さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2006年11月13日

Review 『デビルサマナー 葛葉ライドウ対超力兵団』


Review 『デビルサマナー 葛葉ライドウ対超力兵団』
総合評価 ★★★★

 発売元:ATLAS
 ジャンル:RPG
 発売日:2006年3月2日

大正二十年。
帝都に蠢く怪異を解決する悪魔召喚師・十四代目葛葉ライドウと、鳴海探偵社所長・鳴海の元に
「私を殺してください」という奇妙な依頼が舞い込んでくる。
依頼人・大道寺伽耶に接触した2人は、目の前で謎の赤い憲兵に彼女を攫われてしまう。
彼女の行方を捜す中、ライドウはその背後に潜む大きな事件に巻き込まれていく…

このレビューは、黴の完全なる独断と偏見でお送りしています。
各項目の評価は★×1~5と☆=0.5で為されていますが、こちらも勝手気ままに付けておりますので、御承知くだされ。




システム ★★★★
 従来のシリーズとは違って、ターン制ではなくリアルタイムバトルが採用されています。
 ただし、アクション要素としてはそれほど複雑なものではありません。
 戦闘中は仲魔1体を召喚可能で、テンションを高めることにより、仲魔との合体技が使用できます。
 この仲魔と一緒にバトルフィールドをちょろちょろ動き回ったり、戦闘中に仲魔から声が掛かることで
 非常に愛着が湧き、楽しいのですが、交渉がなくなってしまったのは、ちょっと寂しい気もします。
 また、他の作品と比べて、仲魔の合体が単純化されているのも少し物足りないところ。


操作性 ★★★☆
 希望を言えば、もう少し戦闘パートで思い通りに動いて欲しいのですが…。
 特にガードのアクションが、ちょっと遅いのでこちらの思惑通りいきません。
 結局、ノーガードで走り回りつつ闘った方が、効率が良いということになっていました。
 ま、黴のへっぽこプレイのせいかもしれませんが、もちょっと快適なレスポンスを求めます。


ストーリー ★★★★☆
 パッケージからも察しは付きますが、レトロな少年漫画的ストーリーにメガテンテイストをプラスした感じ。
 加えて舞台が大正ですから、活劇ものと言った方が良いのでしょうか。
 最終話のアレはまさにその極みだと思います。
 それが性に合うか合わないかで、評価は変わると思いますが、黴はとっても好きですよ。
 また、ストーリーが12話構成なのも、メリハリがあってプレイしやすいと思いました。


グラフィック ★★★★☆
 大正の街並みを歩き回るのがとても楽しいです。
 フィールドの人物はちょっと微妙な感じに仕上がっていますが、顔グラになるときれいですよね。
 また、仲魔の動きがどれも愛でたくなる可愛さでたまりません…(´m`)





黴のお気に入りポイント
 ◆主観視点ではないので、仲魔を連れている実感が高まった
 ◆リアルタイムバトルによる立体感のある戦闘
 ◆大正レトロな雰囲気
 ◆章構成のストーリー


黴のイマイチポイント
 ◆交渉システムの廃止
 ◆合体システムの簡略化
 ◆戦闘アクションが機敏さに欠ける

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
Review 『デビルサマナー 葛葉ライドウ対超力兵団』
    コメント(0)