さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2011年09月04日

より怠惰な方が勝つ!


『Dragon Age : Origins』 プレイ日記 ~ササミの世界紀行~ vol.29
 ついに中央の聖域へ入ることができました。
 正直、ここで詰むかと思いましたが、何とかHARDのままでもいけるものですね。




【怠惰の悪魔の聖域 VS. 怠惰の悪魔】
 怠惰の悪魔と対峙するササミの元に、仲間たちが現れました。
 大人しく元のフェイドに戻れば、もっと幸せな夢を見せてやる、という怠惰の悪魔。
 拒否するササミを愚かと笑い、怠惰の悪魔は巨大な姿に変身しました。

 死にました……(´・ω・`)
 ただでさえ強いのに、倒しても第2・第3形態があるんですよ!
 もう絶対詰んだー!……と思ったのに、やればやれるもんですよね。
 死んで死んで、また死んでの間に、徐々にコツを掴んできました。
 そして、最後の手段として、仲間の回復アイテム解禁の決意。
 正直、所持金と照らし合わせると、仲間にアイテムを使わせる余裕はなかったのですが、今回ばかりは…!
 ということで、アリスターとスナギモにはHP回復アイテム、ウィンにはマナ回復アイテムを、
 自動で使用するような作戦を指示しました。

 第1形態のオーガタイプは、『精霊』 に変身して対処します。
 頼みの綱の念動の牢獄が効かないため、アイスタッチによる凍結効果と、
 リジェネレーションによるアリスターの支援を担当。
 また、ササミ自身にもリジェネレーションをかけ、囮役にもなります。
 リジェネレーションは冷却時間も短いので、再使用可能になったら、どんどん使う感じで!
 これにより、ほぼHP満タンの状態で、第2形態にいけました。

 第2形態は炎の悪魔なので、『燃えさかる男』 に変身。
 他の仲間は炎で大ダメージを受けるので、頑張ってこちらにターゲットを向けます。
 そして、仲間のHPが危険なら、アクションメニューを開いた状態で操作キャラを変更し、クイックヒール!
 アクションメニューを使って安全にキャラチェンジをすることを、この戦闘でようやく覚えました(;´Д`A
 ひたすら愚直に斬りつけ、第2形態撃破したときには、運良く皆のHPが完全回復した状態でした。

 第3形態は悪鬼タイプ。
 こいつは通常攻撃しかしてこないようなので、『燃えさかる男』 のまま、ひたすら斬ります!
 しかも、アリスターのシールドバッシュがうまく決まってくれました。
 ダウンとは違うのかもしれませんが、膝を突いた状態でしばし動きを止めるので、どんどんHPが削れます。
 何と、ほぼ無傷で撃破に到りました(*´∇`*)

 第4形態ですが、これも特殊な攻撃はしてきません。
 せいぜい叩きつけぐらいでしょうか。
 斬って斬って斬りまくれば、簡単に倒せました。

 そして最終形態は、本来の怠惰の悪魔の姿。
 (; д )  ゚ ゚ ぎゃあぁぁあ!! 何このダメージ!!
 チェインライトニングという魔法で、サクサクサクっ!とHPが削られていく一同。
 さらに、ブリザードとう技で周囲に冷気を纏い、近づくとダメージが入ります。
 これにより、氷漬けのまま、ウィンが気絶してしまいました(ノд`)
 アリスターやスナギモは、自分たちで回復アイテムを使ったので、何とか無事です。
 急いで駆け寄り、攻撃を加えようとしたところ、駄目押しのファイヤーボール
 鬼!悪魔!!・゚・(ノД`;)・゚・
 しかし、これが逆に好機となりました。
 FFで怠惰の悪魔本人もダメージを受けたばかりか、燃えてしまっているのです。
 この機を逃すな!と3人で一斉に襲いかかり、残りHPを何とか削りきりました。
 や、やった……。
 ガチで無理かと思った……(´Д`;)



 怠惰の悪魔を倒したことに驚愕する二アール。
 これで彼も解放されますが、あまりに長くここに居たため、魂が肉体に戻ることはできないようです。
 自身の遺体が持つアドラーラの連祷をササミたちに託し、二アールはフェイドから去っていきました。
 ……ようやく現実世界に戻ってきたササミは、横たわる悪魔と二アールの遺体を見つけます。
 二アールの懐には、確かにアドラーラの連祷がありました。

 てっきり二アールは、ササミたちの直前に倒れたと思っていたのですが、そんなに時間の隔たりが?
 ともあれ、残念な結果に終わってしまいましたね。





<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
より怠惰な方が勝つ!
    コメント(0)