さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2011年09月08日

適材適所を思い知る一戦


『Dragon Age : Origins』 プレイ日記 ~ササミの世界紀行~ vol.31
 詰んだか?と思うような状況でも、工夫次第で何とかなると、ゲームは楽しいですね。
 どうしても駄目でレベル上げに走ってしまったときは、何となく負けたような気がします(;´Д`A




 今度こそ、大丈夫!と思って挑んだ第2戦。
 ところが、そもそも敵が強すぎて、歯が立ちません・゚・(ノД`;)・゚・
 悪鬼による怒濤の集中攻撃で、タンク役のアリスターが気絶し、総崩れに…。
 さらに、ウルドレッドの使うフロストバースト念動の牢獄で、
 味方の足が止まってしまうことも多く、そうなればもはや終わりです(;´Д`A
 何度も何度も失敗して、試行錯誤を重ねます。
 しかし、このゲーム、最初はガチンコ殴り合いが主で、レベルアップ=強さという印象でしたが、
 実際にやってみると、戦略というか、細かな指示が必要で、面白いですね。




【サークルタワー 試練の間 VS. ウルドレッド】
 まず、開始早々にアクションメニューでポーズをかけ、モリガンにチェンジしました。
 この位置からコーンオブコールドを放つと、ウルドレッド悪鬼2体が凍ります。
 その隙に、サイドから来る残りの悪鬼を撃破!
 氷結が解除された悪鬼がアリスターを襲いに来るので、ササミは背後に回って攻撃します。
 ここでウルドレッドファイヤーブラストでアリスター気絶(;´Д`A
 しかし、何とか悪鬼は全滅させることができました。
 ただ、ウルドレッドのHPは、ほぼ満タンです…or2

 モリガンとウィンが、互いにヒールを使えるようにしてあるので、彼女たちは比較的安全。
 魔導師がブラッドマジックにかけられたので、ササミが走っていき、連祷を使います。
 さぁて…ここからはアリスターがいない中、ウルドレッドを倒さなければなりません。
 ササミが注意を引きつけている間、モリガンとウィンが背後からスペルで攻撃。
 ササミのHPが危なくなったら、どちらかがヒールをかけてくれます。
 ブラッドマジックに対しては、ササミが使わなくてもいけるようなので、臨機応変に操作キャラを変えて対応。
 それにしても…火力が足りない!!(´Д`;)
 2人分のヒールで持ちこたえてはいますが、与ダメが低すぎて、未だ半分も削れていません。
 と、ここでササミがぶっ飛ばされた瞬間にブラッドマジック発動。
 仕方なく、ウィンが連祷を使用しに向かったところ、モリガンが気絶してしまいました。
 こ、これは…じり貧か?

 ササミに切り替えて、やけくそで斬りつけていったのですが、ウィンの援護で意外にも保ちます。
 しかも、何とここでウィンが、回生のリザレクション
 アリスターが気絶から復帰しました。
 ウィン、あんた救世主だよ!!(*´∇`*)
 操作キャラをアリスターに変えて、クイックヒールで回復し、参戦させます。
 Σ(゜Δ゜*) タンク役がいるだけで、ササミのダメージがこうも違うか!
 ローグの真骨頂はバックスタブというのが、改めて実感できました。
 残念ながら、モリガンは気絶状態のままでしたが、3人生存状態で撃破です!




【サークルタワー 見習い区】
 筆頭魔導師・アーヴィングは、酷く消耗していますが、何とか無事でした。
 魔導師が無事だったことに驚くテンプル騎士団は、事態を治めたササミたちに大いに感謝し、
 グレイ・ウォーデンに、サークルの魔導師を協力させる許可を出します。
 これにより、ウィンは正式にグレイ・ウォーデンの仲間となりました。
 同時に、コナーを救うため、サークルの魔導師がレッドクリフまで来てくれることになります。

 いやぁ…長い戦いでした……(;´Д`A





<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
適材適所を思い知る一戦
    コメント(0)