さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2017年02月11日

GreedFall

『GreedFall』 というアクションRPGゲーム、ちょっと興味があります。
新大陸発見の時代がモチーフですが、その新大陸には魔法を使う住民が……という
ファンタジー混じりの世界観だそうです。
旧大陸には病気が蔓延しており、新大陸の魔力が妙薬になると信じられており、
主人公のトレジャーハンターも王命を受けて、魔力の源を探すために入植。
しかし、ポイントはそちらではなく、アクションRPGでありながら、重要なのは主人公の外交力という点。
旧大陸から主人公も含めて6勢力が新大陸に進出しており、各勢力のコンパニオンキャラクターと
行動を共にすることになるもよう。
それぞれに思惑の異なる彼らと手を結ぶための交渉、会話が大切になるそうな。
ってことは、自然と仲間重視のゲームになるということで、なかなかに面白そうです。  


Posted by 黴 at 18:33Comments(0)Game

2017年02月10日

Impact Winter

PVを見て、ちょっとうるっときてしまいました……(ノд`)
雪と氷に覆われた大地で、助けが来るまでの30日間を生き延びるサバイバルアドベンチャーなのですが、
主人公は何もかも失って、死に場所を捜すように彷徨っていたとき、
同じように雪の中の教会に閉じ込められた4人に出会い、彼らの善良さと勇気に打たれたようです。
そして、30日後、彼らが無事に生還できるように、精一杯努力を始めます。
彼らを救うことができたら、自分も生き延びられるような気がする、と言って。
物質面では主人公が彼らを助けていますが、精神面では救われているのがよくわかるPVで心打たれました…。
30日後、本当に助けは来るのでしょうか。
悲しい結末にならないことを祈るばかりです。  


Posted by 黴 at 14:08Comments(0)Game

2017年02月09日

Call of Cthulhu: The Official Video Game

クトゥルフ神話がモチーフのホラーゲームが出るそうですよ。
クトゥルフ神話と言えば、TRPGって気がしますけど、コンピュータゲームもはるか昔に出てましたよね。
こちらのゲームは、TRPGを基にしているようですが。
ちゃんとSAN値もあるみたいですし、説得などの交渉技能もあるそうです。
主人公は固定みたいですから、ダイスロールでキャラメイクはないのかな。
TRPGと違って、コンピュータゲームだと、ステータスや技能によって詰みますもんね。
でも、これはちょっと面白そうだなぁ……。
PS4で出るそうですし、日本語版が出るなら買いたいな。  


Posted by 黴 at 23:59Comments(0)Game

2017年02月05日

新釈・剣の街の異邦人 ~黒の宮殿~

『新釈・剣の街の異邦人 ~黒の宮殿~』 がセールという記事を見て、浮き足だったのですが、
アップグレードできるのは、ダウンロード版だけで、パッケージ版は対象外だそうです(ノд`)
黴は、このご時世でも、どうしてもパッケージ版が好きなんですよね。
ゲーム棚にパッケージが並んでいるのが好きだ……。  


Posted by 黴 at 20:05Comments(0)Game

2017年02月04日

戦車inさっぽろ雪まつり

記事を読んで初めて知りましたが、ウォーゲーミングジャパンって、
3回もさっぽろ雪まつりに参加していたのですね。
3年前は、札幌に行く用事があって、そのときに雪まつりもチラ見したのですが、知らなかったなぁ。
知っていたら見てみたかったなー。  


Posted by 黴 at 21:08Comments(0)Game

2017年02月03日

Demon's Game

『Demon's Game』 というフリーゲームをプレイしましたが、非常に面白かったです(*´∇`*)
死んだ主人公が、生き返る権利を賭けて悪魔とゲームをすることになった、というもので、完全なる推理ゲーム。
主人公は7日間で、他の悪魔たちから情報を集め、ゲームに勝たなければなりません。
ゲームにあたって、契約書がかわされており、契約に縛られる悪魔は、それに反することはできないルール。
契約をよく確認し、悪魔たちの情報の裏を読み、勝利を目指していきます。
最初は情報を集めているうちに7日が過ぎ、あっさり死んでしまうのですが、
それを繰り返すうちに段々と事の次第が解っていき、クリアの道が見えてきます。
けれども、それだけではあと一歩足りなくて四苦八苦……という感じが非常に良いゲームでした。
ゲーム内フラグが必要なのはわずかな部分だけで、あとはプレイヤーが情報を組み立てて
考えていかなければならないというのも良点。
クリア自体は短時間でできるので、お手軽に遊べるのも良いですね。  


Posted by 黴 at 22:14Comments(0)Game

2016年12月25日

恐怖の聖夜

昨日に引き続き、『流行り神』 をちょこっとプレイ。
本日は、一話 『コックリさん』 です。
今、プレイしてみると、オカルトルートと科学ルートに分岐するという要素は斬新であるものの、
セルフクエスチョンが、あまり事実関係の整理になっていなかったり、
科学ルートもほとんどが科学で説明がついていなかったりして、もやっとする部分も多いですね。
昔も同じような感想を抱きましたが、個人的に、科学ルートはほぼ科学で解明できて、
ちゃんと人間の犯行でありつつも、最後の最後に説明のつかない要素が1つだけ……みたいな
終わり方だと良いなと思います。
でも、科学ルートも結局、7~8割方オカルトなんですよね。
ゲーム的には、かなり好みなだけに、ちょっと残念。  


Posted by 黴 at 10:27Comments(0)Game

2016年12月24日

ホラーチッククリスマス

5月に23円でダウンロードして放置していた 『流行り神』 をプレイしてみました。
大凡の筋は覚えているのですが、細かい所は結構忘れていて、
プレイしながら思い出しているような状態です。
都市間バスの中で、備え付けのヘッドホン装備にてプレイ。
イヤホンとは、また少し違う音響が楽しめました(*´∇`*)
零話 『チェーンメール』 をクリアです。  


Posted by 黴 at 22:17Comments(0)Game

2016年12月23日

LET IT DIE

『LET IT DIE』 というゲーム、今まで色々と記事は見たのですが、どれを読んでも今ひとつ
どんなゲームかが理解できませんでした。
先日、日本での発売が迫りましたよ、という記事を読んで、初めて内容を把握。  

*続きを読む*


Posted by 黴 at 21:01Comments(0)Game

2016年12月22日

社会的な死

『Dishonored 2』 のプレイレポートを読みましたが、ミッションクリアに対する自由度も健在のようです。
暗殺対象者を直接殺しても良いですし、秘密を暴いて社会的に失墜させても良いそうな。
今回はガンガン殺すぜ!っていうプレイスタイルと、不殺プレイとではまったく違う楽しみがありそう。
どういう方法で殺しても良い、というだけではなく、殺す以外の手段もあるというのが面白いです。
ちょっとプレイしてみたい気もしますが、やるなら1作目からだよなぁ。  


Posted by 黴 at 23:13Comments(0)Game