さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2012年01月14日

ギョーカイ人のジレンマ


『ギフトピア』 プレイ日記 vol.28
 さて、テンジンさまを商売に使うことには反対したわけですが、テンジンさまをマスコットにした
 アミューズメントパーク、その名もテンジンランドは予定通り建設されることに。
 うーん、自然を売りにした島の観光としては、どんなもんだろか…。
 そんでもって、テンジンランドに予算を持って行かれたエジンソ博士は、チャン氏らをあっと言わせるべく、
 新たな発明に着手したもよう。




【バー オスメス】
 役場へ行くと、毎度のことながら、工事を頼まれたメットさんに遭遇。
 ところが、何だか今回は意気消沈しています。
 その夜、何気なくピービーさんのバーへ行ってみると、常連のルミコさん、SP1の他に、メットさんの姿が。
 どうやら、テンジンランドの建設地が、ルミコさんとの思い出の場所らしく、
 工事をしたくないと飲んだくれているようですね。
 まあ、案の定、ルミコさんには一喝されてしまったわけですが(;´Д`A




【ルミコのネガイ : レコードかけて】 思い出のレコードを島中に流す
 メットさんの方は動きがなかったので、ルミコさんを追ってみることにします。
 ナナシホテルの201号室へ行くと、真っ暗な部屋の中で、何やらごそごそ棚を引っかき回していました。
 何を探しているのかと思ったら、若かりし頃、メットさんとの思い出が詰まったレコード。
 そのレコードを、メットさんにも聞こえるよう、島中に流して欲しいというのがルミコさんのネガイです。
 所謂、懐メロで、チグニータのラ・チートイツというそうな。

 島中に流すと言えば、ナナシFMしかないでしょ。
 というわけで、DEEJさんに頼みにいきますが、断られました…(´Д`;)
 いや、前に彼女と雑談していたときに、「チグニータってどう思う?」 と聞かれたことがあったんですよね。
 そのとき、好意的な返答をしたら、「チグニータなんてダサい!」 と一蹴されてしまったんです。
 だからイヤ~な予感はしていたんですが、はっきりきっぱり断られてしまいました。
 そこで、こっそりナナシFMに忍び込んで…と思ったのですが、DJブースには入れず。



 しばし悩みましたが、悩んでもどうにもならないので、ラブデリ系の基本・情報収集に立ち返ります。
 すると、意外なところからヒントが得られました。
 アンさんにレコードを見せたところ、「DEEJはチグニータの大ファン」 と言うではありませんか。
 Σ( ̄ロ ̄lll) どんな愛情の裏返しだよ!!
 更にアンさんは、DEEJの部屋にチグニータのレコードがあるはず、と。

 (#゚Д゚) 家捜しじゃーい!!
 DEEJさんの自宅に押し入り、レコードの入った箱から、チグニータのノスタルジアを発掘。
 くらえ!とばかりに突きつけてやると、DEEJさんは観念しました。
 時代遅れで少々ダサめだと思いつつも、大好きなんだそうで。
 ダサいけれど好きと公言するのは憚られて、人前では貶していたのだとか。
 なるほど、そういう理由だったのか。
 好きな曲とカッコイイ曲はイコールじゃないんですよね~。
 どう考えてもダサいわ、と思いつつも、好きな曲って結構あります(*´∇`*)
 それはともかく、DEEJさんが 『ラ・チートイツ』 をナナシFMで流すと約束してくれました。



 夜のナナシFMで島中に響く 『ラ・チートイツ』 。
 バー・オスメスで酔いつぶれていたメットは、思い出の曲を聴いて、店を飛び出していきます。
 向かった先は、ルミコとの思い出の場所。
 そこには既にルミコの姿がありました。
 彼女は、思い出の場所が無くなったら、また思い出をつくれば良いとメットを一喝します。

 元夫婦の愛が激しく燃え上がり、リズムに乗って踊り出しました(;´Д`A
 延々と続く愛のダンシングですが、夫婦のよりは戻るんでしょうかね。





<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ギョーカイ人のジレンマ
    コメント(0)