さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2014年08月09日

黒騎士物語


『Black Knight Sword』 プレイ日記 vol.1
 ゆれるゆれるニガヨモギ  風にふかれてニガヨモギ  空は薄暗く  その風は雲を運ぶ
 風にふかれてニガヨモギ  ちぎれて飛んだニガヨモギ  風に飛ばされそれっきり


カテゴリ 『Black Knight Sword』 全記事一覧表示




 今や昔
 いや 今となってはいつの事やらはっきりはしませんが
 いつの頃よりか聞き伝えられる 摩訶不思議な物語
 とある国に とある姫がおりました
 この姫なる容姿は 可憐な花のようであるが
 行いは残虐無比 暴挙の限りを尽くしておりました
 さて ここに剣の精というものがおりまして
 この姫を討たんと思いを巡らせ
 黒の騎士を呼び寄せたのでした
 黒の騎士と剣の精
 はたまた暴虐の姫の運命やいかに
 それではこの物語の結末
 どなた様もお見逃しなきよう
 幕が上がり、舞台照明に照らし出されたのは、天井から吊られた人影。
 ぶらぶらと揺れる身体が落下すると、パッと照明が灯り、荒れた室内が映し出されました。
 床には黒い鎧が横たわり、その上に奇妙なものが浮いています。
 それは剣へと姿を変え、鎧に突き刺さりました。
 吊られた縄から落下した人物は、ぎこちない動きで鎧に近づき、剣を引き抜きます。
 すると鎧は吸い込まれるように身体に取り込まれ、その人物は黒い騎士へと姿を変えました。

 DL専用の横スクロールアクション 『Black Knight Sword』。
 横スクロールってスーパーファミコン時代からやってないかもしれません。
 前にやっていた 『LIMBO』 はどっちかというと謎解きメインだったので、ものの数には入りませんし。
 ところで、この冒頭シーン、何だか凄く意味深です。
 まず、主人公が黒騎士だというのは知っていたのですが、単なるファンタジーの世界の騎士ではなさそう…。
 部屋の内装と言い、窓から見えるネオンと言い、現代風で騎士とはマッチしません。
 ネオンの文字は 「HELLEBORUS」 と 「WH COSME」でしょうか?
 HELLEBORUSはハッキリ見えますし、「ヘレボルス」 と読むことができます。
 確か、ゲーム中で黒騎士が使う剣の精霊の名前が 「ブラック・ヘレボルス」 だったはず。
 しかし、もう1つのネオンはよくわかりません。
 そもそも下半分および右側が壁に隠れていてすべて見ることができません。
 W・H・S・Mは間違いないのですが、CはGかもしれないし、OはQかもしれません。
 また最後のEもRに見えないこともなく、その先にも更にアルファベットが続くかも…。
 いずれにせよ、意味のある単語として捉えにくく、何のことなのか……。
 そして、主人公ですが、冒頭どう見ても首を吊っていたんですよね。
 首吊り死体が床に落ちてゾンビのように起きあがり、黒騎士になったようにしか見えませんでした。
 発売前情報の記事で、「騎士が討つべき相手は王道なら救うべきはずのお姫様」 とありましたが、
 まさかお姫様ってのは、主人公がフラれたか騙されたかして自殺した原因…とかそんなこたぁないだろうな。




 チュートリアルが始まりましたが、それより気になるのは画面背景。
 フレームのような感じで舞台と幕が表示されていて、演劇を見ているような演出がされているのですが、
 背景の変化も演劇チックにまとめられています。
 今までのネオンの背景を描いた板が引き上げられ、代わりに別の背景の板が降りてくる…といった感じ。
 個人的には非常に好みです(*´∇`*)
 左スティックか十字キーで移動。
 ×ボタンでジャンプができ、ジャンプは二段まで可能です。
 □ボタンでの攻撃は、しゃがみ中やジャンプ中、あるいは真上へも可能。
 そしてR2を押すと、剣が精霊ブラック・ヘレボルスに変化し、前方へ飛んでいきます。
 スイッチブロックにこれを当てることで作動させることができるんだとか。
 ブラック・ヘレボルスの飛距離は、R2を押している時間で変化し、飛ばす方向も変えることができますが、
 上下左右のみで斜め方向に飛ばすことはできませんでした。
 しゃがみ中に×を押すことで、後方に緊急回避ができます。
 これは何となく、たくさん使いそうなアクションだなぁ。
 そして、この世界のアイテムボックスは何故か電子レンジ。
 電子レンジを開けると、回復アイテムや交換アイテムである心臓が入手できます。
 最後にコレクションアイテム・猫頭草。
 特に役に立つわけではなく、収集要素のようです。
 この絵本チックな世界観から若干浮いているポップなデザインでした。
 



