さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2011年06月08日

水曜ミステリー 子守探偵


『HEAVY RAIN 心の軋むとき』 プレイ日記 vol.14
Chapter2 ~エミリー~ 水曜日 10:37 AM 4.836cm スコット・シェルビー

 今回、シェルビーが訪ねるのは、スーザン・ボウルズという女性。
 これはジェイデンの初登場の際、被害者として発見された少年ですね。




【スーザン・ボウルズ宅】
 玄関ではなく、裏口らしきところに着いてしまいました。
 扉をノックし、反応がないと勝手に入ってしまうシェルビー。
 家の中では赤ん坊が泣いており、床に1枚の紙が落ちていました。
 紙を拾うと、「もう耐えられない。赤ちゃんをお願いします」 と書いてあります。
 シェルビーの思考の中に、「急げ!」 というのがありました。
 選択してみると、「家中捜すんだ!間に合うかもしれない!」 とのコメント。
 Σ(゜Δ゜*) 自殺か!!
 夜逃げかと思ってしまった…。

 急いで奥の部屋へ移動すると、寝室には誰もいませんでしたが、そのさらに奥の扉が閉まっています。
 体当たりで扉を開けると、手首を切った女性が浴槽に…。
 慌てて揺さぶり抱え上げると、反応がありました。
 どうやら、まだ間に合うようです。
 ベッドに寝かせて救急車を呼ぼうとするも、彼女に拒否されたので、応急手当をすることに。
 台所の方へ行ってみますが、何故か手を洗ってしまいました(;´Д`A
 まぁ、手当をするときに、ばい菌が入らないように洗ったんだと思えば…。
 浴室に戻ると、棚に薬や包帯、絆創膏がありました。
 スーザンに声を掛けながら包帯を巻きます。
 彼女の意識も、何とか戻ったようですが、赤ん坊が泣いていることに気づき、起きあがろうとしました。
 シェルビーは、それを押しとどめ、自分が世話をしてくる、と申し出ます。



 赤ん坊はエミリーという名前のようです。
 シェルビーが、血まみれの手を見たので、台所で手を洗いました。
 エミリーの近くによると、どうやらオムツが汚れて泣いているもよう。
 エミリーを抱き上げて、オムツを取り替えます。
 一安心…と思いきや、再び泣き出すエミリー。
 台所にミルクの入った哺乳瓶がありましたから、あれを使うのでしょう。
 哺乳瓶を手に取り、保温機にかけます。
 温まるまでの間、エミリーの様子を見に行くと、カメラが保温機をクローズアップ。
 できたのかな?
 哺乳瓶を取り出し、エミリーを抱き上げてミルクを飲ませます。
 あまり連続的にやると危険かと思って、中断したところ、失敗してしまいました…(´Д`;)
 今度こそ……と最後までミルクをやると、今度は背中をポンポン
 上手にゲップをさせて、一件落着です。
 エミリーを抱っこして、ゆっくり揺すり、眠りについたら、ベビーベッドに下ろしました。
 これにてシェルビー探偵の子守は終了みたいです。



 寝室に戻ると、スーザンがベッドから身を起こします。
 彼女の隣に腰を下ろすと、涙ながらに事情を話してくれました。
 息子のジェレミーが折り紙殺人鬼に殺され、夫が居なくなってしまったことで、
 幼いエミリーを抱えて、1人で生きていかなければならず、耐えられなくなってしまったのだそうです。
 シェルビーは、出て行ってしまった夫のことが気になるもよう。
 彼が残していったという携帯電話は、スーザンにはうまく操作できず、そのままになっているとのこと。
 これって、もしかして……。
 スーザンを元気づけ、携帯電話を借り受けて、家を後にしました。
 ジェレミーの父親は、イーサンと同じように、息子を助けに行ったのではないでしょうか。
 もしや、その過程で命を落としたとか…?





<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
水曜ミステリー 子守探偵
    コメント(0)