さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2016年09月24日

Review 『GHOST TRICK』


Review 『GHOST TRICK』
総合評価 ★★★★★

 発売元:カプコン
 ジャンル:アドベンチャー
 発売日:2010年6月19日

 気が付いた時、既に死んでいたシセルは、時間を飛び越え、過去のものを動かして運命を変える力を得る。
 自分は誰で、何者に殺されたのか。
 死者の魂が現世に留まれるタイムリミットは夜明けまで。
 死の謎を解き明かすため、死者の力を使って、1日限りの旅が始まる。

このレビューは、黴の完全なる独断と偏見でお送りしています。
各項目の評価は★×1~5と☆=0.5で為されていますが、こちらも勝手気ままに付けておりますので、御承知くだされ。




システム ★★★★★
 ある者の死をきっかけにして、その死の少し前に戻れますが、干渉できるのは物限定。
 近くの物に乗り移り、それをわずかに動かすことで死を回避するというシステム。
 初期の逆転裁判シリーズと良い、このゲームと良い、難易度が本当に絶妙なんですよね。
 初見ですべて解るほど簡単でもなければ、考えても考えても解らないほど難しくもない。
 悩んで頭をひねって、「あっ、そっか!」 と理解できる爽快感。
 素晴らしいです。


操作性 ★★★★★
 タッチペンを使って、魂がヒュッと移動する感じが楽しいですね。
 仮に、失敗してもやり直しにストレスがありません。


ストーリー ★★★★★
 これがまた素晴らしいの一言です。
 シセルの正体、死の真相、謎の組織、リンネの過去。
 序盤からありとあらゆるところに伏線が張られまくっているのに、その答えが全然見えてこない。
 けれども、終盤になるとその伏線が一気に回収されていき、驚愕の真相が見えてくる。
 この展開は見事ですし、ノンストップでプレイしたくなっちゃいます。
 未プレイの人には、一切の情報なしで初プレイをこなしてほしいですね。
 また、全編において死がテーマのはずなのに、どこかお気楽で笑えるのも大きな特徴。
 重苦しくなることなく、笑ってさくさくプレイできて、それでいて最後にはホロッときちゃいます。


グラフィック ★★★★★
 キャラクターデザインや色使いが非常に独特。
 DSの小さな画面でも個性を主張してくるキャラクターたちが魅力的です。




黴のお気に入りポイント
 ◆運命を変えて死を回避するシステムの妙と、ちょうど良く調整された難易度
 ◆失敗したときのリプレイの容易さ
 ◆伏線いっぱいのストーリーと、終盤の怒濤の展開
 ◆魅力溢れるキャラクター


黴のイマイチポイント
 ◆特になし

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
Review 『GHOST TRICK』
    コメント(0)