 さてさて、これでひとまずチュートリアルは終わったようで、敵が出現し始めました。
 名称が解らないのでどうにも書きにくいですが、皺の深いモアイみたいな顔の横から足が生えたものが
 ぺたぺたと歩いて向かってきます。
 3発ほど突き刺すと破裂して心臓へと変わりました。
 ちなみにチュートリアルステージは、恐らくホテル内と思われる建物の中。
 フロントがあるところを見ても、主人公がぶらさがっていたのはホテルの一室なのでしょう。
 それが外に出て、街頭の並ぶ煉瓦の道を歩いていくことになります。
 ちょっと気になったのは、途中の壁にブラック・ヘレボルスの絵があり、「WANTED」 と書かれていたこと。
 100万ドルの賞金までかかっていますが、これは一体……?

 その先に居たのは、サスペンダー付きのズボンをはいた太った男性。
 よく見ると、首の横にもう1つ灰色の顔をした同じ顔が付いています。
 近寄ると、何やら連続で放り投げてきました。
 慌てて緊急回避しましたが、ある程度の放物線を描いて飛んでくるので、接近すれば当たらないようです。
 5回ほど突っついてやると3つの心臓を出して死にました。

 ゴミ箱に乗っかると、屋根の上に電子レンジを発見。
 二段ジャンプをしてみましたが、微妙に届きません。
 何度かチャレンジしてみて解ったのは、二段ジャンプはボタンを素早く押した方が高く飛べるということ。
 てっきり最高点に到達したときに、もう1度押した方が高くなると思っていたのですが、
 それだとあまり飛べないみたいです。

 続いては、ブラック・ヘレボルスで作動させるスイッチが登場しました。
 ブラック・ヘレボルスを飛ばすとONになり、上に乗れるようになります。
 わっ、皺モアイが飛んでる(´Д`;)
 マリオで言うところのクリボー的存在なのでしょう。
 あの顔に羽がついて飛んできました。
 こちらも一撃で倒せますが、出てくる心臓は2つとちょっとリッチです。



 あ、ショップもあるんだ。
 鳥かごにおっさんのような一本足がついている奇妙な物体がありました。
 中に閉じこめられているのはスズ目というらしいです。
 このスズ目を助けるとショップとして利用できるんだとか。
 早速助けてあげると、太陽のような形の中心に一つ目があり、周囲には口がたくさんついたものが現れました。
 どうやらこれが、親スズ目らしいです。
 心臓と引き替えに、力をくれると言いました。
 体力回復、体力上限アップ、1up、防御力アップなどがあります。
 うーん、でも今は心臓が足りなくて何ももらえないみたい。

 スズ目から向こう側は森になっています。
 入ったところで猫頭草を見つけたので取ろうとしたら穴に落ちてしまいました(´Д`|||)
 だって、猫頭草があるってことは足場があると思ったんだもん……。
 穴に落ちると、ライフが3ほど削れてしまいました。
 即死ではないってことですね。
 森に居たのは、ちょっと大きな皺モアイ。
 こやつは設置型で定期的に火を吐いてくるようです。
 高いところに居た設置型皺モアイを倒そうとしたところ、タイミングを誤って炎を喰らってしまいました(;´Д`A
 さっきの落下が効いていて、ライフが残りわずかです。

 不意に 「アオーン!」 という声が聞こえて、背景を走っていくオオカミが見えました。
 このオオカミも、板でつくられたオオカミに棒がついているお芝居風の演出です。
 Σ( ̄ロ ̄lll) うわわ!本物が出た!!
 前方からオオカミ出現です。
 えぇい、成敗してくれるわ!!
 …と思ったら思わぬジャンプをされてタイミングを外し、初の死亡となってしまいました(ノд`)





<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
黒騎士物語
    コメント(0)