さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2018年04月30日

体験版:DETROIT BECOME HUMAN③


 テラス縁ギリギリで人質を抱えて立つアンドロイド・ダニエル。
 無事に人質を救出するために派遣された交渉人アンドロイド・コナー。
 主人公も相手もアンドロイドという構図が、このゲームのメインテーマなのでしょうか。




 エマの部屋を調べたときにダニエルの名前を手に入れているため、先制で名前を呼びかけることができました。
 コナーが自分の名前を知っていることに反応するダニエル。
 しかし、その頭上を警察のヘリコプターが飛んでいったことで動揺し、交渉成功率が下がります。
 ここで、「穏やかに」「人質の解放」「安心させる」「同情的に」という4つの選択肢が出ました。
 それぞれに対応したボタンが出ますが、こちらも文字が大きく、色分けされており、非常に見やすくなっています。
 「安心させる」 を選んでみると、コナーが 「傷つけるつもりはないので話し合おう」 と発言。
 ダニエルは同意こそしませんでしたが、多少落ち着いたようで、成功率が上昇しました。
 銃を持っているのかと問われた際、咄嗟に嘘を吐いたところ、信用されたかは判りませんが、バレもしません。
 ここで、再び選択肢が出現。
 「原因」 と 「エマと君」 という選択肢に鍵マークが付いているのは、調査でアンロックされた選択肢なのでしょう。
 エマとダニエルは仲が良かったのだろう、と語りかけ、買い換えられると知ってショックだったのか、と問います。
 するとダニエルは、自分も家族の一員だと信じており、フィリップス家を愛していたのに、不要になったら捨てられ、
 簡単に買い換えられるおもちゃだった、と嘆きました。
 エマのこめかみに銃を突きつけるダニエルに対し、「現実的に」「非難する」「同情的に」「欠陥」の選択肢が出現。
 「現実的に」を選んでみると、警官に取り囲まれており逃げ場はないという現実を突きつけます。
 それを聞いたダニエルは、「自分を殺せばエマも死ぬ」 と彼女を軽々とぶら下げてみせました。
 そして、「ヘリコプターの音で頭がおかしくなりそうだ」 とわめきます。
 彼を落ち着かせるため、ヘリコプターに向かって引くよう合図を送ると、意外にもあっさり従ってくれました。
 ヘリコプターがいなくなったことにより、ダニエルはかなり落ち着いたようです。
 今度は、「最後のチャンス」「信じろ」「理性的に」という選択肢が出現。
 ここでは「信じろ」を選んでみると、コナーが 「人質を解放すれば傷つけない」と説得を試みます。
 それに対してダニエルからは、警官を全員引き上げさせて車を用意しろ、という要求が。
 郊外まで逃げた後でエマを解放するという主張ですが、さすがにこれに従うという選択肢はありませんでした。
 断るか歩み寄るかの二択となっていたので、「歩み寄る」 を選びます。
 コナーの説得により、交渉成功率はついに100%。
 ダニエルはコナーを信じ、エマから手を離します。
 エマはたたらを踏んで、プールサイドに倒れ込みました。
 その瞬間、別のビルの屋上で構えていた狙撃手によって、ダニエルの身体に銃弾が撃ち込まれます。
 膝を突いたダニエルは、「嘘をついたな、コナー。俺に嘘を……」 と言い残し、機能停止。
 コナーはエマを一瞥し、無言で現場を立ち去ります。
 その横には 「ミッション成功」 の文字が。

 これにて、体験版は終了です。
 終了後、チャプター 『人質』 に関するフローチャートが出ました。
 今回は 「SWATが変異体を撃った」 という結末になったようですが、他にもいくつか結末があるもよう。
 ちょっと再プレイしてみましょうか。

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
体験版:DETROIT BECOME HUMAN③
    コメント(0)