さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2013年07月13日

3年の軌跡


『Dragon Age II』 プレイ日記 ~スプーン・フォーク 一代記~ vol.47
 太古の昔から存在するらしい岩の死霊を激戦の末に打ち破ったスプーン姉さん。
 その直後にやることは宝物庫荒らしである。
 姉が不届きな行為をしている間に、何と妹はサークルタワーへ連れて行かれてしまった。
 己の行いを思い返し、罰が当たったのだろうかと考えてしまうスプーン姉さんであった。




 “英雄” とその仲間たちの話を、少々意外そうな顔で聞くカサンドラ。
 彼女は、“英雄” たちは全員が共にフェレルデンからやってきたと思っていたようです。
 話の続きを促すカサンドラに、ヴァリックはその後の “英雄” について語りました。

 地底回廊から持ち帰った財宝のおかげで、スプーンたちは一財産を築きます。
 アメル家の邸宅も買い戻し、カークウォールでホークの名を知らぬものは居なくなりました。
 彼らが地底回廊から戻って3年。
 今や、子爵ですらホーク家には一目置いています。
 順風満帆のスプーンですが、その間、カークウォールは平穏無事とはいきませんでした。
 一時滞在しているだけのはずだったクナリ族が、3年を経過した今も、カークウォールに留まっており、
 教会の反発や住民の不安を煽り続けていたのです。

 前作はごく短期間の冒険を描いたものでしたが、今作はどんどん時間が経過しますね。
 また3年も経ったのかぁ。
 スプーン姉さん、オープニングから4歳も歳喰ったのね……。




【ハイタウン ~子爵の屋敷~】
 領主であるデュマー子爵から直々に呼び出しを受けたスプーン。
 子爵は、目的も明らかにしないまま、カークウォールに留まり続けるクナリ族に頭を悩ませていました。
 その悩みの種であるクナリ族のアリショクが、スプーンを名指しで呼びつけているというのです。
 子爵の望みは、カークウォールの秩序を守るため、アリショクの要望を聞き出すこと。
 その役目をアリショクから指名されたスプーンに任せたいようです。

 数年前は家もない難民だったのに、出世街道爆進中ですな。
 さて、メインストーリーとしてはクナリ族の収容所に行くのでしょうが、その前に仲間クエストが発生。
 全員分あるので、一通り回ってみましょうか。
 その後、予定通りアビリティの練り直しをして、他のサブクエストを探しに行きます。




【仲間クエスト】 仲間と会話をする
 まずは、子爵の屋敷に居るアヴェリンのところへ。
 すっかり隊長も板についてきたアヴェリンですが、悩みも多いみたいです。
 処分された前隊長の残した悪しき慣習や、それを支持する者たちが最たるものってところでしょうか。
 アヴェリンを隊長から引きずり下ろしたい人間も、山ほど居るもよう。
 「辞める気はないんだろ?」 と聞けば、もちろんとの答えが返ってきました。
 この問いがお気に召したのか、友好度が10上昇。
 アヴェリンはいち早く友好度が上がっていて、割と早い段階でフレンドアビリティも習得済です。


 首吊り亭のヴァリックは、スプーン姉さんがハイタウンに邸宅を構えたことを祝福し、
 けれどもそれで終わるつもりはないのだろう、と問います。
 回答の選択肢としては、政治・事業・爵位の3つ。
 (*´ェ`) ………どれも要らないんですけど。
 これまでの行動を省みるに、そんな地味な活動ができるとはとても思えん。
 何かこう、暴れ回るような選択肢はなかったんか。
 仕方がないので、「家族の面倒を見る」 と言っておきました。
 どうやらヴァリックは、スプーン姉さんがフェレルデンに戻るのではないかと考えていたようです。
 残ってくれて嬉しいと言われたので、「離れるもんか」 と冗談を言ってみたところ、
 真顔で乗ってくれました(*´∇`*)
 ヴァリックのこういうノリが結構好きだ。


