さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2011年07月09日

仲間を得るためなら手段を選ばず


『Dragon Age : Origins』 プレイ日記 ~ササミの世界紀行~ vol.15
 クエスト続きで負傷の多いササミたち。
 しかし、負傷が治るというパーティーキャンプが何なのか判らず、
 回復アイテムもケチっているので、どんどん負傷を抱えるアリスターであった。




【ロザリング】
 アイテムがいっぱいなので、不要品を売ろうと、商人の元へ行ったら、そこでイベントが発生。
 商人と教会のシスターが何やら揉めています。
 どうやら、この商人が混乱に乗じて、法外な値段で商売をしており、それにシスターが憤っているもよう。
 それだけならシスターが正しいと思えますが、彼女は 「こんなときなのだから無償提供しろ」 と主張しています。
 (*´ェ`) ………教会の人間は嫌いだ。
 元々、オスタガー遺跡でも、祝福を断ったら悪し様に罵られて、カチンときてたんですよ。
 どちらに味方するか求められましたが、商人の味方をしてやります。
 シスターを強い口調で追い払い、礼を言う商人に、「商品を値引きしろ」 と交渉。
 よしよし、満足満足(*´∇`*)
 ちなみに、今の行動でモリガンの好感度が上がり、アリスターの好感度が下がりました。



 さて、そろそろ本筋に戻りましょうかね。
 ロザリングの責任者と言えば、古老ミリアムと、騎士ブライアントだそうな。
 彼らに話を聞いてみようということで、まずは古老ミリアムを尋ねます。
 ですがミリアムには、騎士ブライアントのところへ行った方が良いと言われただけでした。
 その代わり、薬草が足りないという彼女の手伝いをすることに。
 ところが、薬草学は習得しているものの、調合に必要なアイテムが足りません。
 フラスコって何処で売ってんの(;´Д`A
 仕方がないので、調合せずに手持ちの回復アイテムを渡しました。




【サブクエスト】 クナリ族の囚人 クナリ族のスタンを檻から解放する
 ミリアムの奥に、アイコンが見えていたので行ってみると、大柄な男性が檻に入れられていました。
 檻に閉じ込められているのは、スタンという名のクナリ族の兵士。
 教会に捕らえられているらしいのですが、彼自身は、やがてくる自分の死を運命と受け入れている様子。
 モリガンは、この誇り高い部族を解放し、代わりにアリスターでも檻に入れておこうと言います。

 頑固そうな印象なので、素直に、ブライトに立ち向かう仲間を捜している、と告げてみました。
 すると、グレイ・ウォーデンの話題に、かなり食い付いてきます。
 クナリ族の間でも、グレイ・ウォーデンは伝説的に語られてきたのだとか。
 これで一旦、彼の元を去ることになりましたが、クエストが発生。
 スタンを閉じ込めている教会の責任者・大教母さまに、直訴してみることになりました。

 大教母の話によれば、ある農場の主が、怪我をしたクナリ族を助けましたが、
 農場の住人は皆殺しにされ、その犯人がスタンだと言います。
 虐殺現場に佇んでいたスタンは、抵抗することなく捕らえられ、その罪も認めました。
 しかし、このような事件を起こしたクナリ族は危険と判断し、檻に閉じ込めているのだとか。

 その助けたクナリ族とスタンが同一人物かは解らないんですよね?
 これは何やら、裏にあるような気配がしますねぇ。
 それはそうと、大教母さまにスタンを解放して欲しいと頼んだのですが、答えはノー。
 ダークスポーンに対抗するため、スタンの力が必要だ、と説明したのですが、
 話術のスキルもないササミでは、大教母さまを説得することができませんでした(ノд`)
 ロゲイン公がグレイ・ウォーデンに懸賞金を掛けていることも一因でしょうね。

 仕方がないので、スタンの元へ戻りますが、話は進展しません。
 そのとき、何の気なしにスティックを動かすと、スタンではなく、檻にロックオンされました。
 檻を調べたら何か………(; д )  ゚ ゚ 開いた!!?
 そ、そんな馬鹿な……。
 ササミの鍵開け技術程度で、開いてしまいましたよ(´Д`;)
 しかも、そのままスタンが仲間になりました。
 いや…あの……非合法ですみません(;´Д`A
 クエスト完了




【ロザリング】
 思わぬところで仲間が増えましたが、そろそろまた本筋を進めましょう。
 古老ミリアムに奨められたとおり、騎士ブライアントに会いに行きます。
 でも、ブライアントは、グレイ・ウォーデンの無実こそ信じてくれていますが、
 表立ってロゲイン公に反旗を翻したり、ササミたちを庇ってくれるまでには到りませんでした(ノд`)
 結局のところ、イーモン伯と、各種族の協力者の元へ向かうしかないみたいですね。





<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
仲間を得るためなら手段を選ばず
    コメント(0)