さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2018年04月04日

柳の如き佇まいは健在


『忍道2 -散華-』プレイ日記  vol.3
【第1章 散る華 燃ゆる華】

 おうちとごはんをくれたついでに、禁忌の術まで授けてくれる太っ腹頭領・ザジ。
 貰っちゃうゼンもゼンだよ。




一条軍・輸送任務 【敵勢を叩く筆】 文箱の輸送/敵勢力・風天
 一条信輝が文才を尽くして書いた、風天寅三郎久秀を糾弾する文を届けることになりました。
 相変わらず、手紙1枚をデカい箱に入れて運ぶわけですね(;´Д`A
 抜けるのは、また六道の谷。
 谷底の川から上へ行く坂道に巡回する風天兵がいるので、これを背後から血祀殺法し、
 そのまた上の道を巡回している兵士は、血祀殺法・逆祀で始末します。
 ここで一旦、荷物を担いで、行くべき方向を確認……あれ?
 もしかして、このままゴールできるのでは?
 他にも風天兵は配置されているのですが、彼らには見つからないように目的地へ行くことができます。
 おやおや、随分簡単でしたね。
 成功 総合評価S
 さくさくレベルアップしていくので、今のうちに鉤鎖の長さを伸ばします。
 攻撃力、防御力、体力は薬などで増強できますからね。
 


一条軍・収集任務 【兵の目を盗み、採集活動】 混乱きのこを4個持ち帰る/敵勢力・???
 混乱きのこを持ち帰ることが目的ですが、誰にも見られてはいけないと言い、一条兵も敵扱いです。
 特約は、できるだけたくさん持ち帰ること。
 開始早々に1つ、神社に3つ生えていたので、早くも目標は達成しました。
 目標を達成すると、目的地を示す矢印は出口に向いてしまうので、あとは自力で探します。
 心なしか、気配察知能力が高くなっていますね、一条兵。
 屋根の上で音を立てずに歩いていても、結構疑心状態になります。
 ただ、それほど人数が配置されているわけではないのと、前作より気配アイコンが見やすいので、安心して動けますね。
 川縁やら物陰やらで、きのこを拾い、多分8個くらいになっただろう、というあたりで退散。
 収集任務というと、敵地探索の意味合いも強いのですが、今回は城下町だったので、あまり危険はありませんでした。
 成功 総合評価S
 任務完了後、ザジから連続で同じ勢力からの任務を受けると、依頼達成の効果が少し増すと教えられました。
 しかし、御蓮は均等に上げたいので、次は別勢力の依頼を受けてみましょう。



風天軍・暗殺任務 【商人出雲屋を消せ】 商人の殺害/敵勢力・一条
 商人のいる場所までは、誰にも会うことなく進むことができました。
 また、商人が閉じこもっている部屋の周辺にも、特に兵士はいません。
 ふすまのちょい開けで中を除くと、結構近くに商人が来ていましたが、崩祀は発生しないみたいです。
 となれば、おびき寄せるしかありませんね。
 『忍道・戒』 での定番、その場で忍刀を振り、声を出すことで、相手を警戒させます。
 隠れて様子を見ていると、期待通り、商人はふすまを開けて外の様子を見に来ました。
 そして、誰もいないと解ると、安心してこちらに背中を向けます。
 そこに駆け寄って、血祀殺法!
 成功 総合評価S
 風天軍の成功ボイス、盛り上がってますなぁ(;´Д`A



阿無璃他軍・輸送任務 【弾劾する文】 相手に文箱を渡す/敵勢力・一条
 今回は阿無璃他教の依頼を受けます。
 敵の罪を暴き、糾弾する文をしたためさせたところ、素晴らしい出来映えだったので、
 商人に届け、それを書写させて宇高多中へばらまいてやろうという魂胆のようです。
 まずは、荷物を置いて、道中の様子を見に行きます。
 進行方向に兵士がいたのですが、その向かいにも別の兵士がいました。
 距離が微妙にバレそうだったので、ここで斬刻を使ってみます。
 瞬間移動して血祀殺法の後、元の位置に戻れば、もう1人の兵士は何も気づきませんでした。
 今度は反対側へ回り込み、残った兵士も血祀殺法。
 障害を排除したので、先へ進むと、強敵の気配アイコンが……。
 Σ(゜Δ゜*) 先生だ!!
 “先生” こと用心棒が壁を背にして立っています。
 こいつは、血祀殺法が効かない位置にいるので面倒なのですが、今回は右側に低めの塀がありました。
 そこで、そちらから近づき、塀を跳び越えると同時に血祀殺法を喰らわせます。
 上からの奇襲なので旋祀が発生し、見事に先生を倒すことができました(*´∇`*)
 あとは、建物の裏を通って、目的の蔵まで荷物を運べば依頼達成です。
 成功 総合評価A




<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
柳の如き佇まいは健在
    コメント(0)