さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2013年07月11日

帰還と別れと焦げた鼻


『Dragon Age II』 プレイ日記 ~スプーン・フォーク 一代記~ vol.46
 遺跡の奥深く、宝物庫でひときわ大きな岩の死霊に遭遇したスプーン姉さん。
 裁きの雷を放ち、裁きの光を放つ裁きまくりの裁判官に大苦戦である。
 こんなことなら悪魔に土下座して助けてもらうんだった、と後悔するスプーン姉さんであった。




【地底回廊 ~古代の墓所~】 VS. 太古岩の死霊の悪鬼
 前回学んだとおり、最初の雷攻撃が大きな壁。
 ある程度攻撃すると、裁きの光を放ち、プロフェインを召喚してきます。
 これを乗り越えると、近接タイプに変化して、若干楽になるので、何とかそこまで持ち込みたいところ。
 しかし、戦士のフェンリスですら、雷を喰らうとモリモリHPが減っていく有様で、
 何度も何度も挑戦を強いられました。
 回復アイテムにも糸目を付けず、バンバン使った結果、何とか太古岩の死霊がフォームチェンジ。

 よーし、こっからが本番!
 球状になってゴロゴロ転がってくるので、狙われているキャラクターは一生懸命逃げます。
 球体から元の形態に戻った後の叩きつけ攻撃を回避したら攻撃チャンス。
 この回転からの叩きつけを数回繰り返している間が1番楽でした。
 ダメージを受ける機会が少ないので、アンダースの回復や、アイテムの冷却時間が切れ、
 充分に回復が追いつくので。

 ここでかなりのダメージを与えられたな、と思っていたら、再び裁きの光発動。
 安全地帯は把握しているので、各キャラを手近な石柱の影に批難させます。
 ふふふ……ご大層な攻撃の割に避けるのは簡単………
 (; д )  ゚ ゚ ヴァリックの顔が焦げる!!
 HPが減っていくので慌ててチェンジしたところ、ヴァリックの顔面だけが危険地帯に突っ込んでいました。
 な、何たる失態……(;´Д`A
 ダメージを受けてしまったヴァリックをヒールで回復し、召喚されたプロフェインを片付けます。
 アンダースが麻痺の魔法陣で2体麻痺させてくれたので、かなり楽に倒せました。
 崩れてしまった太古岩の死霊を一斉攻撃していると、奴が再度宙に浮きます。
 裁きの光か!?と柱の影に隠れたのですが、どうも様子が違うような……。
 Σ( ̄ロ ̄lll) 脅威の吸引力!!
 逃げ遅れたアンダースがゴロゴロ転がりながら、太古岩の死霊に引き寄せられていきます。
 その際、継続ダメージを受けているもよう。
 致命的なダメージ量ではありませんが、範囲が広いですね(´Д`|||)

 間接攻撃型にチェンジしてしまったらどうしようと思いましたが、また近接型でした。
 残りHPは1/3ほどです。
 攻撃方法は、回転、叩きつけに加えて、先ほどの吸引も使ってくるようになりました。
 また、球体になった直後、小さな爆発を起こす攻撃も使ってきます。
 回転は若干避けにくいですが、それ以外は回避しやすいので、踏ん張ってダメージ与えていきますよ!
 HPを1/4くらいまで減らしたところで、また裁きの光を放ってきました。
 復帰直後、雷を使ってきて絶望したのも束の間、ちょっと斬ったら叩きつけ攻撃に変わります。
 よ、良かった……(´Д`;)
 どういう状態だったのかは解りませんが、雷さえなければいける!!
 必死に斬りまくり、何とかそのまま押し切ることができました。




【地底回廊 ~古代の墓所~】
 Σ(゜Δ゜*) 10000XP!?
 強敵だっただけあって、尋常じゃなく経験値が貰えました。
 全員揃ってレベルアップです。
 実は、地底回廊から出たら 「ステータスとアビリティの振り直しができる」 アイテムを買おうと思ってます。
 最初の頃、前作になかった特性をよく理解しないまま、アビリティを習得してしまったので、
 クロスクラスコンボがほとんど使えないんですよね。
 このゲーム、良い装備って大概ダンジョンで手に入るので、お金は余りますし、
 ちょっと全員のアビリティを練り直してみようと思います。

 さて、そんなことはさておき、死霊が守っていたのは財宝(*´∇`*)
 一体どれほどのお宝が……(*´ェ`) そうでもなかった
 金貨50枚使ったのに回収できたのが20枚にも満たないとかどういうことだよ!!
 責任とれよ、ヴァリック!!
 …と激高しそうになったのですが、ヴァリックの台詞からして、手に入れた財宝を売って
 利益を得ようということみたいです。
 宝箱から地上へ行くための鍵も入手しましたし、万々歳ですね。




【ロウタウン ~ガムレンの自宅~】
 カークウォールへ帰還したスプーンが自宅へ戻ると、何故かテンプル騎士隊長のカレンが居ました。
 ベサニーが魔導師であることが知られてしまい、サークルタワーへ連れて行かれることになったのです。
 力ずくで阻止しようとするスプーンを止めたのはベサニーでした。
 彼女の中では、既にサークルへ行く決意は固まっているようです。
 カレンは、今回だけは背教者を匿っていたことを不問にすると言い残し、ベサニーと共に去っていきました。

 Σ( ̄ロ ̄lll) ベサニー離脱するの!?
 地底回廊へ行く前の選択って、この結末に関係あるのでしょうか?
 ベサニーを連れていかなかったからこうなったのかな?
 この先、ベサニーが復帰しないというのはあまり考えたくないですけど…。





<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
帰還と別れと焦げた鼻
    コメント(0)