さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2013年10月03日

サスペンス劇場の結末


『Dragon Age II』 プレイ日記 ~スプーン・フォーク 一代記~ vol.69
 カークウォールを脅かす連続殺人鬼に母親・リアンドラを攫われたスプーン姉さん。
 前々から殺人鬼が標的にする被害者に、貴族で年配の女性が多いことに疑問を抱いていた。
 ブラッドマジックの生贄にするならばもっと攫いやすい者を狙えば良いはずである。
 その答えは殺人鬼のアジトに隠されていた。




【メインクエスト : 残されたもの】 行方不明になった母親を捜す
 殺人鬼のアジトに乗り込んだんですが、何やら生活感のある空間にやってきました。
 棚や椅子が置いてあって、床には本らしきものが散らばっています。
 何だこれ?と近づいたところ敵が出現しました。
 敵を倒して、あらためて散乱する本を調べようとすると、スプーン姉さんは別のところに注目したようです。
 壁際の棚に飾られた、リアンドラそっくりな女性の肖像画。
 なるほど、スプーン姉さんの母ちゃんが攫われたのは、この女性に似ているからなんですね。
 つまり、母ちゃんと同年代で貴族の女性が狙われやすかったのも、これが原因か。
 似た人物を追い求めていたってことなんでしょうか?

 椅子に腰掛けた “花嫁” を満足そうに眺める魔導師。
 魔導師は死んだ妻への愛ゆえに、彼女を再び蘇らせようとしていました。
 その材料を求め、妻に似た “部品” を持つ女性たちを誘拐し、殺害していたのです。
 そしてリアンドラこそ最後の部品、魔導師の妻に瓜二つの顔を持っていました。
 ぎこちない動きで立ち上がる “花嫁” の顔は、まぎれもなくリアンドラのもの。
 しかし、それは切り落とされた頭部を別の身体に継ぎ合わされたものでした。

 Σ( ̄ロ ̄lll) 母ちゃん!!!
 てっきり、母ちゃんは妻の代わりにするために生かされていると思っていました…。
 まさか被害者の身体を繋ぎ合わせて、妻をつくり出そうとしていたとは……。



 魔導師が悪霊どもを召喚し、戦闘に突入しましたが、魔導師自体はバリアを張っており、
 そもそもHPゲージが表示されていないので、攻撃することはできないようです。
 周囲を見る限り、大した相手は居ないのですが、後から湧いてくるのは解りきっているので、
 いきなり逃走することにしました。
 囮ちゃんを残してきたのと、味方が敵に気を取られることなく着いてきたので、順調に退避完了。
 じっと待っていると、死体シェイドが追いかけてきました。
 うまい具合に大物は着いてきていないので、今のうちにこいつらを倒してしまいます。

 粗方倒して戦闘状態も解除されたので一旦セーブ。
 狙撃のできるセバスチャンで様子を見に行くと、ニネットに取り憑いた悪魔が居ました。
 ニネットってスプーンたちが捜索して指だけ発見したあの人ですよね?
 タイプ的には欲望の悪魔なので、誘き寄せて集中攻撃すればあっさり倒せるのですが、
 ニネットに取り憑いていたってどういうことでしょう?



 さて、追ってきた敵は全滅させたようなので、魔導師の居るところに戻り、再度敵を釣ってきます。
 再び死体シェイド悪鬼が湧いていました。
 ただ、どいつもHPが低めなので、どうということはありません。
 その中にアレッサに取り憑いた悪魔というのも混じっています。
 こっちはアジトの入口で死んでいたあの女性ですね。
 悪魔が取り憑いてから殺されたのか、殺されてから悪魔が取り憑いたのか……。

 当然、続いてはリアンドラに取り憑いた悪魔の登場です。
 こいつを誘き寄せて倒したら、残るは魔導師本人だけ。
 しかし、上から見る限り、まだ魔導師にHPゲージが表示されていません。
 奥にシェイドが1体いたので、こいつを倒しに向かいます。
 案の定、このシェイドを倒すと魔導師のバリアが解除されたのですが、
 同時にHP高めのシェイドを3体召喚されてしまいました。
 まぁ、麻痺の魔法陣も効いたし、周りから片付けて………
 Σ( ̄ロ ̄lll) こいつブラッドメイジだった!!
 うっかりすっかり忘れていました。
 周囲の敵のHPをぐんぐん吸い取るブラッドマジックは威力抜群なんですよ。
 あっという間にフェンリスが気絶し、スプーン姉さんもピンチになりました。
 蘇生と回復……いや、攻めればいける!
 アンダースに念動の牢獄を使わせると、拘束することができました。
 フェンリスは居ませんが、ヘイスト仕様のスプーン姉さんもセバスチャンも居ます。
 (#゚Д゚) 一気に叩け!!
 セバスチャンの通常攻撃がなかなか強いためでしょうか、拘束時間内に撃破することができました。



 首を死体に繋げられたリアンドラですが、ブラッドマジックのためか、まだ意識を保っていました。
 助けに来てくれたスプーンに感謝し、ようやく魔導師の拘束から逃れられると安堵するリアンドラ。
 残していく娘たちへの気遣いと愛情を口にしたのを最期に、リアンドラは息を引き取りました。

 母ちゃん……(ノд`)
 これでスプーン姉さんにはベサニーしか家族が居なくなってしまったわけですね。
 そのベサニーもサークルから出られないし……。
 クエスト完了




【ハイタウン ~ホークの屋敷~】
 自宅でスプーン姉さん、相当落ち込んでおります。
 叔父のガムレンに事の次第を告げ、自室でじっと俯いていたところ、何とイザベラが慰めに来てくれました。
 これ、多分ロマンス状態だからですよね。
 湿っぽい雰囲気は苦手なイザベラですが、一生懸命言葉を探してくれるのが何とも可愛いです。
 血縁だけじゃなく仲間も家族だ、って言ってくれました。
 あんがと、イザベラ・゚・(ノД`;)・゚・





<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
サスペンス劇場の結末
    コメント(0)