さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2017年02月06日

初・百鬼まつり


『俺の屍を越えてゆけ2』プレイ日記 【八十八国 米チェン計画】 vol.15
 夜鳥子って素質がべらぼう高いので、あっという間に強くなりますね。
 何だか、今の時点では一族形無しって感じです。




【1122年 10月 交神の儀】
 今回の交神の儀は、さわかおりの番です。
 本人は大筒士ですが、属性武器がないんですよね……。
 子どもは踊り屋にしようと思います。
 彼女はとにかく体の素質が低いので、それを補いつつ、他の素質もそこそこのお相手を選びたいところ。
 しかも、もうちょっと奉納点を節約しておきたいんです。
 迷ったあげく、やたノ黒蝿様にお願いすることにしました。
 奉納点の割には優秀で、体の素質はバッチリです。
 弱点を1個ずつ潰していかないといけませんな。
 交神画面でさわかおりの母系・父系素質を見ましたが、結構地雷が……。
 交神の儀を終えた後、当主の寿命が尽きてしまいました。
 発現した素質の高さは随一で、通常攻撃・術共に、まさしく当主の名にふさわしい逸材。
 彼女の後は、息子のハツシモに継いで貰うことにします。



【1122年 11月 討伐・天衝くどん】
 ちょっとレベルの高い他国の天衝くどんへ行ってみました。
 成果は地蔵堂 円子様、二つ扇ノ前様の解放と、
 新たな術・華厳及び、属性付きの奥津ノ薙刀の入手。
 帰還後、新しい家族がやってきました。
 おかっぱの男の子で、名前は雪化粧に決定。
 12月っぽい名前ではあります。
 素質はと言えば、母親の悪いところがガッツリ出てしまっています……(´Д`;)
 結局、体は土以外軒並み低い状態に。
 うーむ、もうちょい良い結果が出るかと思ったんですけどね。



【1122年 12月 討伐・天衝くどん】
 さぁ、いよいよ百鬼祭りですが、あわみのりのパラメータがまだ不安なので、
 新入りの訓練を彼女に任せて、残りの4人で出陣することにします。
 道中、九尾吊りお紺と戦闘したところ、解放することができました。
 そのまま百鬼祭りに突入し、火祭り土祭り花連火みどろお焔を入手。
 いやはや、まさにお祭り状態です。
 この勢いで、阿部晴明に挑みましょう。

 約束通り夜鳥子を連れてきたことに驚く阿部晴明。
 報酬として自分を殺す方法を教えようと言います。
 彼が見せたのは胸の真ん中にある、何度転生しても消えない傷跡。
 傷を付けた者こそ宿敵のはずですが、彼自身は傷について何も覚えていないのだそうです。
 阿部晴明を殺すためには、その人物を捜し出す必要があるでしょう。
 一方の夜鳥子は、阿部晴明にも、傷の原因にも覚えはない様子。
 そんな夜鳥子に晴明は、「式神が思い出させてくれる」 と意味ありげな言葉を告げ、潮丸を嗾けてきました。

 夜鳥子陽炎を覚えたので、重ねがけをさせます。
 その間、残りの3人は火属性を中心に併せで攻撃。
 すると、3回重ねたところで頭打ちになったもよう。
 潮丸が前列に薙ぎ払い攻撃をしてきますが、ちっとも当たりません(*´∇`*)
 やっぱり補助は良いですね!
 そんでもって、夏狂乱が2人併せ程度でも、かなりのダメージになってくれます。
 前回の戦闘は何だったんだってぐらいに、あっさり倒せてしまいました。

 戦闘後、夜鳥子の腕に吸い込まれていく潮丸。
 夜鳥子が断片的に思い出したのは、潮丸が自分の式神であったことと、過去に阿部晴明に会っていること。
 2人の関係を問うと、阿部晴明は、それが次の課題だと言い残し、消えていきました。

 潮丸が夜鳥子の式神だったということは、夜鳥子自身が式神とかいうことはなさそうですね。
 そして、早々と2人の間柄が判明するのならば、そう突飛なものでもないでしょう。
 同僚とか、師弟とか、もしかしたら親子とか、その辺りでしょうか。

    






<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
初・百鬼まつり
    コメント(0)