 そのままカウンターのイザベラともお喋り。
 彼女からは例の遺物にだいぶ近づいたという情報が聞けました。
 そろそろスプーン姉さんにも助力を求めるかも知れないと言います。
 おっ、ロマンス選択肢がありますね。
 「キス1回で考えてもいい」 というのがあったので、選んでみました。
 まぁ、相手がイザベラなので余裕の返しをされましたけどね。
 こういう話が大好きな彼女だからか、友好度が15もアップ。
 そう言えば、ベサニーとイザベラの会話はもう見られないんだなぁ(´・ω・`)
 今度はメリルと一緒にパーティーに入れてみようかな。


 そんなメリルからは、ベサニーがサークルに連れて行かれてしまったことを慰められました。
 同じ魔導師だからか、ベサニーがどうなったのか気にかけているメリル。
 スプーン姉さんの発言からして、あまり酷い目にも合わず、生活できているようです。
 母親が面会に行ったようなので、会いに行くこともできるみたいですね。
 ただ、怖いのは未だに姿を見たことのないテンプル騎士団長・メレディスです。
 なんだかんだでテンプル騎士団とはいざこざ起こしちゃってるスプーン姉さんですから、
 妹がサークルに居ると知れたら、まずいことになるかもしれません。
 それにしても、メリルは何だか会話イベントが淡泊だなぁ。


 アンダースの診療所に行くと、イザベラが来ていました。
 入れ違いに出て行きましたけども。
 さてさて、アンダースはそろそろテンプル騎士団に嗅ぎつけられるのでは、と警戒しています。
 いくつか選択肢が出ましたが、「もっと安全な場所が必要だ」 というのがもっともすぎますよね。
 こんな開けっぴろげな診療所、ダークタウンにあったって、すぐ見つかっちゃいそうです。
 …と思ったら、予想外にその妥当な選択肢がロマンスアイコンでした。
 こ、この質実剛健な意見の何処にロマンスを挟む余地が……?(´Д`;)
 めちゃくちゃ気になったので選んでみたところ、やけにニヤニヤしながら
 「安全な場所にお前を閉じ込めておきたくなる」 とぬかすスプーン姉さん。
 そういうニュアンスかよ(;´Д`A
 しかも、これを選んでしまったせいか、その後の選択肢も、やたらロマンスアイコンが出ます。
 Σ( ̄ロ ̄lll) おめーを口説く気はないぞ
 何とか当たり障りのない選択肢でお茶を濁そうとしてみましたが、友好度は20の大幅増。
 ちなみに話の内容としては、テンプル騎士団の魔導師狩りが活発になってきており、
 それによってジャスティスをコントロールできなくなり、仲間を傷つけるかもしれないと悩んでおり、
 そうなるくらいなら死んでしまった方が良いのかもしれないと苦悩していました。
 アンダース関連でもメレディスがでてきそうな感じですね…。


 フェンリスのところへ行くと、またしてもイザベラと遭遇。
 どうもフェンリスは、この邸宅に留まり続けるため、イザベラに依頼して厄介ごとを片付けて貰ったようです。
 イザベラ、出て行くとき必ずこっちに目線を送ってくるんですが、一体どういう意味なんだか(;´Д`A
 フェンリスが話すことと言えば、やっぱりダナリアスのことです。
 この3年間、まったく手を出してはこなかったようですね。
 (*´ェ`) ………攻め込もうぜ。
 と例によって物騒発言をしてみましたが、どうも乗り気ではないフェンリス。
 あれー? 前は追ってこなければ、こっちから乗り込むって言ってなかったっけ。
 スプーン姉さんの提案は軽く流され、「逃げるのをやめたら何をすれば良い?」 と質問されました。
 何でも、フェンリスはリリウムの刺青を施された際の苦痛で、記憶を失ったのだそうです。
 フェンリスという名前も、ダナリアスがつけたもので本名ではないもよう。
 そんなことを言っておきながらフェンリスは、スプーン姉さんには関係のない話、と一歩引いてしまいます。
 おいおい、仲間だろー?と暑苦しく言ってみたのに、やっぱりサラッと流されました(ノд`)
 その割に友好度は10上がったので、気に入らなかったわけではないみたいですな。





<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
3年の軌跡
    コメント(0)