さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2016年03月09日

迅速なるバージョンアップ


『BATEN KAITOS II -始まりの翼と神々の嗣子-』プレイ日記 vol.19
 水と炎と塩があれば、上を歩ける不思議な雲がつくれます。
 しかし、水と炎を合成するって、湯を沸かすのか炎を消すのか……。
 水蒸気を発生させると考えるのが妥当ですが、そこに塩を加えるというのが何ともシュールです。




【雲の国 ディアデム -漁村ナシラ-】
漁村ナシラに辿り着いたレイドカーン王とギバリですが、村は帝国によって制圧されていました。
 帝国兵は、レイドカーン王の正体を知らずに身柄を拘束します。
 それを見ていたサギたちは、レイドカーン王救出のため、ひとまず自分たちも同じように捕まることに。
 一ヶ所に監禁されたことで、ようやく王と接触できたサギは、自分たちの目的について説明します。
 帝国の所業を目の当たりにした王は、ここから脱出した暁には、サギたちに協力することを約束してくれました。
 しかし、どうやって逃げ出すべきかと考える一同の前に、忍者のような風体の少年が現れます。
 王の部下であり、友人でもあるパロロ2世は、あっという間に監禁場所の鍵を開けてしまいました。
 すると、レイドカーン王は、敵戦力さえ解れば、脱出のための作戦が立てられると言います。

 ここで、帝国兵が何処に何人配置されていたかを問われます。
 覚えていなくても、会話の中で映像が出てくるので無問題。
 正解を答えると、レイドカーン王の指示のもと、ギバリとパロロ2世が帝国兵をすべて倒してくれました。
 これ、間違えていたらサギたちも戦闘に参加することになったんでしょうか?
 そっちの方が面白かったような気もしますが、まぁ良いか。



【雲の国 ディアデム -雲の道-】 VS. ジャコモ
 ナシラの酒場にある秘密の抜け道から、村を出ることに成功した一行。
 雲の道を抜けて、城へ戻ろうとしますが、その行く手をジャコモが遮ります。
 ミンタカでの敗北を根に持っているジャコモは、問答無用で勝負を挑んできました。

 わざわざ手紙までくれていた彼ですが、今回は同僚の暗黒部隊兵を伴っての戦闘です。
 まずは、左右の暗黒部隊剣士から倒しましょう。
 ギロのホーリーソピアー(0)・小攻撃(1)・中攻撃(2)・大攻撃(3)・双手氷穿(5)に続き、
 ミリィアルデが小攻撃(1)・中攻撃(2)・キャニオンウィンド(2+)・大攻撃(3)・エメラルドスラッシュ(4)のコンボ。
 一気に攻め落とし、暗黒部隊剣士を1人撃破しました。
 対するジャコモスラッシュゲイル改で、ミリィアルデのHPが半減。
 幸い、ミドルポーションが手札にあるので、サギに回復して貰います。
 続いて、もう1人の暗黒部隊剣士を狙い撃ち。
 あまりコンボは繋がりませんでしたが、3人が集中攻撃をかければ、あっさり倒れてくれました。
 残るはジャコモのみ。
 バーンとコンボを繋げたいところですが、必殺技マグナスが不足して、通常攻撃ばかりになってしまいます。
 しかも、ジャコモの攻撃でギロが瀕死に……。
 と、ここで黴はとんでもないことに気が付きました。
 Σ( ̄ロ ̄lll) 蘇生マグナス入れてねぇ!!
 雑魚戦だとほぼ間違いなく不要マグナスになるので、ボス戦以外はデッキから外していたのですが、
 こんなところでボス戦とは予想していなかったため、デッキを組み直していません。
 こ、これは誰か死んだらヤバすぎるな……。

 どんどんマグナスを放出しますが、なかなか回復が出てきません。
 冷や汗状態で迎えるジャコモの攻撃は、幸いなことにミリィアルデやサギに向かいます。
 そして、ようやく出てきたミドルポーションを使用した直後、ギロが標的になりました。
 あ、危ねぇ~……(;´Д`A
 と思ったのも束の間、今度はサギが、HP86という超瀕死状態に。
 しかし、回復マグナスがないうえ、良い感じでコンボが繋がりそうです。
 そんでもって、何ら見せ場のないチマチマした攻撃で、実はジャコモも瀕死。
 (#゚Д゚) いくしかないだろ!!
 ミリィアルデの小攻撃(1)・ペガサスジャンプ(1+)・中攻撃B(2)・大攻撃(3)・エメラルドスラッシュ(4)
 サギの小攻撃(1)・大攻撃(3)・天翔裂斬(5)に続き、
 ギロの小攻撃(1)・中攻撃(2)・大攻撃B(3)・霊弾(4)・猛火焦天(6)でトドメ!
 3人リレーコンボという、それまでのショボさを払拭するような終わり方ができました(*´∇`*)



【雲の国 ディアデム -雲の道-】
 ジャコモが撤退した後、船で小天河を下ってくるラムバリとセルシカの姿を見つけたレイドカーン王とギバリは、
 ラムバリの怒りを恐れ、彼らの到着前にエルナトに戻るべく、逃げ出してしまいました。
 しかし、ラムバリはお説教のためではなく、帝国軍の動きを知らせるために飛んできたのです。
 どうやら、バアルハイトの手の者は、大風穴と呼ばれる場所で何かをしようとしているもよう。
 計画を止めるため、サギたちも急ぎ城へと戻ります。

 いやぁ、ジャコモ戦、何とか乗り切れました(´Д`;)
 それにしても、技名が 『スラッシュゲイル改』 って、改良早いな。
 そのうち、エンドスラッシャーも使ってくるようになるのでしょうか。




<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
迅速なるバージョンアップ
    コメント(0)