さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2017年01月12日

遠隔捜査 ~真実への23日間~


『遠隔捜査 ~真実への23日間~』プレイ日記 vol.1
11月12日(木) 拘束2日目 不測の再会

 正月企画で選んだソフトがあまりにも早く終了してしまったため、第2弾を実施することにしました。
 PSPソフト 『遠隔捜査』 です。
 無実の罪で囚われ、留置場の中から協力者に捜査を依頼し、真相を暴く推理物。
 かなり古いPSPソフトということで、容赦なくネタバレをしていきますので、ご注意ください。




 探偵事務所に勤務する斉藤光志は、手がけていた事件の解決祝いに、所長の水谷朝露と酒を飲んでいた。
 元々、酒に強い方ではない光志は泥酔し、数件店を渡り歩いたところで記憶をなくしてしまう。
 最後のバーで、眠りこける光志は夢を見た。
 5年前に亡くなった母親が、「これから降りかかる困難も笑顔があれば乗り切れる」 と語りかけてくる不思議な夢。
 そして、心臓の鼓動……。


11月12日(木) 拘束2日目 取調室
 ……ということで、いきなり逮捕されております(;´Д`A
 まだはっきりしない頭で、何とか昨日のことを思い出す光志くん。
 昨日 11月11日の朝、突然、刑事に連行され、夕方には既に逮捕状が出て、そのまま拘留されたようです。
 ぼんやりと状況を思い出してきたところで、入ってきたのは三浦正信刑事。
 昨日1日の取り調べの印象だけでも、真面目で堅物だということが解るそうです。
 泥酔していて記憶がないという光志くんの主張をまったく信じてくれない三浦刑事ですが、
 光志くんの訴えにより、再度、事件の状況を説明してくれることになりました。

 被害者は住宅メーカー・白川ハウジング社長であり、白川グループのトップでもある白川一朗。
 光志くんが酔いつぶれたバー 『ライトブルー』 のVIPルームで、11月11日(水)の午前0時44分頃に殺害されました。
 死因は銃弾を受けたことによる急性心不全で、凶器の359マカレフは店外のゴミ箱から発見されています。
 この凶器に光志くんの指紋が付いていたこと、被害者と口論するところを複数人が目撃していたことが
 決め手となって、逮捕に至ったようです。

 あくまで酒に酔っていて記憶がないと主張する光志くんに対し、三浦刑事の尋問が行われます。
 光志くんの手元にある証拠や関係者といった情報は、『クルー』 と呼ばれ、
 三浦刑事の尋問に対して、この 『クルー』 を提示することで反論していかなければなりません。
 ただし、黙秘権も認められており、まだ証拠が不充分であったり、詳細が不明であることについては
 黙秘をすることができます。
 尋問時は三浦刑事の心証ゲージが示されており、回答によって心証が増減。
 黙秘をすると心証ゲージは減少するものの、理にかなわない返答をするよりは低下を抑えられる…と。
 当然、光志くんの回答はすべて調書に記載されるので、裁判での心証にも影響するというわけですね。

【お前が殺したのは誰だ?】
 練習問題です、みたいな感じで、「お前が殺したのは?」と聞かれましたが……殺してねーよ!(;´Д`A
 これ、白川一朗って答えたら、殺したんじゃねーか、って言われるやつですよ。
 と思って、黙秘権を選択すると、ちゃんと光志くんが、「殺していないから黙秘する」 と言ってくれました。
 すると、「引っかからなかったか」 と笑う三浦刑事。
 コンチキショウ……心証マックスになった暁には、伝説の樹の下で告白くらいしてもらわんと割に合わんぞ(´Д`;)

【今回の事件の被害者は?】
 質問が変わったため、白川一朗と回答します。
 当然、正解なので、三浦刑事の心証も増加。

【殺害時刻、なにをしていた?】
 泥酔のクルーに、「ずっと酔いつぶれて眠っていた」 という説明はあるのですが、
 果たしてこれを選んで良いものかどうか……。
 同時に、「記憶は曖昧で、殺害時刻にライトブルーに居たかも不明」 と書かれているんですよね。
 これは……悩みますが、黙秘権かな。
 心証ゲージは下がりますけど、泥酔していたという主張で上がるとも思えません。

【拳銃に指紋がついているのはなぜ?】
 これこそ黙秘権ですよ。
 何の情報もなければ、証拠も推論もありゃしません。

【被害者と口論していた?】
 こ、これも黙秘権しかありませんね。
 泥酔のクルーには、「カウンターで酔いつぶれていた」 とあるものの、証明されているわけではありません。

