さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2016年10月03日

Review 『ダンガンロンパ』


Review 『ダンガンロンパ』
総合評価 ★★★☆

 発売元:スパイク
 ジャンル:ハイスピード推理アクション
 発売日:2010年11月25日

 超高校級の才能を持つ者のみ入学できる希望ヶ峰学園。
 超高校級の幸運によって希望ヶ峰学園に入学した苗木誠だが、他の新入生と共に、学園に閉じ込められてしまう。
 謎の案内人・モノクマは 「外に出たければ他人を殺さなければならない」 というルールを告げる。
 こうして、恐怖の 「コロシアイ学園生活」 が幕を開けた。

このレビューは、黴の完全なる独断と偏見でお送りしています。
各項目の評価は★×1~5と☆=0.5で為されていますが、こちらも勝手気ままに付けておりますので、御承知くだされ。




システム ★★☆
 推理ゲームをハイスピードで、という発想は良いのですが、肝心のハイスピード部分はミニゲームっぽく
 あまり推理をしている感じがしません。
 反射神経などは使いますが、頭は使わなくても良い感じなんですよね。
 特にマシンガントークバトルは最たるものでした。


操作性 ★★★★
 操作性自体は問題はありません。
 前述のように、素早い操作が求められる部分に、もうちょっと推理の要素が絡んでいればなぁ。


ストーリー ★★★
 これが非常に評価に困る部分です。
 全体のストーリーは非常に良く、特に 「関係ない部分は説明しない」 とストーリー中で明言しているあたりが潔く、
 且つ余計な部分に時間を割かれないという意味でも素晴らしい。
 その一方、推理ゲームとしては致命的に謎解きが簡単すぎます。
 裁判に入る前の段階で、事件の全貌がプレイヤーに丸わかりのうえ、
 主人公がそれに気づかず、サポートキャラが全部正解を言ってしまうという、とても残念な構成になっています。


グラフィック ★★★★
 敢えて平面を意識したグラフィックが特徴で、それが独特の雰囲気をつくりだしています。
 ムービーシーンも同様の演出がなされており、可愛く不気味な印象を与えます。





黴のお気に入りポイント
 ◆不要な部分を切り捨てたストーリー


黴のイマイチポイント
 ◆ミニゲームに推理性が薄い
 ◆ストーリーの推理部分の難度が低い

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
Review 『ダンガンロンパ』
    コメント(0)