さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2011年12月25日

Review 『BATEN KAITOS -終わらない翼と失われた海-』


Review 『BATEN KAITOS -終わらない翼と失われた海-』
総合評価 ★★★★★

 発売元:ナムコ (開発元:モノリスソフト/トライクレッシェンド)
 ジャンル:RPG
 発売日:2003年12月5日

かつて人間は邪神との戦いに勝利し、邪神を封印することに成功した。
しかし、戦いの影響で大地は荒れ果て、人々は空の世界への移住を余儀なくされる。
時が流れ、大地や海が伝説の存在となった頃、封じられた邪神を復活させようとする者が現れた。
帝国アルファルドの皇帝・ゲルドブレイムである。
精霊憑きの少年・カラスは、皇帝の野望を阻止せんとする少女・シェラと出会ったことで、
エンドマグナスを巡る帝国との争いに巻き込まれていく。


このレビューは、黴の完全なる独断と偏見でお送りしています。
各項目の評価は★×1~5と☆=0.5で為されていますが、こちらも勝手気ままに付けておりますので、御承知くだされ。




システム ★★★★★
 マグナスと呼ばれるカードを使った戦闘ですが、じっくりゆっくりカードを選ぶのではなく、
 制限時間内にどんどんカードを切らなければならず、即断が求められるシステムです。
 役をつくることで与ダメが増したり、反属性でダメージが相殺されたりと、覚えることは色々あれど、
 それほど複雑ではないので、難しくて理解できない…ということはないでしょう。
 “習うより慣れろ” といった感じで、次第に瞬時の判断で最適な役をつくれるようになっていきます。
 相手の攻撃を防御するのも、一瞬の判断で行わなければならず、常に緊張状態におかれます。
 その性質上、戦闘の倍速やオートは不可ですので、戦闘にかかる時間は長くなりますが、
 シンボルエンカウントですし、面倒ならば戦闘は避けることができます。
 また、マグナスが時間経過で変化していったり、戦闘中に特定のマグナスを組み合わせることで
 新たなマグナスが手に入ったりするシステムも魅力的。
 米を炊き、酢と合わせて酢飯にし、ワサビを添えて寿司をつくる…などということも可能です。

 そして何より、レベルアップは任意というのが素晴らしい!
 マグナスを入手するために、たくさん雑魚戦をこなしても、溜まった経験値でレベルアップするかは
 プレイヤー次第なので、その気になれば初期レベルのままということも可能なわけです。
 RPGをプレイすると、いつも寄り道の結果、高レベルになってしまう黴としては、
 是非是非、他のRPGでも取り入れて欲しいと考えているシステムなんですよね。


操作性 ★★★★★
 特に操作に不満を覚えたところはありません。
 ロードもまったく気にならず、スムーズなので、プレイはサクサクできます。


ストーリー ★★★★★
 世界の危機を救う王道的なストーリーかと思いきや、中盤の衝撃的なイベントは
 多くのプレイヤーに強烈なインパクトを与えるのではないでしょうか。
 しかも、唐突なものではなく、ゲーム冒頭から伏線を潜ませてのどんでん返し。
 あの驚愕のために、是非予備知識無しでプレイしたいゲームです。
 また、全編通してサブイベントも、非常に面白かったです。
 序盤から終盤まで楽しめるクズマーン一族は、かなり良い出来のクエストだと思いました。
 ギルドクエスト形式ではなく、小さなメダル形式ですね。
 


グラフィック ★★★★☆
 戦闘以外は、カメラがかなり引いているので、細かいところまでは見えませんが、
 気になるような粗はありませんし、何も問題はないかと。
 





黴のお気に入りポイント
 ◆緊張感のある戦闘システム
 ◆SPコンボを探す楽しさ
 ◆レベルアップが任意


黴のイマイチポイント
 ◆1回の戦闘が長い
 ◆マグナスがほとんど買えないので戦闘で稼ぐ(or つくる)しかない

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
Review 『BATEN KAITOS -終わらない翼と失われた海-』
    コメント(0)