さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2018年01月15日

ゴースト・セキュリティ


『MURDERED 魂の呼ぶ声』 プレイ日記 vol.11
 床に青白い光があると、「この辺に何か収集要素があるよ」 という印なので、
 何の手がかりもなく探さなければならないわけじゃないんですが、この光、消えないんですよ。
 目標物を取得したら消えてくれると探索がしやすいんですが。




目標:高度保安病棟の216号室に向かう
 ジョイを進ませるためには、電子ロックされた扉を開けたり、監視カメラをダウンさせたりする必要があります。
 相変わらずのザル警備なので、問題なく進めましたが、ロナンの方に問題が生じました。
 ゲーム冒頭、幽霊の少女から、「青白く光っているものは通過できない」 と教えて貰いました。
 これ、町中にもあるのですが、建物の幽霊みたいなもんで、人間には見えていない建物なんです。
 そのため、人間は普通に通過するのに、ロナンにとっては障害物になるというわけ。
 この壁が高度保安病棟への通路にどーんとできてしまっていました。
 やむなく、ジョイを先に行かせて、ロナンは廃病棟と思われる方へ迂回。
 都合良く入り込んでいたネコに憑依し、ダクトを通っていきます。
 ダクトから通気口が外れた廃病室に下りたところ、周囲にたくさん悪霊が……。

 ここで黴、ゲームオーバーになってしまいました(´Д`|||)
 悪霊に見つかっても、魂の残余に逃げ込み、残余から残余に移動し続けることで、
 そのうち悪霊はこちらを見失って、元の巡回ルートに戻ります。
 ただし、こちらを探している間は、近くにいる残余の中を調べるんですよ。
 今回、見つかったときに3体の悪霊全員に発覚したんです。
 しかも、移動できる魂の残余は限られています。
 すなわち、逃げても逃げても、いずれかの悪霊に見つかって悪霊の警戒状態が途切れません(ノд`)
 発覚してもすぐに死亡ではないので、そこそこの時間逃げ回っていましたが、結局、
 どの悪霊もこちらを探し回り続け、ついには魂を吸い取られてしいまいました。

 まぁ、タイミングを誤ったから地獄絵図になりましたけれど、普通にやれば問題はありません。
 3体の悪霊を倒して安全になった廃病棟を探索したら、迂回ルートも終わり。
 ジョイと合流して、高度保安病棟へ向かいます。



目標:アイリスの部屋を調べる
 ようやく216号室に辿り着きましたが、アイリスは錯乱しており、まともな話ができそうにありません。
 ジョイが話しかけようと近づいたところ、彼女はパニックを起こし、「2人とも近づかないで!」 と叫びます。
 自分の姿が見えているアイリスに驚くロナン。
 アイリスは興奮して壁にクレヨンで絵を描き始めました。
 元々、病室の壁には彼女が描いたと覚しき絵がたくさんありましたが、新たな絵が追加されていきます。

 主に、彼女の絵にどんな意味があるのか分析し、それに成功することで情景がフラッシュバックします。
 それらをまとめると、アイリスはローズという双子の姉妹がいて、2人揃って 『ベル・キラー』 に捕まったもよう。
 『ベル・キラー』 は双子を火あぶりにしようとしましたが、ローズは隙を突いてアイリスの縄をほどきました。
 しかし、ローズを自由にする前に 『ベル・キラー』 に気づかれ、ローズはアイリスを逃がします。
 残されたローズは、生きたまま火あぶりにされて命を落としましたが、そのおかげでアイリスは逃げ延びました。
 これは……魔女狩り説が濃厚になってきたでしょうか。
 他の被害者の死因が判らないことには何とも言えませんけど。




<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ゴースト・セキュリティ
    コメント(0)