 これにて、初の尋問は終了。
 何一つ満足に反論できませんが、一応、三浦刑事の心証は良い方に傾いたまま終わりました。
 そこへ、取調室に1人の警察官が入ってきます。
 どうやら、光志くんに接見を求めている人物がいるとのこと。
 心当たりがないまま、調書を取っていた吉本という刑事に連れられて接見室へ向かいます。



11月12日(木) 拘束2日目 接見室
 接見室に現れたのは、光志くんの元恋人・新城法子さん。
 大学時代、共に弁護士を志していた2人ですが、5年前に光志くんが黙って姿を消して以来、音信不通だったようです。
 5年前というと、光志くんのお母さんが亡くなった時期ですね。
 一方的な別れを体験しながらも、法子さんは光志くんを憎からず思っているらしく、ニュースを見て駆けつけたもよう。
 彼女が夢を叶えて弁護士になったことを聞いた光志くんは、そこに光明を見出します。
 法子さんを担当弁護士として指名すれば、接見中も立会人無しで話ができるはず。
 留置場に居ながら無実を証明するためには、法子さんに協力してもらい、外の情報を得るしかないと考えたのです。
 それを聞いた法子さんは、大学時代から実感している光志くんの推理力を信じて、一つの方針を立てました。
 推理をし、指示を出すのは光志くんで、法子さんはその手足となって情報を稼ぐこと。

 法子さんは毎日午前中に接見に来るので、その際に、調査内容を指示することができるようです。
 ただし、法子さんも法律事務所に勤務しており、仕事があるため、1日に調査できるのは午前と午後に1ヶ所ずつ。
 ちなみに、所属している法律事務所は、2人の共通の知人・沼崎晋太郎の父親が経営しており、
 この沼崎弁護士は白川グループの顧問弁護士だそうです。
 しかも、事件当日、白川一朗と共に現場にもいたそうで、非常に怪しい……(´Д`;)
 法子さんは、事件の状況を沼崎弁護士からも聞いてくれると言いますが、敵に回ると見て良いのでは……?
 それはともかく、法子さんに調べて貰う内容は、白川一朗の人物像及び光志くんのアリバイ。
 調査したい場所は、「白川家」 「白川ハウジングのオフィス」 「水谷探偵事務所」 「バー ブルーライト」 です。
 加えて、時間があるときに、三浦・吉川両刑事についても調べて欲しいと依頼。
 法子さんが次の接見に来るのは、14日(土)の朝なので、それまでに調査してもらうところを2ヶ所指定します。
 この調査には、時間帯と曜日が重要になるそうで、定休日や不在日には当然情報が得られません。
 拘留は最大23日なので、空振りばかりしていると情報が集めきれないまま時間切れもあり得る、と。
 今、定休日情報が出ているのは水谷探偵事務所だけです。
 日曜日が定休で、午前中は不在のことが多いとのこと。
 では、午前中に白川ハウジングのオフィス、午後に水谷探偵事務所へ行って貰いますか。
 一般的な企業ですと土日が休みと考えられるので、オフィスは金曜日に行った方が良い気がします。



11月12日(木) 拘束2日目 留置場
 留置場に戻ってきた光志くんを迎えてくれたのは、七芝伊月さん。
 留置場で同室になっており、わいせつ物頒布罪で逮捕された作家だそうです。
 本人曰く、ある人物の汚職を扱った小説を書いたことで罪を着せられたのだとか。
 ふむふむ、何となくこの人の逮捕理由も、事件に関わってきそうな予感がしますね。



11月12日(木) 拘束2日目 情報整理
 毎日の終わりには、状況を整理し、人物相関図が自動作成されるようです。
 まず、担当刑事は三浦正信、吉本清香。
 注意すべきは三浦刑事で、スキを見せれば矛盾点を突かれることは間違いありません。
 事件の発端は、探偵事務所の上司・水谷所長と共にライトブルーで飲んでいたこと。
 そのライトブルーで白川一朗が射殺され、凶器に指紋が残っていたために逮捕に至ります。
 被害者と口論していたという目撃情報もありますが、光志くんにその記憶はありません。
 こうした状況下で現れたのが元恋人の法子さん。
 法子さんに調査を依頼し、その報告を受けることで、無実を証明するための情報を集めることになりました。
 法子さんが勤めているのは大学時代の友人・沼崎晋太郎の父親の法律事務所。
 ……といった具合に、その日集めた情報を整理して1日が終わります。
 任意の場所でセーブはできますが、1日の終わりにセーブポイントが設けられているので、
 このタイミングのセーブデータは、分けて取っておきましょうか。
 恐らく、法子さんに依頼する調査については、結構シビアなんじゃないかと思います。
 悪手がそのままクリア不可に繋がる可能性もありますし、毎日のデータは残しておきましょう。





<< BACK                                           NEXT >>


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
遠隔捜査 ~真実への23日間~
    コメント(0)