さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

ログインヘルプ


*TOP*

2021年01月04日

顔まで変わるその旨さ


『Lobotomy Corporation』 プレイ日記 vol.48
 DAY6。
 本日の収容アブノーマリティは 「F-05-52」。
 ボックスには 「遠いどこかで、カモメの鳴き声が聞こえます。」 と書かれています。




 ロボトミー社には多くの職員がいて、彼らは管理人に少なからず興味を抱いています。
 中には管理人に会いたがる職員もいて、規則上、それを禁止するものはありません。
 アンジェラは、彼らに会うことで “寛容な管理人” をPRする機会になるかもしれないと言います。
 ただし、職員の話や要求に耳を傾ける必要はありません。
 面会した、という事実だけで、充分な対処なのですから。

 アンジェラは、管理人が変わってもやることは変わらないのに、何故新しい管理人に会いたがるのか不思議そうです。
 「前の管理人は無理だったけれど、新しい管理人なら助けてくれるかも」 と思っているのでしょうな。
 そして、積極的な職員は、待遇改善とか要望事項を直談判しようとしている、と。
 そんなときに、アンジェラがさせようとしている対応は、にっこり笑って 「いつもありがとう」 と言うこと。
 職員にしたら絶望感しかありませんな。

 6日目から開放されるのは 『情報チーム』。
 担当するセフィラは、前にマルクトのイベントで出てきたイェソドです。
 情報チームのカラーなのか、髪の色や腕章が紫色で、神経質そうな外見の男性型AI。
 首の周りに何かを巻いているのかと思ったら、シャツの下にタートルネック着ているんでしょうか、これは?
 黒い手袋もしています。
 潔癖症っぽい印象はありますが、手袋はよくあるアイテムだとして、タートルネックってのは珍しいな。

 情報チームとして、新たに3人の職員が配属可能になりました。
 紫色の長い髪をした “根暗の新入職員” イゴリー。
 イゴリーと似た髪色で目に隈のある “怠惰な新入職員” エベレット。
 灰色のお下げ髪 “明るい新入職員” ミカエラ。
 イゴリー  エベレット  ミカエラ
 彼らを加えた総勢8名を、2つのチームに配属します。
 『コントロールチーム』 はランク4のジョン・エバ、ランク3のストーム・リノに、新人のミカエラ。
 『情報チーム』 はランク2のアダムと、紫髪の新人コンビ イゴリーとエベレット。
 しっかり頑張るんだぞ!



 (*´ェ`) ……かっぱえびせん?
 「F-05-52」 は自販機のような機会の横にエビにしか見えない生き物が2体立っています。
 オーバーオールを着て、黄色い長靴を履いているような……。
 取り敢えず、機械が本体だとしたら、洞察作業にしてみようか。
 新人のエベレットに作業を指示します。
 『コントロールチーム』 はたった一つの罪と何百もの善で新人のミカエラを育成。
 マッチガールは作業成功率の高いジョンを中心に高ランク職員が担当します。
 妖精の祭典は事故を防ぐためにリノを専属としました。
 テレジアは基本放置で、クリフォト暴走の際のみ使用しましょう。

 さて、「F-05-52」 ですが、作業を終えたエベレットが、おもむろに機械に近づきます。
 これは……缶ジュース?
 水色の缶を飲んだエベレットは、目をつむって俯きます。
 だ、大丈夫か………?
 しかし、パッとあげたその顔は、えらいキラキラした目と満面の笑み。
 エベレット、お前そんなに目ぇデカかったっけ?
 一瞬、別人のような顔になりましたが、周囲に青っぽいキラキラのエフェクトが出ています。
 これは確か、精神力回復を意味しているんじゃなかったか?
 作業結果は 「普通」 でしたが、特に何も起こりませんね。
 次はイゴリーに洞察作業をさせてみます。
 ……反応はまったく同じですね。
 作業終了後、缶ジュースを飲み、いい顔をしやがります(;´Д`A

 2度の作業でPE-Boxが溜まったので観測を進めます。
 アブノーマリティの名前はウェルチアース
 管理方法は、
 ①作業完了時、作業の種類によって異なるジュースが自販機から出てくる。
 ②赤いジュースは体力が回復する。
 ③青いジュースは精神力が回復する。
 というところまで判明しました。
 取り敢えず、洞察作業=青いジュース­­=精神力回復、なのは解りましたね。
 他の情報が明らかになるまでは、洞察作業安定ですな。



 Σ(゜Δ゜*) 試練到来!!
 画面に黒い帯が表示され、橙色の文字で、「琥珀の黎明 完全食 完全な食べ物、完璧な代替品」 と書かれました。
 これ、同じ文言をLegacy版でも見たぞ。
 施設内を見ると、通路が2箇所、赤く点滅しており、王蟲みてーな生き物がオフィサーを喰っていました(´Д`;)
 Legacy版ではクリックすると、管理人が銃弾を撃ち込んだような感じになって倒せたんですが、今回はどうかな?
 カチッとクリックしましたが、特にダメージは与えられず、職員への指示欄が開きました。
 どうやら、職員に鎮圧させるしかないようですね。
 Legacy版は、まったく職員を武装させていなかったので、鎮圧なんかする気もなかったんですけども、
 現行版はE.G.O装備がありますし、そもそも鎮圧前提のシステムみたいなので、やってみましょうか。
 とは言え、『情報チーム』 は新人が多すぎるので、まずは 『コントロールチーム』 から。
 ストーム・ジョン・エバの最古参3人組が蟲のいる通路に乗り込みます。
 Σ( ̄ロ ̄lll) ジョン、強ぇな!!
 ジョンの4本目のマッチの火、さすがの火力です。
 そのまま、『情報チーム』 の試練も鎮圧してもらいましょう。
 ジョンの砲撃と、ストーム・エバの近接攻撃で、程なく蟲たちは全滅。
 後には、蟲の死骸とオフィサーの死体が転がる凄惨な現場が広がっています……(´Д`|||)

 さて、この試練、何度も起こるのかと思いましたが、1日に1度きりのようですね。
 その後は非常に順調に作業が進み、ウェルチアースの観測も完了。
 名前が蓋の空いたウェルチアースに変わりました。
 追加で判明した管理方法は、
 ④紫色のジュースは体力と精神力が回復する。
 ⑤作業結果が 「悪い」 場合はジュースを飲まないこと。
 本能作業と洞察作業はランクによらず好感度が高く、愛着と抑圧は 「普通」 です。
 非脱走オブジェクトであるため、脱走の心配はありませんが、管理方法⑤があるので注意が必要ですね。
 E.G.O武器が攻撃力は低いものの長距離攻撃が可能な銃なので、体力の低い職員に装備させると良さそう。

 今回も、リアルタイムで30分ほど働いて、作業終了。
 ミカエラがランク2、リノがランク4に昇進しましたが、新人全員ランクアップしなかったか……。
 ミカエラは愛着作業だけしてきたおかげで、自制が一気にランク3まで上がりました(*´∇`*)





<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
顔まで変わるその旨さ
    コメント(0)