さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2016年06月09日

頭髪の不自由なお家柄


『俺の屍を越えてゆけ2』プレイ日記 【八十八国 米チェン計画】 vol.3

 男の子と女の子の双子ちゃんがやってきました。
 職業はやっぱり、指南書を手に入れることで増えていくみたいです。
 ただし、初期職業が固定ではなく、冒頭選んだ3つの職業になる、と。
 それも一族のカラーが出て良いですよね。




【1120年 4月 討伐・焔獄道】
 女の子は踊り屋の晴るる(はるる)、男の子は薙刀士のむらさきの舞になりました。
 それぞれ、山口県と兵庫県のお米みたいです。
 稽古をつける余裕はないため、自習をさせて、当主たちは焔獄道で2度目の討伐をすることに。
 熱狂タイムだ!!(*´∇`*)
 出ました出ました、熱狂の赤い火です。
 中盤に出ているので、それまでに未踏エリアまで進んでおきましょう。
 そこで試しに敵と戦ってみたところ、未取得品がたんまり。
 よーし、ここで熱狂タイムを……と思ったら、解放アイテム・みどろノ腕輪をゲットしました。
 かばね小町を30体撃破したので、みどろ御前様が解放されたようです。
 幸先良いぞ( ̄∀ ̄*)

 その直後、熱狂タイムに突入!
 今作は、派手にエフェクトがかかるので、突入したことが判りやすいですね。
 さすがの熱狂タイムでスロットすべてがバラバラの未取得品に止まるという大盤振る舞い。
 しかし、その後のスロットは、お金にばかり止まって、あまり良いものが出ません(ノд`)
 お地母怒槌丸も取れなかった……or2
 その後、術を狙って戦闘を繰り返し、何とか怒槌丸は手に入れました。
 しっかし、熱狂タイムだというのに、この運のなさ……。



【1120年 5月 交神の儀】
 黄川人の紹介だといって、田鶴姫と力丸なる人物がやってきました。
 田鶴姫は帝の孫娘でありながら、阿部晴明の操り人形と化している祖父の現状を憂いているもよう。
 各地に散らばった一族を集めて、阿部晴明を討って欲しいと依頼してきました。
 祭具を取り戻し、力を示せば、船を貸し与えるとも言います。
 つまり、新たな迷宮に行くには、祭具を取り戻さなければならない、と。

 さてさて、それはともかく、ここでもう1回交神の儀です。
 双子は戦力増強には良いのですが、死期もほぼ同時なので、しっかり予定を立てておかないと。
 更に、コーちんの情報では、来月だけねうねう亭でエリアの扉が開くらしいので、今月交神しちゃいましょう。
 一族は当主の血筋にしたいので、再度、ゆめぴりかを交神させます。
 お相手は、現状の奉納点を目一杯使って、速瀬ノ流々(るる)様。
 良い子が生まれますように………(; д )  ゚ ゚ また禿げてんじゃねーか!!
 むらさきの舞がスキンヘッドだったばかりなのに、またつるっ禿げかよ。
 どんな家系だ。



【1120年 6月 討伐・ねうねう亭】
 コーちんが夏毛に生え替わりました。
 そんでもって、多くの神様が天界から消えたという衝撃の報告が。
 黄川人曰く、一族の訓練目的で地上に降りた神と、妨害のために降りた神が居るのだそうです。
 さてさて、今回は晴るるむらさきの舞の初陣。
 月の光に留守番して貰い、踊り屋2人、薙刀士2人で出陣します。
 さすが、初陣だけあって、どんどん成長してくれる双子(*´∇`*)
 あまり無理せず行けるところまで……と思ったら、エリア『生魚の間』 で百鬼祭りに関する説明がありました。
 祭具と関係する鬼のお祭りで、年1回、1ヶ月間だけ開催されるそうです。
 迷宮の中にある神輿が入口なのだとか。
 そっかぁ、そういう類のものかぁ。
 行ってみたい気持ちは大いにありますが、明らかに時期尚早ですよね(;´Д`A
 今回はレベル上げに専念します。
 結局、この月の収穫は紅涙弾のみ。
 あ、それと黄色の鍵を入手しました。
       





<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
頭髪の不自由なお家柄
    コメント(0)