さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by さぽろぐ運営事務局 at

2018年06月01日

Raft

まだアーリーアクセスのイカダサバイバルゲームだそうです。
普通のサバイバルゲームと言えば、無人島や何かに漂着し、そこでの生活を余儀なくされるもので、
イカダと言えば、脱出手段の一つですが、このゲームはイカダに乗った状態でのサバイバルなんだとか。
サメが常に周囲にいるため、海に潜って魚を……というようなことはできず、
フックを使って漂流物などを釣り上げ、それを使って生き延びるゲームみたいです。
また、たまに廃船や無人島があるので、そこでレアアイテムを手に入れる、と。
探索エリアの広さとか、建築物要素がない分、単調になってしまいそうですが、どう工夫していくんでしょうね。
完成版が気になるゲームです。  


Posted by 黴 at 23:57Comments(0)Game

2018年05月31日

絶体絶命都市4 Plus

2018年中に発売予定の 『絶体絶命都市4 Plus』 について、スクリーンショットや概要の記事が出ましたが、
今までとは違った方向にリアルになっていて吃驚しました。
グラフィックは多分、今までと同様、「PS4にしてはショボい」 という意見が出ると思われます。
今までも、「PS2にしてはショボい」 「PSPにしてはショボい」 と言われ続けてきましたし、
格段にきれいになったとは言えど、グラフィック重視の人には、満足できるものではないでしょう。
でも、オブジェクトや人物の配置が、これまでの作品より非常に自然な “雑多感” があるんですよね。
参考写真か何かをもとに、1つ1つ物の配置を考えたのだろうか、と思うほど。
特に、避難所になっている学校のグラウンドに、車が何台も停まっているスクリーンショットでは、
「整列して停めようとしているけれど、それぞれがちょっとずつズレている」感じが見てとれます。
これは楽しみだなぁ。
そして、商品コンセプトの中の1つに、「登場人物とついつい本気で係わってしまう」 とあり、
「登場人物たちともっと係わりたくなる、本当にうっとうしいと思える」 と記載されていました。
プラスの感情だけではなくて、マイナスの感情も本気で感じてほしいというのは、っぽいな~と思ったり。  


Posted by 黴 at 22:14Comments(0)Game

2018年05月30日

地獄脱出ゲーム

前にチラッと情報を見たポーランド発のゲーム 『Agony』 のローンチトレーラーが公開されていました。
思った以上に、血と肉にまみれた悍ましい世界です(;´Д`A
確か、主人公自体は非常に非力なので、憑依をして戦うというシステムだったはずですが、
憑依した状態での敵の倒し方も、結構エグいですし、プレイ以外の描写もかなり危険。
また、強力な悪魔が女性の形をしているので、そっち方面でも注意です。
だいぶ、審査に時間がかかった旨、記事にかかれていましたが、さもありなん。
憑依というコンセプトは好きですが、かなり人を選びそうですね。
あと、ちょっと全体的に画面が見づらそう……。  


Posted by 黴 at 21:16Comments(0)Game

2018年05月28日

主人公交替制

ちょっと気になっている 『ザンキゼロ』 ですが、名実共に8人主人公なんですね。
主観キャラが章ごとに変わり、そのキャラクターに関係の深いダンジョンを攻略することになるのだとか。
また、ダンジョンのギミックも、このゲームならではのもので、「8人全員生存状態」 とか、
「幼年期なら通れる場所」 といったように、死と復活を繰り返すシステムをうまく使っているもよう。
取り敢えず進軍して、ギミックを見つけたら、条件をうまく満たせるように調整しつつ、それまでレベル上げ、
といった戦法になりそうですね。  


Posted by 黴 at 23:06Comments(0)Game

2018年05月25日

ヒットマン ディフィニティブ・エディション

暗殺者としてターゲットを仕留めることが目的のゲームですが、確か、北海道が舞台に含まれていたはず。
以前、そんな記事を見かけました。
あと、寿司職人に分してトラフグの毒で殺害することもできるという記事も読みました。
真面目一辺倒じゃなさそうなところが気になりますが、こちらのタイトルは、
「海外ではエピソード単位で発売されていたものを一括してスクエニから販売していたけれど、
それが販売終了してしまったので、他のDLCも同梱してワーナーから発売するよ」
というちょい複雑なものになっているもよう。
このゲーム、面白そうなんですよね……。
これを機に購入を検討してみても良いかもしれません。  


