さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2017年12月08日

蜘蛛の尻を執拗に狙う


『FREEDOM WARS』 プレイ日記 vol.23
 個別排除ボランティアという、指定のアブダクター1体を撃破するボランティアがあったので受けてみることに。
 他の敵が出てこないところを見ても、これはピンポイントで資源を稼ぐためのボランティアですね。
 ありがたやありがたや。




【シ6-2号高潔作戦:目標排除】
 セルガーデンから戻ると、エルフリーデからホウライPTがノーグPTに侵攻中という情報を聞かされます。
 フェロー関係にあるカルロスのPTが危機とあって、ボランティアが発行されているもよう。
 移動中に敵の襲撃を受け、周りを咎人に囲まれた状態からスタートです。
 てっきりランチャーを装備しているつもりだったのですが、いつ変更したんだったか、狙撃武器を持ってきていました。
 しかし、逆に今回は都合が良いですね。
 囲まれると弱いですが、このエリアのように敵が建物の上から撃ってくることが多い場面では活躍できます。
 咎人を排除すると、増援として輸送弐脚が出現。
 溶断すべき腕や武器がないので、いきなり鳥篭を溶断することにします。
 鳥篭を1つ溶断してダウンさせた際、別の鳥篭に荊を撃ち込んで貼り付くと、例の特殊モーションが出ました!
 それにより、再度ダウンしたため、これは?と思って3つめの鳥篭にもやってみると、またしても一撃破壊。
 なるほど、ダウン中に鳥篭を狙ってくっつけば良いのね。
 これをやると一瞬でHPをごっそり奪えるので、倒すのが非常に楽になります(*´∇`*)
 輸送弐脚を倒すと、更に増援が近づいているとのメッセージが出ました。
 とは言え、プレイヤーが湧き位置に近づかないと出てこないんですよね。
 探し回っていると、奥まった位置で、汎用弐脚・丙が出現。
 両肩にミサイルランチャー、その下にシールド、腕には機関銃が付いているという盛りだくさんな相手です。
 まずはミサイルランチャーを落とし、続いてシールドを溶断。
 機関銃は、腕ごと落とすことにしました。
 汎用弐脚は結構こちらを鷲づかみにしてきたりするんですけど、こいつはまったくしてこないので助かります。
 腕を一本落としたことで、汎用弐脚が膝をついたので、鳥篭に貼り付いてみると、やはり一撃破壊が発動しました。
 なるほどなるほど、第6情報位階権限にもなって、今更の理解です(;´Д`A
 もう1本の腕を落としたら、残りHPはわずか!
 最後に貼り付きにくい首部に貼り付くことができたので、何とかここを溶断したい!
 必死に○ボタンを連打し、溶断完了と同時に撃破です。
 減刑1,820年 残り929,908年
 本来の目的は、ノーグPTの救援でしたが、ここで足止めを喰っている間に、あろうことかノーグPTは壊滅したようです。
 恐らく、アーベルが出てきたのでしょう。
 カルロスは自分のPTを失ってしまったわけですね。



【サ6-3号激越作戦:目標排除】
 カルロスの姿が見えないというので探してみましたが、結局見つかりませんでした。
 ウーヴェも居なかったので、一緒なのかな?
 次のボランティアはホウライ傘下のPTに所属する特殊T型赤光(グレア)と特殊S型錆朱(ヴァーミリオン)の排除です。
 まずは咎人とアクセサリを相手取ります。
 グレコは狙撃銃を持ってきているので、岩の上で遠方の敵をもたもたと撃ちます(´Д`;)
 接近してきた敵は、優秀な味方が倒してくれるので安心。
 更に湧いてきた咎人を倒したところで汎用四脚・丙が出現しました。
 まずは肩のランチャーを落とし、次に腕の溶断に取りかかります。
 結構、暴れまくった印象のある汎用四脚ですが、今回はやけに大人しいな……。
 味方の援護もあり、あっさり1本目の腕を溶断。
 ダウンしたので、急いで鳥篭に貼り付くと、やっぱり一撃破壊できました(*´∇`*)
 これ、癖になりそうだなぁ。
 ここで汎用四脚が怒り出したので、なかなか溶断できず、2本目の腕の途中で敵のHPが尽きました。

 さて、ここで本命の赤光と錆朱が出現。
 まずは錆朱の脚の装甲を剥がしていきます。
 これは簡単に剥がれて楽しいんですよね。
 本体の脚は時間がかかるので無視して、背中の砲台を2つ溶断にかかります。
 しかし、この段階になると、もう暴れる暴れる(´Д`;)
 それに、錆朱は他のアブダクターと違って、単に走っているだけに見えても貼り付きができないときがあります。
 他のやつは走っているだけなら貼り付けるんですけども。
 そんでもって、どのダウン中に一撃破壊できるのかが解りません(;´Д`A
 仕方がないので、地道にお尻を溶断。
 残りHPを集中攻撃で削りきったら、錆朱撃破です。

 今まで放置していた赤光に取りかかりましょう。
 まず翼を溶断して飛べない虎にしてしまいますかね。
 ……と思いましたが、既にかなり暴れ狂っており、ちっとも貼り付きできません(ノд`)
 そうこうしているうちに、味方がどんどんダメージを与えてくれて、あれ?自分、足手まとい?みたいな感じに……or2
 結局、1枚も翼を溶断できないうちに、赤光がダウンしたので、ここぞとばかりに胸の鳥篭を一撃破壊します。
 その後もしつこく翼を狙いましたが、溶断する前に敵の体力が尽きました。
 良いとこなしだな……(´・ω・`)
 減刑1,870年 残り928,038年





<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
蜘蛛の尻を執拗に狙う
    コメント(0)