとちょっと手を出しにくいですが、
記事に書かれた 『ネメシスシステム』 というのが、少々気になります。
敵の小隊長にどう対処したかによって、関係性が変わっていくのだとか。
これによって、単なる雑兵ではなく、因縁のある相手として感情を揺さぶることが目的だそうな。
小隊長は洗脳して味方にもできるので、敵対感情だけではなく、仲間としての感情も芽生えるかも。
台詞や反応のバリエーションがどれくらいあるのかにもよりますが、なかなか面白そうですね。  


Posted by 黴 at 22:05Comments(0)Game

2017年10月25日

体験版:KNACKふたりの英雄と古代兵団⑧

カメラアングルを変えることができないものの、敵の出現場所はきちんと配慮されており、
理不尽に画面外から攻撃されるようなことはありません。
ただし、その分、敵の配置は少なく、ちょっと戦闘がゆるいかな。  

*続きを読む*


Posted by 黴 at 23:24Comments(0)Game

2017年10月24日

体験版:KNACKふたりの英雄と古代兵団⑦

体験版に2つ、プレイできるステージがあったので、もう1つもやってみました。
こちらは戦闘メインの体験版みたいですね。  

*続きを読む*


Posted by 黴 at 21:29Comments(0)Game