さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2011年05月27日

雑貨店ミッション


『HEAVY RAIN 心の軋むとき』 プレイ日記 vol.10
Chapter1 ~強盗~ 火曜日 9:52 PM 3.541cm スコット・シェルビー

 発売前のプロモーションか何かで見たシーンです。
 そのときには、難しそうなゲームだと思いましたが、実際プレイしてみると、ほぼ直感的に動かせて、
 それほど、難易度は高くありません。
 ただ、捜査がうまくいっているのかどうかは、確信が持てない状態で、果たしてどんな結末になるのか…。




【雑貨屋店内】
 シェルビーが訪ねたのは、食料品や雑貨が置いてある小さなお店。
 どうやら、ここの店長も、折り紙殺人事件の被害者遺族のようです。
 当時のことは話したくないという店長に、「同情する」 で理解を示しますが、効果はなし。
 そこで、「ショーンを救う」 を選択。
 おや? 既にショーンは、折り紙殺人鬼に誘拐されたとして、捜査されているようですね。
 また犠牲者が出る、と訴えるシェルビーですが、店長はやはり何も話してはくれません。
 一旦、引き下がったシェルビーは、帰る前に、店で喘息の薬を買っていくことにします。

 ここで店の一番奥へ移動。
 ところが、棚と棚の間の通路に、ポテトチップスが落ちていました。
 しかも、袋が開いて、中身がこぼれています。
 片付けろよ……(´Д`;)
 薬を手に取ると同時に、1人の男が店に入ってきました。
 この男が、何と強盗。
 店長に、金を要求しますが、幸い、棚の影にいたシェルビーには気づいていないもよう。



 ここから、画面が3分割に変わりました。
 右側の大きな画面がプレイヤー画面で、左側は上下にそれぞれ監視カメラと覚しき映像。
 カメラの映像で犯人の動きをチェックしつつ、シェルビーを操ることになります。
 入口側の通路を進めば、ちょうど強盗の死角に入れそうですね。
 じりじり進むシェルビーが、棚の酒瓶に目を止めました。
 ゆっくりと、瓶を手に取り、強盗に忍び寄ります。
 と、高く積み上げられていた箱の1つが、落下してしまいました。
 素早く受け止め、そっと元に戻します。
 ここは例のPVで見て知っていますから、吃驚しませんでしたよ(´m`)
 金を出せという要求に、店長が抵抗しているおかげで、強盗はこちらの動きに気づいていません。
 射程圏内に入ったところで、後頭部を殴りつけることに成功しました。

 感謝を述べる店長に、ここに来たのは無駄足ではなかった、と告げ、立ち去ろうとするシェルビー。
 すると店長は、1つの箱を取り出しました。
 息子のレザが行方不明になったとき、コインロッカーのチケットが同封された手紙が届いたと言います。
 指定されたロッカーに入っていたのは、折り紙細工の入ったこの箱でした。
 これは恐らく、折り紙殺人鬼からのメッセージでしょう。
 シェルビーは、店長から箱を借り受け、店を後にします。

 中に入っているのは、緑色の紙でできたトカゲの折り紙細工でした。
 被害者が握っていたものや、意識を失ったイーサンが持っていたものは白い紙で折られていましたが、
 これは色のついた紙で折られていますね。
 有用な手がかりになりそうです。





<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
雑貨店ミッション
    コメント(0)