さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2017年01月09日

国盗り合戦・裏


『夜の魔人といくさの国 ~さまよえるヴァンピール~』プレイ日記 vol.7
 新たな土地で、しもべづくりに励みます。
 しかし、今のしもべづくりと同じ手順で覇王に接触できるなら、こんな作業いりませんよね。
 しもべを増やしているのは、何のためにやっているのかが、まだわからない……。




紀元1560年2月22日~3月23日
 岩代の国は、芦名家が治めており、磐城の国ほどたくさんの武士はいません。
 同じように手紙を出しては一緒に遊び、を繰り返していきます。
 しもべにしたのは、次のとおり。
君主:芦名もりうじ
大老:河原田さだやす
家老:鈴木どうせつ佐藤じょすい芦名つなのり
侍:安積ながつね
浪人:小林あさぎ松田やじろべえ



紀元1560年3月24日~3月25日
 岩代の国を手中に収めたので、西にある越後の国へ引っ越すことにしました。
 ここは、上杉家が統治しているようですね。



紀元1560年3月26日~4月13日
 越後の国には、しもべにできる住民そのものがあまりいません。
 以下の4名及び、町民2名しか接触することができませんでした。
君主:上杉けんしん
家老:安田なおずみ
侍:岩木もとはる佐藤うじてる
 さて、越後も支配下に置いたので、次の国へ移動するわけですが、ここで少し考えました。
 やっぱり、簡単に覇王に接触できるようなら、こんなまどろっこしい手順は不要なわけで、
 そうなってくると気になるのは、各地で起きている国盗り合戦です。
 軍事力とかが物を言うのではないかと思うんですよね。
 しからば、配下に置いた君主たちに領土を広げさせましょうか。



紀元1560年4月14日~16日
 次の土地へ移動しますが、ここからは少し作戦を変えます。
 現段階で多くの領土を得ていて、軍事力の高い国の君主がいるところへ引っ越しましょう。
 そんでもって、周りの国を攻め落とすように指示し、織田包囲網をつくってみます。
 しかし、その行動に意味があるのかどうかすらも確信が持てない……。
 まぁ、悩んでいても仕方がないので、関東で勢力を広げてきている北条家を狙って、駿河へ引っ越します。





<< BACK                                           NEXT >>


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
国盗り合戦・裏
    コメント(0)