さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2012年01月13日

今際の際の人違い


『Dragon Age : Origins』 プレイ日記 ~ササミの世界紀行~ vol.63
 オフィシャルサイトにも出ていたボス・ブルードマザーに、最悪の攻撃をされて気絶したササミ。
 肉体的にも精神的にも地獄を味わった敗北戦であった。




【死の前線】 VS. ブルードマザー 悪戦苦闘編
 この面子では無理と判断し、一旦、外に出て、ゼブランとモリガンを交替させてきました。
 ブルードマザーは移動しないので、モリガンのブリザードで継続的ダメージを狙います。
 そして、ダークスポーンの猛攻を、回復役2人にして何とか乗り切りたい…。
 と思ったのに、全然、駄目だぁ…・゚・(ノД`;)・゚・
 ブリザードの効果中に、手前のブルードマザーの触手をすべて片付け、
 吹雪がやんだところで、モリガンがコーンオブコールドブルードマザーを凍らせるところまでは
 順調に進み、HPを半減させることに成功しました。
 けれども、呼び声を使われた時点で総崩れになります。

 次に黴は、ブルードマザーの背後にある岩壁の向こうに、道があることに気が付きました。
 Σ(゜Δ゜*) これしかないだろ!!
 呼び声でダークスポーンを呼ばれたら、そこに逃げ込むのです。
 そうすれば、本体や触手に悩まされることなく、ダークスポーンだけを………
 そんなことはなかったぜ…(´Д`|||)
 触手は、さも当然のように床から出てきますし、本体の毒液も飛んできています。
 いやいや……壁があるのに、おかしいだろ………or2




【死の前線】 VS. ブルードマザー 決着編
 ブリザード中に触手を倒し、コーンオブコールドで凍らせて集中攻撃。
 ここまではパターンができあがっており、HPを半減させることに成功しました。
 しかし、このパターンが終わる頃に、やはり呼び声発動。
 ブルードマザーの近くにいると、危険極まりないので、とにかく距離を置きます。
 すると、モリガンが丁度良い位置でコーンオブコールドを発射してくれていました。
 ダークスポーンが2~3体凍ってくれたため、残りのダークスポーンを安全に撃破。

 ここで再びブルードマザーブリザードを喰らわせます。
 その間にブルードマザーの触手をすべて片付けて、本体に特攻!!
 ササミが死んだ……(´Д`;)
 それほどHPが減っている気はしなかったのですが、触手の一振りで気絶してしまいました。
 そこで、ウィンにリリウムポーションを使って、リザレクションでササミを蘇生……
 Σ( ̄ロ ̄lll) 間違った!!
 このスペル、範囲内の味方を蘇生するというものなのに、ダークスポーンの死体とササミを間違えました…or2
 最悪のミスをしている間に、再び呼び声を使われてしまいます。
 今回出てきたのはシュリークジェンロック
 HPが低い分、ハーロックよりも楽です…が、オグレンは囲まれてしまい、気絶です。
 残るはウィンとモリガンの魔導師組のみ。



 今までにないくらいリリウムポーションを多用し、攻撃と回復に努めます。
 そして、ウィンがブルードマザーストーンフィストを……
 (; д )  ゚ ゚ モリガンが!!
 しまった…ストーンフィストにFFがあるのを忘れていました……。
 ウィンの攻撃でモリガンが気絶するという最悪の事態です。

 ウィンだけになってしまいましたが、もうすぐリザレクションの冷却時間が終わります。
 それまで、回復薬で命を繋ぎ、ダークスポーンと戦うウィン。
 何とかかんとか、ダークスポーンを一掃した直後、リザレクションが使用可能になりました。
 今生き返らせるべきは……( ゚Д゚) モリガン、お前だあ!!
 モリガンを蘇生し、ブルードマザー本体を狙います。
 触手はありますが、無視無視!!
 コーンオブコールドで凍らせてから、ブリザードを発動します。
 Σ( ̄ロ ̄lll) 発動できない!!
 詠唱時間が長いせいで、触手に邪魔されて、中断されてしまいます。
 こうなりゃ、もう一発コーンオブコールド
 そして、ガチンコ勝負だ!!
 リリウムポーションを飲み、ありったけの魔法を叩き込むモリガン・
 ウィンが気絶し、彼女が引きつけてくれていた触手が襲ってきて、もう駄目かと思いましたが、
 間一髪、ブルードマザーを撃破することができました!
 いやっほぉおおおぉぉ!!(*´∇`*)
 本気で詰んだと思ったよぉぅぅぅ・゚・(ノД`;)・゚・





<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
今際の際の人違い
    コメント(0)