さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2012年02月06日

嘘と欲にまみれた城主


『Dragon Age : Origins』 プレイ日記 ~ササミの世界紀行~ vol.72
 グレイ・ウォーデンが “反逆者” として追放された時代の要塞、ソルジャーズ・ピークへやってきたササミたち。
 ウォーデンたちは、アーランド軍に対抗するため、悪魔を召喚し、逆に殺されてしまったらしい。
 自分たちを殺した悪魔を、死んでも尚、支援するウォーデンに軽く殺意を覚えるササミであった。




【ソルジャーズ・ピーク 2階】
 指揮官室に居たのは、ソフィア・ドライデンの体を乗っ取った悪魔でした。
 悪魔は、このソルジャーズ・ピークに閉じ込められていると言います。
 ヴェイルを閉じる代わりに、ここから解放して欲しいと取引を持ちかける悪魔。
 自分を殺せば、ヴェイルは開いたままになり、多くの同胞たちがフェイドから現れるだろう、と。

 説得コマンドに、「先にヴェイルを塞げば解放する」 という選択肢がありましたが、
 同様の選択肢に (嘘を吐く) が付いているものもあります。
 ササミの話術 Lv.4があればいけるね( ̄∀ ̄*)
ササミ 「ヴェイル塞いでくれたら約束守るよ」
悪魔 「騙そうとしてるな」
 (; д )  ゚ ゚ バレてる!!
 つ、通用しないか……。
 ならばせめても、先にヴェイルを塞ぐことだけは納得させましょう。



 ソフィアの姿をした悪魔は、フェイドへの扉を塞ぐことを同胞は見過ごさないだろう、と言います。
 そして、ササミたちに、作業が済むまでの間、自分に同胞を近づけさせるな、と命じました。

 まず現れたのは憤怒の悪魔 (弱)
 今回は、あらかじめ黒クマちゃんを召喚しておいたので、比較的楽に対処できました。
 続いてシェイド (強) が登場。
 これを倒すと、間髪入れずに、灰の死霊が現れます。
 戦闘と戦闘の合間で、微妙に戦闘状態が解除されるので、HPが回復してくれて有り難いですね(*´∇`*)
 最後に出現したのが、欲望の悪魔
 アイスタッチコーンオブコールドを使う強敵です。
 こっちは氷結系の魔法を使えないので、凍らせることもできず、ごり押し!ごり押し!!
 全員で取り囲んで攻撃していたこともあって、何とかHPを削りきることができました。
 まぁ、ササミは大半の時間、凍らせられてましたけど(;´Д`A




【ソルジャーズ・ピーク 塔への橋】
 外の橋にはウォーデンのスケルトンがいっぱい。
 そして、トラバサミの罠もいっぱいあります。
 アンデッドたちをガン無視して、一生懸命、罠を解除するササミ。
 (*´ェ`) あっ、レベルアップした…
 どうにもこうにも情けないレベルアップの仕方です(;´Д`A
 それでもレベルアップはレベルアップ!
 マスターレンジャーを習得し、さらに動物召喚に磨きをかけます。




【アヴァナスの塔】
 塔の中で見つけた記録によれば、アヴァナスはウォーデンの力を引き出す実験をしていたようです。
 そのために、ウォーデンたちを実験体として使い、拷問まがいのこともしていたんだとか。
 そして、研究の成果であるポーションが机の上に置いてありました。
 (*´ェ`) ………飲んでみようか
 すると、若干の苦しみと共に、ササミが新たな能力を得たみたいです。
 タレントに、『血の力』 というものが追加されました。
 闇の足取りは、隠密状態でも動作が鈍くならないというパッシブタレント。
 血塗られた刃は、体力が減少していく代わりに、狡猾さに応じて攻撃力にボーナスが得られるもよう。
 うーん……どっちも微妙だなぁ。
 徐々に体力が減るってのを補う手段がないと、致命的ですもん。



 塔の最奥に居たのは、ブラッドマジックによって未だ生きながらえている魔導師・アヴァナス。
 レヴィは幼い頃トンネルに迷い込んで以来、ソルジャーズ・ピークへの道のりを、夢で見ていたと言いましたが、
 幼いレヴィに目を付け、夢にメッセージを送り続けていたのは、このアヴァナスだったようです。
 ですが、レヴィが望むような 「ソフィアが英雄である証拠」 が、彼から与えられることはありませんでした。
 アヴァナスはササミに、体が朽ちる前に、もう1度ウォーデンの力を引き出すための研究がしたいと言います。

 悪魔との取引どおりアヴァナスを殺すか、彼の実験を許可するか、あるいは実験を止めさせるか。
 うーん……利益になるなら、実験しても良いですけど、それを認めて 「実験体持ってこい」 とかいうクエストが
 発生しても困るし……、平和的な範囲で何か成果あげられんの?
 アヴァナスは、ものすんごく不満そうでしたが、まぁやってみると言ってくれました。
 最初から勘定には入れてないんだから、できれば儲けもんくらいの気概でやってみてくれ。
 じゃあ、悪魔と戦いに行きますか。




【ソルジャーズ・ピーク 2階】
 めちゃくちゃ怒ってるぅ~(´Д`|||)
 当たり前ですが、先にヴェイルを閉じさせたのに、魔導師を殺さなかったことで、悪魔は大激怒です。
 それに関しては言い訳するつもりもないので、潔く戦いましょう。
 Σ( ̄ロ ̄lll) 弱っっ!!
 何故か、悪魔の姿に戻るわけでもなく、ソフィアのまま挑んできました。
 しかも、まったく一般人と変わらない強さです。
 おい…少なくとも、グレイ・ウォーデンの提督だったんじゃないのかよ(;´Д`A

 ソルジャーズ・ピークに安全が戻ったことを喜ぶレヴィですが、祖先が英雄である証拠は見つかりませんでした。
 過去ばかり見てきた自分は、これからどうして良いか解らないと嘆きます。
 そんな彼を引き留めると、交易品の保管場所を探している従兄弟に連絡を取る、と言ってくれました。
 この要塞で商売をして、ササミたちには交易品を格安で譲ろう、と。

 これでササミは要塞の城主になったそうですよ。
 城ゲットというと、幻想水滸伝を思い出しますね。





<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
嘘と欲にまみれた城主
    コメント(0)