さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2017年02月12日

ラブリー当主誕生


『俺の屍を越えてゆけ2』プレイ日記 【八十八国 米チェン計画】 vol.16
 祭具・雪見ノ礼杯を取り戻し、灼熱雪祭りが復活しました。
 更に、新たな親戚・大熊手国へ行けるようになりました。
 これにより、龍穴鯉のぼりと、竜宮渡りという2つの迷宮が追加されたようです。




【1123年 1月 交神の儀】
 奉納点がそこそこ溜まったのと、1割引キャンペーン中なので、交神の儀を行います。
 夜鳥子が果たしてどれくらいで死ぬのか解らないのが怖いんですよね。
 一族と同じく1年半くらいは生きられるのでしょうか?
 予想より早く死なれても困りますし、ここは奉納点を注ぎ込んで、当主の子をつくっておきましょう。
 お相手は、どーんと奉納点を使って、下諏訪 竜実様です。
 良い素質が発現してくれると良いのですが……。



【1123年 2月 討伐・龍穴鯉のぼり】
 次の百鬼祭りは、『龍穴鯉のぼり』 で3月に行われるそうです。
 2月は百鬼祭りの場所を確認しなければなりませんので、2ヶ月連続探索ですね。
 そうそう、投資をして特注武器とかいうのを作ってもらいました。
 名前を付けられるようだったので、五穀豊穣扇と名付けてみましたよ。
 初陣の雪化粧に装備させましたが、本人の成長と共に育つ武具らしく、非常に弱い……(;´Д`A
 頑張って育成せねばなりますまい。

 さてさて、龍穴鯉のぼりですが、入ってすぐに、緑の錠前でエリアが二分されていました。
 鍵のかかった方へ進むと、龍脈水車なるものを発見。
 黄川人からのヒントによると、どこかにある水門を操作することで、水車が回って扉が開くようです。
 それまでは、こちらのルートはお預けみたいですね。
 もう一方の道はどんどん奥へ進めます。
 『龍脈洞』 というエリアを抜け、『伏龍岩窟』 へ来ると、出現する敵が、強敵扱いになりました。
 ちょっと不安ですが、まだ百鬼祭りの神輿を見つけられないので、更に奥へ。
 すると、ありましたありました、十字路の真ん中に、神輿が置いてあります。
 でも、今のままじゃ到底勝ち目はなさそうですね。
 場所の確認だけできたので、1年鍛え直しかな。



【1123年 3月 討伐・龍穴鯉のぼり】
 逸材が来ましたよ!(*´∇`*)
 当主の息子がやってきましたが、かなり素質が高く出ました。
 下諏訪 竜実様は、安定した素質の持ち主ですが、ハツシモは低い素質も保有しており、
 どう発現するかと思っていたのですけど、うまい具合に良い素質だけが出てくれたみたいです。
 これは完全に次期当主だわ。
 名前はこいもみじという、やけに可愛いものになりました。
 職業をどうしようか相当迷ったのですが、大筒士にします。
 そろそろ、属性の大筒が手に入るはず……!
 この素質があれば、散弾の全体攻撃も効果を発揮することでしょう!

 訓練をさわかおりに任せ、夜鳥子を連れて、龍穴鯉のぼりへ。
 すると、前回は特に何も居なかった場所に、おぼろ幻八が居ました。
 あれ? 別の迷宮に同じ鬼神が出ることもあるんですね。
 ちょっと強くなっていましたが、分身白浪の4人併せで倒せます。
 偽物の攻撃が1人に集中すると、恐らく戦闘不能になっていたでしょうが、
 運良く攻撃がバラけてくれたので、全員無事で済みました。
 うーん、今の面子は、ちょっと防御面に不安がありますね。
 壊し屋の当主も、結構被ダメが大きいです……(´・ω・`)

 その後、侵入した 『伏龍岩窟』 では、やっぱり出てくる敵が強敵扱いです。
 化け猫大将率いる敵陣は、先手を取らないと勝てません。
 大筒を2つ手に入れましたが、どちらも福効果だけで属性はありませんでした(ノд`)
 そして、攻撃力強化術の萌子と、剣の指南を獲得。
 剣士は前作でもほとんど使ってなかったなぁ。
 さてさて、百鬼祭りですが、やはり今年はやめておきます。
 これは絶対無理だ。
    






<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ラブリー当主誕生
    コメント(0)