さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2012年01月18日

赤白帽の着用を義務づけたい戦闘


『Dragon Age : Origins』 プレイ日記 ~ササミの世界紀行~ vol.65
 実力的に苦労してブルードマザーを倒したササミたちの前に、頭脳的に苦労する名もなきボスが立ちはだかる。
 足りない脳味噌をフル稼働して、何とか先へ進むことができたササミたち。
 そこには、ササミ本人は、別に求めてもいない虚無の金床が……。




【虚無の金床】
 虚無の金床でササミたちを迎えたのは、パラゴン・キャリディンを名乗る1体のゴーレム。
 彼のつくりあげたゴーレム軍団は、圧倒的な力を誇っていましたが、その製造には人の命が必要になります。
 当時の王は、志願兵だけに留まらず、多数の犠牲者を出し始めました。
 そして、耐えきれず、ゴーレムの製造を拒否したキャリディンをも、金床に乗せたのです。
 ゴーレムのコントロール方法はキャリディンしか知らなかったため、自我を保つことはできたものの、
 ゴーレムになってしまったことで、金床を破壊することもできず、ここに留まり続けてきたのだとか。
 ササミたちに、金床を壊してくれるよう頼むキャリディン。
 そこへ現れたブランカは、金床は誰にも渡さない、とキャリディンに食って掛かります。

 ここで、ブランカに協力して金床を守るか、キャリディンに協力して金床を破壊するかの選択がありました。
 ……正直、ブランカ嫌いなんだよな(´Д`;)
 確かハロモントが、「ブランカが死んでいたら、遺体を持ち帰れば良い」 とか言ってましたよね。
 よし、キャリディンの味方になろう。

 金床を壊す、と言うと、モリガンが反対してきました。
 しかし、説得コマンドで、「お前もゴーレムにしてやろうか」 というデーモン小暮ばりの台詞が出たので、
 それを選んだところ、好感度が1下がるくらいで済んだみたいです。
 代わりに、オグレンの好感度が10も下がりました(;´Д`A




【虚無の金床】 VS. ブランカ
 ブランカは独自にゴーレムを操る方法を見出していたらしく、金床の間に居たゴーレムたちをけしかけてきます。
 ところが、ゴーレムに攻撃しようとしたところ、何故かダメージが通りません。
 ど、どういうこと……?
 Σ( ̄ロ ̄lll) こいつら味方だ!!
 キャリディンが操っている味方ゴーレムと、ブランカの敵ゴーレムが入り乱れているのですが、
 (#゚Д゚) 見分けがつかねーよ!!
 足下に表示されているサークルの色は違うのですが、混戦状態ではそこまで見ていられません。
 泡を食った挙げ句、全滅してしまいました……。

 その後も、味方ゴーレムが弱いせいで、敵を食い止めることができず、敗北を重ねます。
 結局、あるときに味方生存状態で、石のゴーレムが全滅したので、
 そのままブランカも押し切ることができましたが、どうして勝てたか解りません(;´Д`A




【虚無の金床】
 金床を破壊する代わりに、新たな王の支持を求めるササミ。
 するとキャリディンは、王のために王冠をつくってくれました。
 ササミの望む相手に、この王冠を渡せと言うキャリディン。
 今度は彼の望みを叶えるため、ササミは金床を破壊します。
 そして、キャリディンは、長すぎる生に決着をつけるべく、自ら溶岩の中に身を投げました。

 仲間になってくれたりしないかな、と期待していたのですが、そうもいきませんでしたね。
 ともかく、この王冠を持って、オーズマーへ戻りましょう。
 いやぁ…長い旅だった……。




【オーズマー】
 議会は紛糾していました。
 即時投票を求めるベイレン派と、それを拒否するハロモント派が対立しているのです。
 そこへ、グレイ・ウォーデン帰還の報せが持ち込まれました。
 ササミたちが、パラゴン・キャリディンの末路と、彼の遺した王冠のことを告げると、
 議長は、その王冠を受けるものが、次代の王であると宣言します。

 この期に及んでも、まだベイレンとハロモントの選択ができました。
 ここまできて、ベイレンに王冠を渡すというのも面白かったのですが、
 初めて会ったベイレンが、あまり好きになれない感じだったので、そのままハロモントに渡します。

 議長による戴冠の儀を終え、ハロモントは新たなオーズマーの王となりました。
 しかし、この決定に同意できないベイレンは、議会の場で武力に訴えるという暴挙に出ます。

 ベイレン派の兵士や貴族も襲いかかってきますが、非常に弱いです(;´Д`A
 結局、ベイレンは死んでしまった…というか、ササミに殺されてしまいました。
 これで、ハロモントが王であることは揺るぎないものになったわけですね。
 ドワーフからもグレイ・ウォーデンへの援軍を出す約束を取り付け、オーズマー編もこれにて終了です。
 また、オーズマーに戻ってきていた 『死の軍団』 のリーダー・カードルに出会いました。
 初めは、防衛戦を守らなければならないので、地表での協力はできないと言っていたカードルですが、
 説得してみると、地表で戦うことを決意してくれます。
 こりゃ有り難い(*´∇`*)





<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
赤白帽の着用を義務づけたい戦闘
    コメント(0)