さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2011年07月01日

操作ミスの代償


『HEAVY RAIN 心の軋むとき』 プレイ日記 vol.20
Chapter3 ~看護~ 水曜日 9:06 PM 5.959cm マディソン・ペイジ

 マディソンとイーサンのストーリーを結びつけることに必死なプレイヤーですが、
 事が事だけに、そう上手くはいかないようですね。




【モーテル・クロスロード ~207号室~】
 モーテルの通路に出たマディソンは、イーサンの部屋が開け放しになっていることに気が付きました。
 そっと扉を開けると、中ではイーサンが気を失っています。
 あまりに酷い怪我に驚いたマディソンは、急いで彼の手当をすることに。

 イーサンを何とかベッドに寝かせ、呼びかけましたが、意識はありません。
 当然、前回も使ったバスルームの薬を…と思ったのですが、ふと見ると、机の上に箱が出しっぱなし。
 近づいて、箱を開けることができました。
 これでマディソンが折り紙細工を確認してくれましたね。
 多分、マディソンがイーサンと関わりを持つには、折り紙殺人鬼との関連を疑わせる必要が
 あるのではなかろうか、と予測しています。

 続いて、バスルームに入って……あれ?コマンドが出ないや。
 イーサンの傍に行くと、ベッドに座って、彼の容態をチェックすることができました。
 火傷や傷のチェックが済むと、イーサンを抱え起こし、手当のために服を脱がせます。
 背中には傷がありませんが、胸から腹にかけて、酷い火傷を負っていました。
 これは…黴のせいか(;´Д`A

 今度こそ、バスルームの棚から、薬を取ってきます。
 まずは腕の切り傷を消毒することに。
 続いて、広範囲の火傷には軟膏を塗ります。
 薬も飲ませるのですが、抗生物質・睡眠薬・鎮痛剤・解熱剤がありました。
 睡眠薬以外は、どれも必要な気がするのですが、容態を見たとき、熱があるというコメントがあったので、
 解熱剤を飲ませておくことにします。
 最後に絆創膏を選択すると、腕の傷と火傷に包帯を巻いて、治療完了しました。
 イーサンは気を失ってしまい、マディソンは彼が目覚めるのを待つことにしたようです。



 イーサンが目を覚ましたのは、約3時間後。
 彼との会話では、なるべくマディソンに、自分のことを打ち明けさせるような選択をしました。
 未だ、このゲームが、選択によってどれほどストーリーが変わるのか把握していないので、
 なるべくマディソンとイーサンが、共に行動する可能性を高めておきたい…。
 今のところの印象だと、主人公の死以外に、それほど多彩な変化はしないような気がしますけどね。
 マディソンが、イーサンに 「トラブルに巻き込まれているのか」 と尋ねることには成功し、
 協力を申し出ることもできました。
 しかし、イーサンは助力に感謝しつつも、それはきっぱりと断ります。
 マディソンも、すぐに引いたので、今回は諦めましょう。

 この後は、主人公がイーサンに切り替わり、第3の試練の内容をチェックしました。
 今度のステージは、『マーブルストリート9711番』。
 メッセージは、「息子のために何かを犠牲にすることは出来るか?」
 まさか、ショーンを助けるために、他人を傷つけなければいけないんじゃなかろうな…。
 この試練、最終的には殺人にくらい発展しそうで怖いです。





<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
操作ミスの代償
    コメント(0)