さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2011年07月28日

名前からして強い


『Dragon Age : Origins』 プレイ日記 ~ササミの世界紀行~ vol.20
 酒場のベラから職場の愚痴を聞かされたササミ。
 下心満載で、君を助けたい、などと囁いたら、彼女が新天地へ行く生活費を負担することになってしまう。
 金貨1枚か、5枚かの選択を迫られ、泣く泣く5枚を選んだが、特に期待したような御礼はなく、
 涙がことさらしょっぱいササミであった。




【レッドクリフ城 地下】
 風車の隠し通路を通って、レッドクリフ城に侵入しましたが、とんでもない失敗をやらかしました。
 スタンとレリアナを戦闘に出して、彼らが負傷しまくったら、主戦力のアリスター・モリガンに交替させようと
 考えたにも拘わらず、城内ではパーティー編成をすることができません(;´Д`A
 しかも、城に入った後にセーブをしてしまったので、取り返しがつかないという事実。
 アリスターはともかく、モリガンの魔法がないのは痛すぎるぞ…。

 さて、扉を開けると、早速戦闘に突入しました。
 ところが、激高した死体は、こっちに来ないで何かを攻撃しています。
 近寄ってみると、どうやら牢の中の男を狙っているもよう。
 スナギモの咆哮でまとめてスタンさせ、1体ずつ集中して倒します。
 3体すべて始末すると、牢の中の男が話しかけてきました。

 ジョワンは、イゾルデ伯爵夫人が、息子・コナーの家庭教師として雇った魔導師。
 彼はロゲイン公の指示で、イーモン伯に毒を盛って投獄されました。
 しかし、本人はこのアンデッドの出現とは無関係だと主張します。

 ジョワンの証言で、俄然、コナーが怪しくなりましたね。
 伯爵夫人は、コナーに魔法の才能があることに気づき、サークルに奪われることを畏れたそうです。
 だから、背教者であるジョワンを家庭教師に、魔力を隠すための訓練をしていた、と。
 コナーが黒幕である可能性について聞いてみると、“意識して” こんな事態を引き起こすのは無理でも、
 意図せずコナーが、フェイドへのヴェイルを破ってしまったなら、精霊と悪魔が城に侵入し、
 アンデッドを生み出したのかもしれないと言いました。
 幾つの子どもかわかりませんが、最悪の事態にならなければ良いですけど……。




【レッドクリフ城 1階メインフロア】
 ジョワンを牢に閉じ込めたまま、1階に上がります。
 隣の部屋は武器庫で、鍵が掛かっていました。
 ササミは開けられないのですが、レリアナにチェンジすると解錠成功。
 これは、レリアナを連れてきて、正解だったかな。
 彼女はレベルが上がったら、器用な手先を上げることにしましょう。

 武器庫を出ると、さまよう死体が居ました。
 戦闘状態に突入したら、即座に武器庫まで退避。
 いつものように、できるだけ1度に戦う相手を少なくする作戦をとります。
 よーし、死体相手なら、さしたる被害も……(; д )  ゚ ゚ オバケが!!
 ふわふわと宙を舞うシェイド (弱) が現れました。
 つーか、(弱) って……(;´Д`A
 ライフドレインを使ってきたり、叩きつけしてきたり、なかなか多彩です。
 でも、ダメージ量はあんまり……あれ? スタン、随分HPの減りが早いな。
 (; д )  ゚ ゚ (強) が居る!?
 スタンが戦っているのは、シェイド (強) でした。
 フォローに入るも、どんどんHPが減らされ、スタン気絶…(´Д`;)
 PC変更して逃げれば良かったなぁ。



 一息吐いたのも束の間、次の扉を開けた途端、4体の敵に見つかりました。
 しかも、弱体化をかけられたせいか、1体を倒すのに時間が掛かります。
 そのせいで、被ダメが大きくなり、スタンとレリアナが気絶(ノд`)
 まだ3体も残っており、危機を感じましたが、スナギモが咆哮で足止めをしてくれます。
 そのおかげで、2体を倒すも、ここでスナギモが気絶してしまいました。
 最後の1体とガチンコの殴り合いをして、ギリギリ勝利。
 しかし、犠牲は大きかった……(´Д`|||)





<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


Comments
初めまして

一昨日ドラゴンエイジを買って、フレメスで検索したらココにたどり着きました

攻略情報を調べていたはずなのに、面白かったので、全部一気に読んでしまいました
Posted by コモリ at 2011年08月01日 01:03
Re:
>コモリ さま
 コメントいただき、ありがとうございます(*´∇`*)
 攻略的には、ミジンコほども役立たない内容ですが、楽しんでいただければ幸いです。
 今後もぽちぽちと綴っていきますので、機会がありましたら、読んでやってくださいましー。
Posted by at 2011年08月01日 07:41
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
名前からして強い
    コメント(2)