さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2009年02月11日

Review 『デビルサマナー葛葉ライドウ対アバドン王』


Review 『デビルサマナー葛葉ライドウ対アバドン王』
総合評価 ★★★★☆

 発売元:ATLAS
 ジャンル:RPG
 発売日:2008年10月23日

大正二十年、帝都は “運” に関する噂で持ちきりだった。
幸運な者は、より多くの幸運に恵まれ、不運な者は、日々不運に苛まれる。
その異常な事態に、再び帝都守護を命じられた十四代目葛葉ライドウ。
そんなある日、鳴海探偵社を1人の若い女性が訪れる。
彼女の依頼が切っ掛けで、ライドウと鳴海は、帝都を揺るがす大きな事件へと巻き込まれていく。

このレビューは、黴の完全なる独断と偏見でお送りしています。
各項目の評価は★×1~5と☆=0.5で為されていますが、こちらも勝手気ままに付けておりますので、御承知くだされ。




システム ★★★★☆
 大幅に変更され、そのいずれも “改善” だと思います。
 悪魔会話、2体同時召喚、MAGスケジューリングバトル。
 そして、悪魔合体も前作よりはボリュームアップしています。
 おまけに、セーブポイントから業魔殿が利用できるというサービスっぷり。
 これは舞台が帝都から離れるからでしょうが、非常に便利でした。
 ただ、MAGスケジューリングバトルに関しては、ちょっと難易度が低すぎたかな、と。
 ボスが1度の戦闘で2~4回程度、大量のMAGを放出してくれます。
 「弱点を付いて会心を出すとMAGが放出される」 という設定があるのですから、
 この救済措置は不要ではないでしょうか。


操作性 ★★★★★
 これに関しては、文句なく向上しました。
 もたもた走るだけだった移動が、ステップ可能になったことでスピーディーな印象に。
 ガード状態から蹴りを放てたり、仰け反った敵に追い打ちを掛けられたりもします。
 前作とボタン操作が違ううえに、カスタマイズ出来ないので戸惑いもありましたが、
 戦闘が軽やかにこなせるようになったのは、有難いことです。
 難易度に関しては、アクションが得意・アクション好きな方には、物足りないんじゃないでしょうか。
 回復アイテムは使いたいときに幾つでも使えますし、敵が技を使う直前に技名が表示されるので、
 ほとんどの攻撃が簡単に回避・防御可能。
 割と誰でも出来るような、低難度に仕上がっています。



ストーリー ★★★★★
 前作よりも暗く陰鬱な部分もありつつ、根底は、やはり少年活劇ものでした。
 掛け値無しにカッコイイ!のではなく、子どものアニメを見たときのような、
 「熱い展開だけれども、どこか安っぽい」 という、懐かしいにおいがします。
 こういうのもレトロと言って良いんでしょうかね。
 ただ、期待していたよりも短い構成でした。
 ルートによって内容が大幅に違うなら、それでも良いのですが、
 エンディング程度の変化しかないのなら、前作のような一本道シナリオにして、
 その分、もう少しボリュームを増やして欲しかった気がします。


グラフィック ★★★★☆
 特に前作と変わった気はしません。
 仲魔の種類が増えた分、動く仲魔を愛でる楽しみも増えましたね。




黴のお気に入りポイント
 ◆悪魔会話の復活
 ◆悪魔合体のボリュームアップ
 ◆大幅に向上したアクション
 ◆MAGスケジューリングバトル
 ◆相変わらず愛おしい仲魔


黴のイマイチポイント
 ◆MAGスケジューリングバトルの難易度
 ◆ストーリーのボリューム

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
Review 『デビルサマナー葛葉ライドウ対アバドン王』
    コメント(0)