さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2012年02月21日

森とドングリと愛すべき長老


『Dragon Age : Origins』 プレイ日記 ~ササミの世界紀行~ vol.74
 因縁のオスタガー遺跡へ向かい、ケイラン王やダンカンの武具を手に入れたササミたち。
 しかし、マリク王の剣をくれるとは言ったが、それ以外の装備をくれるとは一言も言われていない。
 勝手に武具を失敬しているのは、ダークスポーンと変わりない行為じゃなかろうかと思うササミであった。




【ブレシリアンのはずれ】
 ダウンロードコンテンツが粗方終わったので、エルフを味方に付けるべく、ブレシリアンの森へ向かいます。
 同じエルフということで、ゼブランを連れて行ってみましょうか。
 デイルズエルフであるササミが、グレイ・ウォーデンであると知り、エルフたちは歓迎の意を示してくれました。
 しかし、彼らは今、ウェアウルフの呪いに蝕まれ、ウォーデンに協力する余裕はないと言います。
 ウェアウルフに噛まれたものは、死ぬか自らもウェアウルフになるしかありません。
 その元凶が、ウィサーファングと呼ばれる巨大なオオカミ。
 ササミは、自分たちがそのウィサーファングを探そうと申し出ました。

 ここの伝承者・ザスリアンは、数百年生きているそうです。
 かつて、エルフは不死の存在だったと言いますが、彼はそれに近い力を持っているもよう。
 彼の傍にある宝箱を開けようとしたところ、その弟子にむちゃくちゃ怒られました(;´Д`A
 これは、この事件を解決しないと開けて貰えないってことでしょうか。
 そうそう、集落の中をうろついていたら、ゼブランが 「母親がデイルズだった」 という発言がありました。
 なーんだ、ササミと同じだったんじゃないか。

 ところで、ここの職人・ヴァラソンから、ササミの父親の話が聞けました。
 彼は、ササミの居た部族と交流があったらしく、職人・アイレンのことも知っています。
 ササミの父は伝承者で、人間と交流を持ち、彼らから学ぶべきだという考えの持ち主だったそうです。
 なるほど、デイルズエルフを主人公にしたから、ここで少しそう言う情報が得られたんですね。
 シティエルフだとデネリムが故郷という設定ですから、デネリムに行くと、何かあるんでしょうな。
 それにしても、黴はてっきり、ここでササミの部族が出てくると思っていたんですけど。




【ブレシリアンの森 西部】
 森に入るとすぐ、オオカミウェアウルフに襲われました。
 ウェアウルフは、素早くて、そこそこ硬いといった印象ですね。
 アンデッドのように柔らかくはありませんが、武装したダークスポーンほど防御力が高いわけでもありません。
 攻撃力の方は、さほどでもないと思います。

 少し進むと、滝のほとりにウェアウルフが3人立っていました。
 毛色の違うウェアウルフは、スウィフトランナーと名乗りました。
 ウェアウルフのリーダーである彼は、ササミたちに森から出て行けと忠告します。
 どうやら、彼らは闇雲にデイルズとの戦いを望んでいるわけではないようですが、
 話をしたいと言うササミたちを信用もしてくれません。
 ウェアウルフたちは、「森が侵入者を始末する」 と言い残し、去っていきました。

 デイルズを襲って呪いを感染させたのはウェアウルフで間違いないようです。
 そして、彼らもまた、呪いに苦しんでいるもよう。
 でも、デイルズを襲っているのなら、何故、戦いたくないと言うのでしょう?
 強行派と、穏健派が居るってこと?
 それとも、デイルズ側に問題が?



 地図を見ると、エリアの南東側に、『樫の長老』 と書かれたポイントがありました。
 そこへ向かうため、坂を下っていると、突然、木が動き出します。
 (; д )  ゚ ゚ 吃驚するだろ!!
 これが、精霊が取り憑いた樹木ってやつですか。
 ワイルドシルヴァンは、絡みつく根で動きを拘束してきます。
 拘束時間が長いうえに、継続ダメージを受けるので、結構面倒ですね。
 ただ、さほど密集しているわけではありませんし、他の敵といっぺんに襲ってこないうちは、
 それほどの驚異とは言えませんな。
 さて、同族を殺しまくっているササミですが、樫の長老に話しかけてもよろしいでしょうか?

 やけに芝居がかった口調で話す樫の長老は、他のシルヴァンと違って、随分友好的です。
 ウェアウルフたちについて尋ねてみると、森が彼らを守っているので、容易には辿り着けないと教えられました。
 そして、もし自分の頼みを聞いてくれるなら、その問題を解決しても良いと言います。
 頼みというのは、盗まれてしまった長老のドングリを探し出すこと。
 自分の一部とも言うべきドングリが奪われたことに、長老はひどく心を痛めていました。
 ドングリを取り戻してくれたら、森がササミを木の一部だと誤認するようにしてやろう、と。

 長老、可愛いな(*´∇`*)
 良いでしょう、ササミがドングリを探してきますよ。
 長老の子ども、取り戻します。





<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
森とドングリと愛すべき長老
    コメント(0)