さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2016年07月05日

泥酔は闘魂でカバー


『BATEN KAITOS II -始まりの翼と神々の嗣子-』プレイ日記 vol.32
 ロープウェーで進めるラインの中間地点あたりに目当ての根脈があります。
 その向こう側にも行くことができたのですが、あったのは誰もいない空間。
 そこに、半透明で光を発するものがいっぱい下がっています。
 何だろう、これ……。




【群生大樹 -天の樹の根脈-】 VS. マルペルシュロの遺児
 マキナアルマで根脈を攻撃するヴァララ。
 シャナトも来ており、アヌエヌエの兵士たちは、こころの翼を抜かれて倒れていました。
 そこへ、振動と共に現れたマルペルシュロの遺児は、天の樹の根と融合し、シャナトを攻撃。
 ヴァララは、確保のため、遺児への攻撃を開始します。
 それを見ていたサギは、遺児を殺さず助けたい、と言いました。
 何故かは解りませんが、心の中で殺すなという声がするのだそうです。
 その意見を聞き入れたギロとミリィアルデは、根の部分のみを攻撃すれば遺児を逃がせるかもしれないと提案。
 ヴァララも含めた三つ巴の戦いが始まります。

 てっきり、遺児の部分と根の部分に別れているのだと思いましたが、攻撃対象を選択しようとすると、
 マルペルシュロの遺児しか選択できません。
 取り敢えず攻撃してみるか……と思いきや、先制攻撃でギロが700近いダメージを受けました。
 ハイポーションで回復してから、気を取り直してコンボ開始。
 ギロの小攻撃B(1)・中攻撃(2)・大攻撃(3)・雷鼓(4)から、
 ミリィアルデの小攻撃(1)・中攻撃B(2)・ラビットダッシュ(3)・スワローテイル(4)に続き、
 サギのアポストロス(0)・小攻撃B(1)・大攻撃B(3)・天地斬(4)まで繋がりました。
 マルペルシュロの遺児が頻繁に使ってくる闇の卵がかなり痛いので、適宜回復を挟みます。
 そうこうしていると、不意に今まで画面内に表示されているだけだったヴァララが行動。
 マルペルシュロの遺児に攻撃し、「You Lose」 の文字が……。
 も、もたもたしすぎたかな……?(;´Д`A


 2戦目はもう少し与ダメを多くできるよう、頑張ってみました。
 すると、マルペルシュロの遺児姿勢変化という行動をとります。
 直後にヴァララが攻撃したのですが、今度は敗北になりません。
 そして対象選択表示をしてみると、名前は同じマルペルシュロの遺児ですが、番号が1から2になっています。
 そうか、このときはヴァララの方向からは攻撃してもOKだけど、サギたちからはダメってことか。
 しかし、確証がないので、今回は敢えて攻撃してみました。
 すると、数回攻撃を加えたところで、「You Lose」 になってしまいます。
 よっしゃ、理解したぞ!(*´∇`*)


 まずはヴァララに攻撃されないうちに、ある程度ダメージを与える!
 初っぱなにミリィアルデが闇の卵を喰らいましたが、攻撃を優先します。
 ギロの闘魂マフラー(0)・小攻撃B(1)・大攻撃B(3)・雷鼓(4)を始点に、サボテンくんの機転で
 小攻撃(1)・ペガサスジャンプ(+1)・中攻撃(2)・キャニオンウインド(2+)・大攻撃(3)・スワローテイル(4)・アラベスク(5)
 小攻撃B(1)・中攻撃(2)・大攻撃(3)・天地斬(4)・凍覇斬(5)と稀に見るコンボが繋がりました。
 ダメージも1500を超えています。
 サギも闇の卵を喰らったため、ちょっと回復。
 ちなみに、使用するとダウンしてしまうカニッパ酒は、ダウン防止効果のある闘魂マフラー
 装備しているとノーリスクで使用できて、お得な感じです(*´∇`*)
 そして、サボテンくんが次に引くマグナスを良いものに換えてくれるイカサマ行為が今回も炸裂。
 ギロが小攻撃(1)・中攻撃B(2)・大攻撃B(3)・雷鼓(4)・魔陣召喚(5)・天盤崩壊(6)のフルコンボを繰り出します。
 ここでマルペルシュロの遺児姿勢変化
 見越して手札は切っていなかったので、しばし回復タイムに入ります。
 ヴァララがマキナ砲を撃ちましたが、マルペルシュロの遺児は無事でした。
 この姿勢だと、ヴァララの攻撃は遺児本体に当たらないってことなんだろうなぁ。

 2回攻撃を受けたので、再び姿勢変化が起こることを予測して行動開始。
 予想はぴたり当たって、大きく伸びたマルペルシュロの遺児に3人リレーコンボがヒットします。
 ところが、また2ターンくらいは平気だろう、という予測は大ハズレ(´Д`;)
 次のターンで再び姿勢変化を使われてしまいました。
 慌てて手札を止めたものの、ミリィアルデとサギの通常攻撃が数発当たってしまいます。
 こ、これくらいのダメージならセーフみたいですね。
 また姿勢が戻るまでの間、回復やMP蓄積で場を凌ぎます。
 姿勢変化したら、ここぞとばかりに攻撃!!
 すると、最初の猛攻が効いたのでしょうか。
 案外、あっさりと戦闘終了しました。



【群生大樹 -天の樹の根脈-】
 サギたちの思惑どおり、遺児は天の樹の根から分離し、力を失って小さくなっていきます。
 遺児が解放されたからか、サギの頭痛も起こりません。
 しかし、喜びも束の間、ヴァララが遺児への攻撃を開始しました。
 止める間もなく遺児を倒され、サギは頭痛に苦しみ始めます。

 当たり前だろ……(´Д`|||)
 ヴァララをどうにかしていないのに、遺児だけ解放してもダメじゃんか。
 遺児がマキナアルマから逃げると思ったんでしょうかね。
 マキナアルマごとヴァララを倒そうというギロの提案を蹴って、遺児の解放を選んだサギですが、
 解放したところでヴァララが何もしてこないと思うのがおかしいですよ。
 ストーリー的には、これで糸口が掴めたってところでしょうか。




<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
泥酔は闘魂でカバー
    コメント(0)