さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2012年10月31日

霊体だって電気信号


『GHOST TRICK』 プレイ日記 vol.3
第1章 PM 7:02

 不思議な電気スタンドに導かれ、“死者のチカラ” で殺し屋と戦っていく主人公。
 まぁ、戦っていると言っても、殺し屋にしてみればアンラッキーが重なっているようにしか見えません。
 主人公視点と第三者視点で、これほど印象が異なる状況も珍しいでしょうな。




PM 7:01  D地区廃棄物集積所
 危機を脱した赤毛の女性ですが、殺し屋があらかじめ橋を上げておいたせいで逃げられません。
 しかも、その間に体勢を立て直した殺し屋が銃を構えてしまいました。
 よし、憑依している自転車を 《アヤツル>>>コグ》 で移動させましょう。
 すると、何かのレバーとハシゴに取り憑けそうです。
 ハシゴが殺し屋の頭にぶつかりそうだったので、そちらに憑依し、《アヤツル>>>ヒラク》!
 ぶつかりはしませんでしたが、ハシゴが伸びたことで街灯に取り憑けました。
 ん?街灯より更に上の方に箱が見えますね。
 でも、このままでは距離が遠すぎて届きません。
 あ、さっきのレバーは箱を下ろすためのものなのかも。
 《アヤツル>>>トジル》 で元の位置に戻り、レバーを 《アヤツル>>>タオス》 で作動させます。
 全然違った……(´Д`;)
 レバーはあの箱を回転させるためのものでした。
 反対側に例の鉄球が付いているので、箱と鉄球の場所が入れ替わり、ちょうど殺し屋の真上に……。
 そして、鉄球の方が箱より大きいため、これなら街灯から移動できそうです。

《トリツク》 : レバー → ハシゴ → ガイトウ → テッキュウ → アーム
《アヤツル>>>ヒラク》

 これで鉄球を支えているアームが外れて、男の上に落下!
 鉄球に押しつぶされた男は、諸共、転がり落ちていきました。
 『更新完了!』 の文字が表示され、どうやら女性の命は助かったみたいです。




PM 7:21  D地区廃棄物集積所
 電気スタンドは 『クネリ』 と名乗りました。
 クネリもまた死者の魂ですが、自分の亡骸に取り憑いても、自分の運命は変えられないため、
 こうしてスタンドとして、クネクネしているしかない、と言います。
 また、死後1日以上経過した亡骸はどうしようもないので、主人公も朝日が昇れば消滅する運命。
 それでも主人公は、自分が何故死んだのか、その真相が知りたいと考えます。
 するとクネリが、あの赤毛の女性は主人公殺害事件の目撃者だと教えてくれました。
 そして、“今夜起こることすべて” の鍵を握る人物でもある、と。
 この言葉の意味は、主人公がすべてを思い出せば解ることだそうな。
 取り敢えず、彼女の近くまで移動してみましょうか。

 鉄球落下の衝撃で飛び上がり、電線に引っかかった自転車があります。
 アームからこの自転車に移動し、《アヤツル>>>ウゴカス》 でうまく電線を使って滑り降りました。
 ゴミ山に積まれていた傘に取り憑いて、《アヤツル>>>ヒラク》 。
 傘はふわっと開いて、女性の手元に落ちていきます。
 目の前に落ちてきた傘に驚いた女性ですが、ともかくその傘を差して、階段を下りていきました。
 下りた先にあるのは、主人公の遺体。
 彼女は主人公の内ポケットにメモが挟まれていることに気づき、それを取り出しました。
 傘からそのメモに 《トリツク》 ことで、調べようとしたものの、その前に公衆電話が鳴り響き、
 驚いた女性がメモをしまったため、読めなくなってしまいます。

 ここでクネリが、電話の発信者が解るか、と問いかけてきます。
 解るわけないだろ、と思ったとき、クネリから 「運命が変わる前も…」 というヒントが出て、
 主人公とまったく同じ 「あっ!」 というリアクションをしてしまいました。
 そうか、殺し屋のところに依頼主から電話がかかってきていたっけ。
 最後にクナリから伝えられた死者のチカラは、電話線を介して移動ができるという能力。
 これを使えば、殺害を依頼した首謀者の元へすっ飛んでいけます。





<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
霊体だって電気信号
    コメント(0)