さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2011年09月13日

お抱え暗殺者獲得


『Dragon Age : Origins』 プレイ日記 ~ササミの世界紀行~ vol.33
 久々にレッドクリフへ戻ってきたササミ。
 しかし、タイムリミットは2~3日だったはずなので、タワー内の長い長い出来事は、1日足らずで起きている。
 1試合を数ヶ月かけて掲載するスポーツ漫画の如しだな、と思うササミであった。




【細長い道】
 一旦、レッドクリフの村に入って、その後、ワールドマップからレッドクリフ城に移動したところ、
 この近距離で、ワールドマップ上の戦闘が発生してしまいました。
 そんな馬鹿な!と思ったら、これメインストーリー上のイベントですね。
 荷車が襲われた、と助けを求める若い女性。
 しかしそれは、ロゲイン公の雇った暗殺者の罠でした。

 Σ( ̄ロ ̄lll) いきなり麻痺した!!
 魔導師タイプの敵を狙いに行ったら、暗殺者・ゼブランの真横で麻痺してしまいました…or2
 当然、サクサク斬られてしまうササミ。
 何とか麻痺を脱して、魔導師を倒しに行くも、相打ち状態で気絶です。
 同時にアリスターも気絶したので、残るはモリガンとウィンの魔導師組のみ(;´Д`A

 しかし、意外にも彼女たちだけでゼブランを撃破してしまいます。
 良かった…と思ったら、戦闘がまだ終わっていません。
 (; д )  ゚ ゚ ウィンがやられた!!?
 遠くから飛んできた矢が刺さって、ウィンが気絶…。
 残るはモリガンだけです。
 …が、相手はモリガンと離れすぎているので弓しか攻撃手段がなく、ダメージが微々たるもの。
 モリガンだけでも何とか倒すことができました。



 ササミたちを襲ったのは、アサシン集団 『黒カラス』 の一員である、エルフのゼブラン。
 気絶したゼブランを叩き起こして問いただすと、ロゲイン公の命令だったことを白状しました。
 そして、失敗した以上、黒カラスに命を狙われる身になってしまったと言い、
 グレイ・ウォーデンであるササミに、自分を雇って欲しいと持ちかけます。

 何だか、とらえどころのない、ふわっとしたタイプですね、この男。
 でも仲間は欲しいし、こいつと仲良くなったら、モリガンみたいにサブクラス教えてくれるかも…。
 アリスターは大反対しましたが、仲間にすることにします。
 すると、アリスターのみならず、モリガンの好感度も、少し下がったのが吃驚 (´・ω・`)




【レッドクリフ城】
 色々遠回りしましたが、やっとレッドクリフ城に到着しました。
 駆けつけてくれたサークル魔導師たちのおかげで、フェイドへ行く儀式が出来るようになりました。
 しかし、この儀式でフェイドへ入れるのは、1人の魔導師のみ。
 誰かを選抜しなければなりません。

 現時点で、モリガンやウィンがパーティーに居ない可能性があるからでしょうか、
 ジョワンやアーヴィングに行って貰うこともできました。
 初めは、ウィンにしようかと思ったのですが、彼女を選ぶにはパーティー編成をし直す必要があるとのこと。
 それは面倒なので、モリガンに行って貰いましょう。




【フェイド】
 怠惰の悪魔のつくったフェイドに比べたら、ぬるくて仕方ないですな(´m`)
 フェイドの中にいるコナーに話しかけ、彼に化けていた悪魔を倒します。
 すると、逃走するので、再びコナーを捜し、悪魔を倒す…の繰り返し。
 モリガン1人でも、充分すぎるほどです。





<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
お抱え暗殺者獲得
    コメント(0)