さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2016年11月02日

心遣いに星三つ


『俺の屍を越えてゆけ2』プレイ日記 【八十八国 米チェン計画】 vol.10
 双子の片割れ、むらさきの舞の健康度に陰りが見え始めました。
 これは、もう1回交神ですね。
 奉納点厳しいなぁ……。




【1121年 10月 交神の儀】
 素質が高く、実力もあるゆめひかりの子どもをつくります。
 お相手は、意外と体の高めな鳳 あすか様。
 何とか、壊し屋に対応できる子が欲しい……!
 本当は、十六夜 伏丸様が良いのですが、父神なんですよね。
 今の奉納点で消費できるギリギリのラインで、選びました。
 えらいハイテンションで、「ご機嫌いかが?子猫ちゃん!」 と言われましたが、お前、鳥だろ。



【1121年 11月 討伐・富士見ヶ原】
 前回、更に奥へ行けそうだった富士見ヶ原を再訪します。
 コーちんも黄川人も言っていたことですが、祭具を取り戻し、祭りが復活すると、神の力は戻るものの、
 鬼たちも熱気に当てられて力を増すのだそうな。
 さてさて、今回は女性だけで出撃してみました。
 熱狂タイムが2回あったものの、ここ前半は大した戦利品がないので、ほぼ無駄に終わってしまいます。
 2回目は、水纏い太刀風が手に入って、まぁまぁかな。
 などと思っていたら、その後ろのエリアに、春菜やら円子やらを発見(´Д`|||)
 まだ使えないですけど、もう一歩進んでいればなぁ。



【1121年 12月 討伐・天衝くどん】
 屋敷へ帰還すると、むらさきの舞の死が待っていました。
 いきなりの双子に吃驚し、つるっ禿げなことにまた吃驚しましたが、晴るると共に
 成長していく姿と、一気に2人の家族が増えた安心感は、序盤の八十八家を大いに盛り立ててくれました。
 当主はまだまだ頑張るからね!
 入れ違いにやってきたのは、久々の男の子で、名前はハツシモ
 技の火と水、体の土が低めに出てしまいましたが、それ以外はなかなか良さそう。
 特に体・風が高く出ているので、一族初の壊し屋になってもらいましょう!

 百鬼まつりが開催されているというので天衝くどんへ行きましたが、太刀打ちできるかな?
 黄川人の謂われ話によれば、巨大なこの木のてっぺんで、天を衝こうとした男にドーン!と雷が落ちたことから
 「天」 「衝く」 「どん」 と呼ばれるようになったのだとか。
 熱狂タイムがあるのですが、この迷宮、道が長い割りに敵が少なくてね……。
 すると、不意に鈴女ノ脚輪にスロットが止まり、春野 鈴女様が解放されました。
 どうやら、隊長が鈴女ノ薄絹という防具を装備していることが解放条件だったようです。
 同時に、春菜寝太郎も入手!

 2度目の熱狂タイムは位置が悪く、ろくなものは手に入りませんでした(ノд`)
 おまけに、終わった瞬間、鬼神・九尾吊りお紺を発見。
 こんなんばっかりだ……or2
 お紺さんは一族を鍛えて、奉納点を稼がせるために地上に降りてきたみたいです。
 その言葉通り、★が3つ揃って奉納点3倍!!
 いただきます(*´∇`*)

 さて、相手が火属性なので、白浪の4人併せで挑みます。
 血火弾を使われましたが、ダメージはそこそこ。
 緊急回復しなければならないほどの強さではありません。
 そして、白浪が、弱点属性なのか、もの凄い与ダメです。
 あっという間に倒し、870の奉納点をいただきました。

    






<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
心遣いに星三つ
    コメント(0)