さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2011年07月11日

痛くて痛くて痛い


『HEAVY RAIN 心の軋むとき』 プレイ日記 vol.23
Chapter3 ~試練・トカゲ~ 木曜日 7:47 AM 7.772cm イーサン・マーズ

 今回、指定されたのは、火事にあって廃墟同然になっているアパート。
 シナリオ自体は短く、すぐに終わりますが、内容はかなりハードでした。




【マーブルストリート ~アパート~】
 アパートの2階へ上がると、廊下に陶器で出来たトカゲが置いてありました。
 画面に表示されたコマンドを実行すると、イーサンがトカゲを振りますが、特に何も無し。
 割ってみても、何も入っていません。
 見れば、トカゲは点々と廊下に落ちています。
 2つめのトカゲを振ると、今度は中に何か入っているような音。
 中には、小さな鍵が入っていました。
 廊下の奥には、トカゲの絵が描かれた扉。
 先ほどの鍵で、扉を開けて、中に入ります。

 室内もすっかり焼け焦げていますが、その真ん中にテーブルと椅子、そして不釣り合いなモニタが。
 モニタの画面にタッチして再生してみます。
 すると、毎度の音声が、「5分以内に指を1本、第一関節から切り落とせ」 と告げました。
 ぐふぅ……(´Д`|||)
 そう来たか…。
 今までは、イーサンが失敗しなければ、被害を軽減できましたが、
 これは問答無用で一定のダメージを与えてくる試練ですね。

 隣の部屋に行くと、壁に大きな包丁が、ぶっすり突き刺さっていました。
 それを引き抜き椅子に腰掛けます。
 当然のことながら、イーサンが動揺しているため、アイコンはぶるぶる震えっぱなし。
 それでも深呼吸をして、気を落ち着かせると、「試す」 と 「実行する」 という思考が回り始めました。
 …… 「試す」 はダメだろ(´Д`;)
 だって痛いのなんか解りきってるもん。
 痛さを確かめて躊躇うよりは、痛みを想像できないまま一気にやる方が…。
 というわけで、「実行する」 を選択しました。
 震える手をテーブルに乗せ包丁をかまえて…失敗しました(;´Д`A
 相変わらず、連打と長押しのアイコンを見間違う黴。
 イーサンが可哀想なので、一気にやっちゃいます!
 包丁をかまえて指に叩きつける!!
 悲鳴をあげるイーサンですが、画面にはさらにコントローラーを振るコマンドが。
 ( ̄ロ ̄lll) あわわわ…が、頑張れ!!
 コントローラーをもう一振りすると、イーサンの指が切り落とされ、絶叫が響き渡ります。

 音声が、「机の下を」 と一言告げるので、覗き込んだところ、一ヶ所不自然な床板が。
 その下に、いつものメモリーカードが入っていました。
 血まみれの手で、イーサンがそれを再生すると、そこにはショーンの姿が映っています。
 いよいよ、溺れてしまいそうではあるものの、まだ無事でいるようですね。
 イーサンは、よろめきながら、アパートの一室を後にしました。





<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
痛くて痛くて痛い
    コメント(0)