さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2016年02月10日

百一夜


『GRAVITY DAZE』 プレイ日記 vol.8
Episode8 Les Cent et Une Nuits ~百一夜~

 街をぶらぶらしていると、ゲイドから2つめの失われた区画を取り返しにいかないかと言われました。
 そんな、「そろそろ行っとく?」 みたいな感じで良いんでしょうか……?




 滑り落ちろと言われて厭な予感がひしひしとしましたが、重力スライドを使って進む必要があるそうです。
 黴、この重力スライドが大の苦手なんですよね。
 ハンドルをきるように本体を傾けるとか言われても、全然、思ったように進まないし……。
 1回曲がったら、逆方向に戻れません……or2
 幸いにして、重力スライドしか使えないというわけではないので、周囲の溶岩に落ちそうになったら浮く
 という姑息な手段を使って先へ進みます。
 すると、溶岩地帯に浮かぶ足場でネヴィが出現しました。
 全滅させると、ピンクの花から光が出て、行く先を示してくれます。
 ところが、この光、真っ直ぐではなく、せま~い溶岩の道をくねくねと進ませやがりました。
 溶岩に触れるとダメージなので慎重すぎるほど慎重に進んでいきます。
 すると、割と前触れもなくネヴィが出現。
 今度は空を飛ぶタイプのネヴィが多く、重力キックが失敗すると、溶岩に一直線です(;´Д`A
 黴の腕では苦労しましたが、すべてのネヴィを倒し、2つめの花を開花させることに成功。
 2つめの花が指し示す先も、重力スライドで進むらしいですがやりません(´Д`;)
 無理だもん、こんなん……。

 次のエリアでは、空飛ぶネヴィが2体と、巨大なネヴィが1体います。
 空飛ぶネヴィは、こちらに向かってきているときに重力キックでカウンターを喰らわすと良い感じ。
 巨大ネヴィは動きが鈍重なので狙い放題です。
 全部倒せば3つめの花が開きました。
 そして、その花の指し示す先には、必殺技のなるリンゴの木。
 ここで必殺技・グラビティタイフォンを習得しました。
 スキルや能力の強化にかかるコストが結構高いので、無闇にはできません。
 必殺技も、使いやすいのに絞って強化した方がよさそうです。
 あと1つくらいスキル獲得できそうなので、それまでは様子見しましょう。



 失われた区画に辿り着き、龍のような虫のようなネヴィが現れたかと思いきや、
 クロウが一瞬でそのネヴィを倒してしまいました。
 キトゥンをボルシーの手先だと思い込んでいるクロウと戦闘になってしまいます。
 1戦目は高速で飛び回るクロウに翻弄され、ワケも解らないままにゲームオーバーに……。
 2戦目では、初っぱなからグラビティタイフォンでダメージを与える作戦をとります。
 しかし、その後はやっぱり何かとダメージを受けてしまい、敢えなく撃沈。
 ちょっと再考してみますか……。

 クロウが飛び回っている間に攻撃するのは、まず無理そうです。
 動きを止めるのは攻撃しようとしているときなので、そこを狙って、相手より先に攻撃すれば良さそう…。
 まずは先制攻撃としてグラビティタイフォン。
 クロウが高速移動を始めたら、大人しく地面に降りて、それを目で追います。
 動きが止まってからでは遅いっぽいので、そろそろ止まるかな……と思ったらキトゥンも空中へ。
 攻撃のためにクロウが動きを止めたところで、重力キックです。
 これを繰り返していると、1~2戦目が嘘のようにダメージを負いません。
 攻撃チャンスに出遅れて、エネルギー弾みたいなのを飛ばされたら、走って逃げるのが吉かも。
 しばらくすると、再び必殺技が使用できるようになったので、すかさずグラビティタイフォン。
 すると、「間合いを詰めろ!」 というメッセージが出ました。
 急いでクロウの方向へ飛んでいくと、フェイタルタッチが出ています。
 タッチすると、キトゥンがいつものモーションでトドメに入りましたが、クロウも応戦。
 両者がぶつかり合った結果、キトゥンは弾き飛ばされ、顔を上げたとき、彼女は既に消えていました。
 ただ、失われた区画は取り戻せたみたいです。





<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
百一夜
    コメント(0)