さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2013年02月17日

先割れスプーンの無限の可能性


『Dragon Age II』 プレイ日記 ~スプーン・フォーク 一代記~ vol.8
 金次第で何でもする傭兵か、金次第で何でもする闇商人のいずれかに雇われることとなったホーク家。
 前者がうっすら禿げているおっさんだったため、若い女エルフの部下になることを即決する。
 これからどんな仕事が待ち受けているのかと思いきや、舞台は約1年後に吹っ飛んだ。
 あまりの展開の早さに、これは年を取るのも早そうだ、と怯えるスプーン姉さんであった。




【カークウォール ~ハイタウン~】
 地底回廊へ探索へ向かうドワーフに、自らを売り込むスプーンとベサニー。
 しかし、人手は足りていると、素っ気なく断られてしまいました。
 背教者であるベサニーが、テンプル騎士から逃れられるのは、アセンリルの庇護があるからです。
 1年の契約が切れたとき、金のない難民のままでは、すぐに捕まってしまうでしょう。
 ホーク家には早急に金が必要でした。
 今後のことを話し合う姉妹ですが、そこへ1人の若い男が駆け抜け様にぶつかってきます。
 懐の金をすられたと気づき、追いかけるスプーン。
 すると、突然物陰から飛んできたボウガンの矢が、スリの服を壁に縫い止めました。

 スリから金を取り返してくれたのが、今作の語り部・ヴァリック=テスラス。
 そして、先ほどスプーン姉さんたちが交渉していたバートランドの弟でもあるようです。
 兄と違って、ホーク姉妹のことをかなり買ってくれているもよう。
 んじゃ、どうにかして探検隊に同行させてくれよ、と言ったのですが、ヴァリックの考えは別にありました。
 傭兵としてではなく、資金提供者としてバートランドに同行し、地底回廊でお宝を手に入れるというのです。
 金がないから困ってんじゃん……(´Д`|||)
 しかも金貨50枚なんて大金、無理すぎるよ。
 けれどヴァリックは、ブライトの後、ダークスポーンは地底回廊から “一時的に” 姿を消すと強調。
 このチャンスに、一生暮らしていけるだけの宝が見つかるかもしれない、と解きます。
 う、うーん……確かに前作でも、ダークスポーンは所謂金目のものには興味がないので、
 地底回廊には、良いものがゴロゴロしていると言っていました。
 一抹の不安は残りますが、ここはこの話に乗る他ないようです。
 スプーン姉さんたちは、ともかく金貨50枚を溜めるため、仕事を探すことにしました。
 アセンリルに雇われていないアヴェリンは、街の衛兵として働いているそうです。
 まずは、彼女に何か仕事を斡旋して貰えないか聞いてみることにしました。
 そう言えば、ハイタウンにボーダンとサンダルの親子が居ました。
 今作でもサンダルがエンチャントしてくれるみたいですね。




【カークウォール ~ロウタウン~】
 カークウォールは、富裕層が住むハイタウンと、難民を含む貧困層の住むロウタウンに大別されます。
 エリアチェンジすると大マップに移行しますが、今回、このマップで昼と夜を切り替えられるもよう。
 また、何処に行けば、どのクエストが進行するかを、チェックできるようにもなっている親切設計。
 その代わりと言ってはなんですが、前作より話せるNPCが少ないような気がします。
 ロウタウンでは店がすべて露天なので、入ることができる建物も、極端に少なくなっていました。
 そういや、スプーン姉さんあまりお金がないみたいだけど一体幾ら……
 (; д )  ゚ ゚ 貧乏すぎるだろ!!
 いくら借金持ちとは言え、丸1年働いて、手持ちが銀貨7枚とか酷すぎる……or2
 ここから金貨50枚まで増やそうなんて、よくも考えたもんだな。




【サブクエスト:奇跡を生む者】 ロウタウンで横行する詐欺を解決する
 取り敢えず、街を一周回って見たところ、ロウタウンでおかしな輩を見つけました。
 どんな病もたちどころに治る “アンドラステの灰” を売っている如何にも怪しげな男です。
 男が騙っているのは、まさにササミたちが持ってきたあの灰のこと。
 ジェニティヴィのお墨付き!という売り文句付きで、何とも懐かしい名前ですな。
 そんな彼らに苦々しい視線を向けるのは、ミリンドラという衛兵の女性。
 彼女から事情を聞くと、サブクエストが発生しました。
 どうやら、先ほどの詐欺師たちを見つけて、どうにかすれば良いようです。

 探し回ると、スラム街の一角で、何やら固まって話をしていたので、声を掛けてみました。
 すると、特に何を言ったわけでもないのに、襲いかかってくる詐欺師たち。
 取り敢えず、正面の4人をスタンボムで足止めします。
 最後尾のカルタのごろつきラッシュでダウンさせ、
 追い打ちを掛けていると、運良く残りの連中が、ベサニーやヴァリックを追っていきました。
 スプーン姉さんを狙っている連中を首尾良く倒し、2人の援護に向かいます。
 リーダー格の詐欺師がマバリ犬と一騎打ちを始めたので、
 スプーン姉さんは、その背後から……Σ(゜Δ゜*) 消えやがった!!
 いきなり煙玉のようなもので姿を消した詐欺師。
 きょろきょろしていたところ、後ろから強襲されました。
 ま、まさかバックスタブ返しか??
 相当なダメージを受けてヒヤリとしましたが、敵が既に詐欺師のみだったので無問題。
 でも、初っぱなに喰らっていたら、かなり痛いですよね…。

 衛兵・ミリンドラに報告したところ、立場上、おおっぴらに礼を言うことはできないのか、
 「不器用で小銭入れを貴方の手に落としてしまったみたい」 と。
 ひゅー、カッコイイ~(*´∇`*)
 彼女がスプーン姉さんたちに依頼したわけでもないのに、金貨1枚もくれました。
 クエスト完了




【カークウォール ~ロウタウン ガムレンの家~】
 ロウタウンにある叔父・ガムレンの家にやってきました。
 どうやら、ホーク家はここに居候しているようです。
 ガムレンの台詞を聞くに、姉のリアンドラから日々小言を言われ、かなり苛立っている様子。
 母ちゃんが父ちゃんと結婚して、どんな暮らしをしていたのかは知りませんけど、
 元貴族だけあって、若干、お嬢様気分の抜けない感じの人ですよね。

 マバリ犬が寝ていたので話しかけてみたところ、どうもカークウォールへ来てから元気がないようです。
 ってことは、やっぱりロザリングから連れてきた子なんですね。
 ベサニーが、一緒に連れていけば喜ぶかもしれない、と言うと、嬉しそうに吠えました。
 よーしよし、一緒に行こうな~(*´∇`*)
 するとガムレンが、「犬」 呼ばわりし、うんざりするので連れて行けと言い放ちます。
 (*´ェ`) ………ぱっくり喰わせても良いんだぞ
 しかし、ガムレンのこの発言によって、マバリ犬に名前を付けることができるようになりました。
 じゃあ……スプーンの愛犬だから先割れだ!
 お前は今日からサキワレだぞ(*´∇`*)





<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
先割れスプーンの無限の可能性
    コメント(0)