さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2011年12月21日

所謂ひとつのパワーインフレ


『Dragon Age : Origins』 プレイ日記 ~ササミの世界紀行~ vol.56
 闘技試合優勝に続いて、犯罪組織を壊滅させたササミたち。
 しかし、王様候補の要求はまだまだ止まらない。
 そろそろいい加減にしろよ、と言いたい気持ちをグッと堪えて、地下へと向かうササミであった。




【オーズマー】
 ハロモント卿優勢の報せに、ベイレン王子は2日後の強行採決を提案しました。
 この短期間で、王位を盤石なものとするには、パラゴンによる支持しかありません。
 ハロモント卿はササミたちに、地底回廊へ潜ったパラゴン・ブランカの捜索を命じます。

 2年前にダークスポーンの巣みたいなところへ入って、未だに出てこない一団を捜せとは無茶なことを…。
 しかも、死んでいたら彼女の遺体か遺品を持ち帰るだけで良いと言います。
 そうすれば、「彼女がハロモント卿の使いを自分の遺品に導いた」 ことになるんだとか。
 そんなもんかなぁ…。

 地底回廊へ向かおうとしたササミたちを、オグレンというドワーフの戦士が呼び止めました。
 彼はパラゴン・ブランカの夫で、これまで何度も捜索隊を指揮して妻を捜してきましたが、いずれも失敗。
 現在は、無駄に犠牲を出してばかりいる酔っぱらいと、貴族たちから蔑まれているようです。
 グレイ・ウォーデンがパラゴン捜索に乗り出したと聞いて、同行するために待っていたもよう。
 ササミたちは、ブランカの情報と引き替えに、オグレンを仲間に加えることになりました。

 オグレンはサブクラス・狂戦士で、狂戦士の固有タレントは既にすべて習得済み。
 戦闘時の体力回復が早いようなので、タンク役として良いかもしれませんな。
 ストーリーにも関わってくるでしょうし、彼は加えるとして、残りの枠にはウィンとゼブランを選びました。
 ササミ・ウィン・モリガン+1のチームが好きなのですが、さっきもその組み合わせだったので、今回はやめます。




【地底 キャリディンの十字路】
 キャリディンというのは、帝国時代に存在したゴーレムの発明者で、彼がゴーレムを鍛えるために
 使用した金床こそが、ブランカの探し求めているものなのだそうです。
 で、この十字路から行けるオータン洞穴が、かつてのキャリディンの家だったと。
 立派に整備された十字路は塞がれていて先に進めず、壁に穴が開いて、岩肌の洞窟に繋がっています。



 基本的に、敵の反応があったら、仲間3人とオオカミちゃんを待機させ、ササミが先行。
 数体の敵を釣ってきて、みんなでボコるという毎度お馴染みの戦法で進んでいきます。
 ところが、広間のダークスポーンを片付けていると、いきなり罠が作動。
 ササミが気絶してしまいました。
 幸先悪いなぁ…。
 しかし、ウィンが負傷を治療する浄化のオーラを覚えたので、キットを使わなくても大丈夫。
 ウィンが益々、ダンジョン探索に欠かせない存在になりましたな。

 その先の橋の上にハーロックアルファが1体だけ居ました。
 何の気なしに突っ込むと、何故かウィンとオグレンが気絶。
 振り返れば、いつの間にやら沸いていたダークスポーンたちに背後を取られていました(;´Д`A
 結局、そのまま全滅するハメに…。
 今度は増援が沸いたら、即座にウィンが地震を放って足止め。
 その間に、ハーロックアルファを倒してから、増援を始末します。
 それでも、ウィンとオグレンは気絶してしまいましたけども…or2
 ただ、こういう状況になると、オオカミが実に良いタンク役です。
 レンジャーになって良かった~(*´∇`*)

 苦労して渡った橋の向こうにも、ダークスポーンがわんさか居ます。
 幸い、弓兵が多いのでピンチにはなりませんが、それでも数が……Σ( ̄ロ ̄lll) オーガだ!!
 向こうから、ドスンドスンとオーガが登場。
 しかし、背後さえ取れば、案外あっさりと倒してしまいました。
 まぁ、序盤のボスが、中盤になるとポロポロ出てくるのは、よくあることですよね。
 ちなみに、ササミがトドメを刺すと、あのオスタガーの戦いで見たのと同じモーションが入ります。





<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
所謂ひとつのパワーインフレ
    コメント(0)