さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2015年03月08日

懲役100万年の罪


『FREEDOM WARS』 プレイ日記 vol.1
 資源が枯渇しつつある世界で、無駄に資源を消費する者は生きているだけで罪。
 そんなことで、生まれたときから懲役100万年を科せられているのが咎人。
 彼らが自由のために減刑を受ける術はパノプティコンへの貢献のみ。




 ってなことで、ゆる~くプレイ記をつづっていきたいと思います。
 背景として、無価値な咎人とは違って、価値ある人的資源と見なされている市民(シヴィリアン)は、
 他の資源と同様に、パノプティコン間で争奪の対象となっています。
 主人公を含む咎人たちが、敵対パノプティコンに奪われた市民を取り戻すため、
 戦闘を繰り広げていたところ、仲間の1人・ニーナが激しい攻撃を受け、吹き飛ばされてしまいました。
 主人公はそれに巻き込まれ、地面に落下……。
 目を覚ますと、奇妙な空間に奇妙な少女が居ます。
 アリエス・Mと名乗った彼女は、ここを 「生と死の狭間・幽界」 であると語り、主人公に名前を尋ねてきました。
 さてさて、ここでキャラクターメイキングですが、名前ねぇ……。
 市民を攫うのは兵器・アブダクター。
 アブダクターと言えばUFO。
 UFOと言えば、『UFO - A day in the life -』。
 ……あのアパート住民から名前を貰いますか。
 住民の中でダントツで好きなのはミケなんですけど、ミケだと名字がなくなっちゃうよな~。
 じゃ、ミケの相棒、グレコ・ヘルナンデスにしましょう。
 ムッキムキに育ってくれい。
 所属はもちろん、北海道PTです。
 いずれ “彼女” が現れたら救ってやってほしい、と言い残し、消えてしまったアリエス。
 仲間によって蘇生を受けたグレコですが、その記憶は失われていました。
 どうやら、主人公は記憶の定着に問題があるらしく、記憶喪失を繰り返しているらしいんですよね。
 そんでもって、勝手に記憶を喪失することすら罪になってしまうPT法に則って、
 せっかく減刑を受けていたものが、また “最下層行き” になってしまいます。


 独房の床に座り込んでいると、壁にパノプティコンのマスコットキャラ・プロパくんが映し出されました。
 社会不適合者再生プログラムによって再教育を受けると共に、再度懲役100万年が科せられることに……。
 ここで書類が提示され、「同意する」 というメッセージが表示されます。
 ○ボタンを押しても決定されるのですが、是非、画面にタッチすることをオススメ。
 拇印を押したような感じになって、とっても罪人気分です☆





<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
懲役100万年の罪
    コメント(0)