さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2015年10月06日

過剰な自己愛


『BATEN KAITOS II -始まりの翼と神々の嗣子-』プレイ日記 vol.3
 皇帝暗殺の任務のため、屋敷に侵入したサギとギロですが、最初にやったことがお肉の強奪。
 それ以来、生肉を持ったまま歩いているわけですが、腐りかけの山リンゴも持ってるんですよね。
 マグナ・エッセンスとは言え不安になります。




【帝国アルファルド -皇帝の屋敷-】
 奥へ進もうとすると、紋章壁なるバリアが張られていて進めなくなっていました。
 手がかりを求めて近くの部屋に入ったところ、誰かが帝国兵に殴り倒されています。
 どうやら、紋章壁のメンテナンスに来た職人を、帝国兵が不審者と間違えて昏倒させたもよう。
 この帝国兵を倒し、職人を起こしてやると、彼は随分お怒りの様子です。
 サギが侵入者であると知っても尚、嫌がらせのために協力しようと申し出てくれました。
 ちなみに今回の戦闘で、初のフルコンボを達成。
 現在は精霊数0~4までしかないので、フルと言っても5枚ですけど(;´Д`A


 職人の手を借りて紋章壁を解除し、内部へ侵入したサギたち。
 ついに皇帝の部屋の前まで辿り着きましたが、何やら中から話し声が聞こえます。
 オーガン皇帝は、会話の相手の主が騒ぎの首謀者だと考えているもよう。
 男性は1度はそれを否定しますが、「そうとも言えない」 という意味ありげな言葉を発します。
 このままこうしていても埒があかないと判断したサギたちは突入しました。
 謎の男性は突然の侵入者にも動じず、「マルペルシュロの遺児のリストはいただく」 と言い残し去っていきます。
 今は皇帝暗殺が優先、と彼を見逃すサギですが、駆け寄った皇帝は既に事切れていました。
 そこへ押し入ってきたのは暗黒部隊長。
 何と彼は、サギと実行部隊を “独断で皇帝を暗殺した罪” で処刑すると言うのです。
 サギとギロは部隊員を連れてその場を逃げ出しました。

 案の定じゃねーか……(´Д`|||)
 でも、どうしてわざわざ精霊憑きのサギに罪を着せなければならなかったんでしょう?
 例えば、精霊憑きは生かしておけないというなら、もっと手段はあったでしょうし。
 精霊憑きを悪者にしたいってことなのか?



【帝国アルファルド -皇帝の屋敷-】 VS. ガーディアン
 帝国兵が追ってくる中、外へ続くと思われる通路を走っていくと、突如、横の壁が崩れて
 巨大な異形の怪物が現れました。
 何か、腕からうにょうにょしたものが出てるし、やたらデカいし……(゜ロ゜; 三 ;゜ロ゜)
 これが初のボス戦ですね。
 
 まずは、フラッシュダガー(0)・小攻撃(1)・大攻撃(3)のコンボ。
 雷撃属性はつきましたが、2Hitのダメージではたかがしれています。
 対する異形の怪物は弾岩という技を使ってきました。
 これが一撃で80を超える大ダメージ(;´Д`A
 続いての通常攻撃も45くらい喰らったので、ローポーションで回復します。
 すると、同時にギロもこちらを回復してくれました。
 ありがとー(*´∇`*)
 次ターンでは、必殺技・破岩撃を組み込んだものの2Hitでは以下略。
 ギロも手痛いダメージを受けており、自信を回復しています。
 そして悪いことに手札に精霊数0とアイテムマグナスがダブついてきました。
 今思えば、手札を捨てるってのも新要素として追加されたんでしたが、戦闘中は思い至らず(´Д`;)
 気合い(戦略)を使って手札を消化します。
 そして、ここでようやくごろつきナイフ(0)・小攻撃(1)・大攻撃(3)・天翔斬(4)のコンボ成立。
 初めてそれらしいダメージを与えられました。
 しかし、ここに来てギロが結構ダメージを受けているようです。
 えっと、ギロを回復するには……Σ( ̄ロ ̄lll) 自分じゃないって!!
 どうやるかがイマイチ解っておらず、自分を回復してしまいました……or2
 次のローポーションをギロに使おうとしましたが、ターゲット選択が異様に早く動いて定まりません。
 わ、解らん……えぇい、攻撃だ!
 と頭の悪さを露呈したところで、再び弾岩が炸裂し、ギロが戦闘不能になってしまいました……・゚・(ノД`;)・゚・
 大変申し訳ないことをしましたが、この後、妙にマグナスの引きが良く、
 小攻撃(1)・中攻撃(2)・攻撃(3)・天翔斬(4)
 皮のベスト(0)・小攻撃(1)・中攻撃(2)・大攻撃(3)・破岩撃(4)
 と続けざまにデカいコンボを繰り出すことができました。
 これなら……(; д )  ゚ ゚ 負けイベだったのかよ!!
 いきなり技名もなしに異形の怪物が弾岩と同じモーションを示し、
 ダメージ量表記がないままサギが吹っ飛び、強制的に戦闘終了となりました。

 異形の怪物に追いつめられるサギたちに、追い打ちをかけるようにヴァララが現れました。
 自分に倒されるか、化け物に食われるか選べ、と迫るヴァララ。
 そのとき、ギロが激しく放電を始めました。
 そして、凄まじい強さで異形の怪物をあっさり叩きのめしてしまいます。
 ふらつくサギがギロを止めますが、ギロは聞き入れず、異形の怪物にトドメを刺しました。
 それに連動するかのように、頭を抱え、激しく苦しみ出すサギ……

 またまた謎が残されました。
 ギロとサギは繋がっているんでしょうか?
 ギロが力を出さないのは、このサギの苦しみ方に理由があるのでしょうが、一体どうなってるんだ?




<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
過剰な自己愛
    コメント(0)