Posted by 黴 at 22:48Comments(0)Game

2018年05月23日

Earthfall

地球に襲来した宇宙人と戦う生存者、というCo-op型のシューティングゲームです。
敵がエイリアンっていうの、すごく良いと思います。
いわゆる 「走るゾンビ」 の存在と、それを使ったヒットゲームによって、
何かってーと、生存者VS.ゾンビ(または感染者)でしたが、映画に関して言えば、
エイリアンと戦うタイプのものも多いんですよね。
ところが、ゲームになるとVS.宇宙人は、プレイヤーも宇宙にいるシチュエーションが多く、
宇宙人が襲来するタイプの生き残りゲーは、あんまり見かけません。
ゾンビがエイリアンになっただけ、と言われるかもしれませんが、マンネリよりは、ずっと良いな~と。
また、武器を3Dプリンタでつくるという一文にも興味が湧きました。
通常ですと、武器が落ちているので拾う、という形で補充しますが、どれくらいの頻度で3Dプリンタが出てくるのか。  


Posted by 黴 at 23:15Comments(0)Game

2018年05月21日

クローズド・ナイトメア

ホラーアドベンチャーゲームですが、今時、珍しく実写です。
あくまで個人的な感想ですけど、実写って通常のゲーム画面よりリアルなはずなのに没入感がなくなる気がします。
写真=平面という意識になっちゃうからでしょうか。
さて、ストーリーとしては記憶を失って、廃屋に閉じ込められた女性が、仮面の殺人鬼の恐怖に怯えながら
同じく閉じ込められた人々と脱出を目指す…というのがプロローグのようです。
戦闘のないホラーは極端に減っているので、このタイトルも着目したいところです。  


Posted by 黴 at 21:10Comments(0)Game

2018年05月19日

Omensight

悪神の影響で同じ日を何度も繰り返すことになった世界で、記憶を失わない存在となったプレイヤーが
この事態の解決をめざして奔走するという、かなり面白そうなゲームです。
原因となる事件には4人の人物が関わっており、1日の始まりに、そのうち1人を選び行動を共にします。
そうやって何度も何度も情報を集め、1日の出来事に介入することで未来を変えるとのこと。
謎解きだけではなく戦闘もあるようですが、大変興味をそそられます。
日本語化対応か、日本語化MODを待ちましょうか。  


Posted by 黴 at 18:39Comments(0)Game

2018年05月17日

リトルドラゴンズカフェ-ひみつの竜とふしぎな島-

倒れてしまったお母さんの代わりにカフェを切り盛りする双子が、
料理のレシピを発見したり、食材を調達したり、お客さんの悩みを解決したりするゲームだそうな。
経営者の双子に加えて、男女1名ずつスタッフとして働くキャラがいるっぽいのですが、
みんな服装は違うのに、使われている布地やカラーリングが同じで、制服みたいになっているのが可愛らしい。
お客さんが時間帯や曜日によって行動しているなら、ラブデリ系みたいだな、と思いましたが、
スクリーンショットを見る限り、お客さんとはカフェの中だけでのおつきあいで、
外に出るのは食材採取のため……なのかな?
悩み解決の難易度が少し高いと面白そうですけども。  


Posted by 黴 at 23:15Comments(0)Game

2018年05月16日

Solo

船乗りが冒険をしながら、愛を探していくゲーム……かな?
主人公の船乗りは小さな船に乗って小さな島に辿り着きます。
そこでパズルを解いてトーテムに到達すると、愛に関する問いが投げかけられます。
それに答えると次の島への道筋が見える……ということを繰り返し、進んでいくそうな。
島では、クリアに直接関係のない困り事を持った動物がいたりするので、それを助けてあげながら
愛に関する答えを見つけ出していくようです。
ラブデリあたりと比べると、かなり直接的な問いかけですが、その先にあるものは気になりますね。  


Posted by 黴 at 23:50Comments(0)Game