さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2016年09月21日

Black Knight Sword


Review 『Black Knight Sword』
総合評価 ★★★★

 開発:グラスホッパー・マニファクチュア
 ジャンル:ファンタジーアクション
 発売日: 2013年1月10日

 今や昔
 いや 今となってはいつの事やらはっきりはしませんが いつの頃よりか聞き伝えられる 摩訶不思議な物語
 とある国に とある姫がおりました
 この姫なる容姿は 可憐な花のようであるが 行いは残虐無比 暴挙の限りを尽くしておりました
 さて ここに剣の精というものがおりまして この姫を討たんと思いを巡らせ 黒の騎士を呼び寄せたのでした
 黒の騎士と剣の精  はたまた暴虐の姫の運命やいかに
 それではこの物語の結末  どなた様もお見逃しなきよう

このレビューは、黴の完全なる独断と偏見でお送りしています。
各項目の評価は★×1~5と☆=0.5で為されていますが、こちらも勝手気ままに付けておりますので、御承知くだされ。




システム ★★★★☆
 これぞ横スクロールアクション!といった感じのシステムです。
 急にシューティングにもなりましたけど、それはまぁおまけということで。
 黒騎士の強化というのは、たかがしれており、プレイヤースキルの向上によってクリアできるというのも良点。
 最初のボスや、ラスボスの、何度も何度もプレイし、失敗しては成長していく感じはサイコーでした(*´∇`*)
 黒騎士もいくつかの技は持っていますが、さほどコマンドが複雑ではないので、苦労はしません。


操作性 ★★★
 間違えてはいけないのが、このゲームはセーブ&ロードを前提にしていないことです。
 残機がなくなったら潔くゲームオーバーになって、最初からやり直しが基本です。
 ただ、そうは言っても黴のようなへっぽこプレイヤーにそれは酷。
 しかも、セーブデータがあるので、ついついロードをしてしまいます。
 すると、このゲーム、演出が凝っているので、結果としてロードに時間がかかるということに。
 重くてロードに時間がかかるわけではないのですが、敢えての演出が仇になっている部分ですね。


ストーリー ★★★★
 首吊り死体から始まる衝撃の展開と、紙芝居風に進むダークな絵本。
 黒騎士に力を貸してくれる剣の精は何者で、黒騎士は何を目的に進んでいくのか。
 そもそも、この世界は一体何なのか。
 独特の雰囲気と、想像の余地に溢れたストーリー展開。
 それに拍車をかけるナレーション。
 好きな人はハマりますが、ハマらない人には何じゃこりゃ?な内容です。
 黴は大層気に入りましたが、人を選ぶことは確かですね。


グラフィック ★★★★☆
 これまた独特で、こちらは紙芝居というより紙人形劇(ペープサート)の世界。
 9割方気持ち悪いんですけど、1割可愛いかも……なキャラクターたちが
 平面世界で動き回る様や、前景にも背景にも、随所で 「これは劇だぞ」 と意識させる演出。
 そして、ラスボス戦では 「劇」 であることをうまく使った戦闘演出があり、これが非常に良いしかけなんですよね。
 細部にまで凝りに凝ったグラフィック、黴は大好きです。





黴のお気に入りポイント
 ◆難易度が完全にプレイヤースキルに依存するゲームシステム
 ◆想像の余地が大きいストーリー展開
 ◆独特のグラフィックによる紙人形劇風演出


黴のイマイチポイント
 ◆ロードが長い

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
Black Knight Sword
    コメント(0)