さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2011年05月31日

マバリ犬はゴツ可愛い


『Dragon Age : Origins』 プレイ日記 ~ササミの世界紀行~ vol.4
 罠を解除できることを初めて知りました。
 今まで一生懸命踏まないように移動してましたよ…(;´Д`A




【エルフの遺跡 鏡の広間】
 鏡の前に居たのは、グレイ・ウォーデンのダンカン。
 ササミが、タムレンと共に洞窟に入ったときのことを話すと、ダンカンは言いました。
 これらのアーティファクトは、時が経ち、壊れてしまうと、ダークスポーンと同様の汚れに満ちる、と。
 ササミが病に冒されたのも、汚れのためであり、現在の回復は一時的なものだそうです。
 元凶である鏡を破壊したダンカンは、タムレンはもはや生きていないだろうと告げました。
 もし汚れで死んでいなくとも、鏡に惹かれて集まってきたダークスポーンに連れ去られているでしょう。
 ササミとメリルは捜索を諦め、伝承者様に報告するため、ダンカンと共にキャンプへ戻ります。

 どうやら、ササミは鏡の光に巻き込まれた後、3日間ほど寝込んでいたようです。
 しかし、何故、鏡の間で倒れたササミが洞窟の入口に居たのでしょう?
 吹き飛ばされても入口へ戻るのは無理ですし、誰かが運んだか自力で脱出したか…。




【デイルズエルフのキャンプ】
 タムレンは恐らく死んでいると伝承者様に告げるササミ。
 伝承者様はササミに、死者を弔う儀式のため、パイヴェルに報告するよう命じました。
 そして、ササミの治療法については、後々話し合おう、と言い残し、ダンカンと共に去っていきます。

 キャンプをぐるりと回りましたが、皆、哀しそうです…(´・ω・`)
 遺体がないから…とは言え、ダンカンが生存の可能性はないと言っていますし…。
 パイヴェルが儀式の準備をしている間に、伝承者様のところへ行ってみましょうか。

 伝承者様のところへ行くと、ダンカンから、グレイ・ウォーデンに入団しろと言われました。
 要は、グレイ・ウォーデンのために働けば、治療を施してやる、と?
 断る選択肢もありましたが、これはオープニングイベントですし、入団するしかないんですよね、きっと。
 特に逆らわず、素直に入団することにします。
 しかし、すぐに出発するという言葉には、タムレンの葬儀に出たい、と異議を唱えました。
 さすがにこれくらいはねぇ…。
 もう2度と部族には戻れないだろうというので、デイルズエルフの皆にも別れを告げます。
 さよなら、みんな…(ノд`)
 何だか、本当にちょっぴり寂しくなってしまいました。




【オスタガー遺跡】
 ササミはダンカンと共に、コーカリ荒野にあるオスタガー遺跡に向かいました。
 この遺跡は、かつて存在したテヴィンター大帝国が蛮族の侵入を防ぐために建てた要塞。
 そして、現在はフェレルデン王国およびグレイ・ウォーデンが、ダークスポーンと対峙しているというわけです。
 駐留地に戻ったダンカンとササミを出迎えたのは、フェレルデン王国のケイラン王でした。

 遺跡をキャンプ地のようにして使用しているみたいですね。
 このケイラン王は、グレイ・ウォーデンと共に前線で戦っているようですが、
 どうもヒーロー願望が強いというか、ダークスポーンとの戦いを、若干軽く考えている気が…。
 それとも、グレイ・ウォーデンに過剰な期待を寄せているのでしょうか。
 イマイチ、不安の残る王様です。
 ところで、選択肢もちゃんとササミがデイルズエルフであることを反映しており、
 何かにつけて、人間に突っかかるようなものが用意されていました。
 ペコペコするのは厭ですけど、人間風情が、みたいな選択肢もちょっとねぇ…。
 無礼三昧は、別の主人公のときにしようっと。

 正式にグレイ・ウォーデンになるためには、洗礼の儀と呼ばれる儀式を行わなければなりません。
 今回は、ササミの他に2名の新兵が加わるようです。
 ササミは世話役のアリスターというグレイ・ウォーデンを探すよう命じられました。

 アリスターの元へ向かう前に、広い敷地内を一通り回ってみることにします。
 情報を集めたところによると、ここにはグレイ・ウォーデンの他に、魔導師たちの組織である
 サークル・オブ・メジャイや、彼らの監視役である教会が存在しているもよう。
 この3つの組織は、必ずしも協調しているわけではなく、互いに含むところがあるようですね。
 あとは…エルフの地位の低さを改めて認識させられました。
 キャンプにもエルフは居ますが、完全に奴隷として扱われており、ササミもエルフというだけで、
 出会い頭に命令口調で話しかけられたりします。
 そういうときには、「エルフで悪いか」 的な台詞を吐いていますが、気分の良いものじゃありませんな。




【サブクエスト】 マバリ犬 病気のマバリ犬の治療に必要な荒野の花を採ってくる
 さて、キャンプの中には犬舎があり、マバリというゴッツい犬がいます。
 ダークスポーンの血を飲んでも死ななかった犬のみが、耐性を得るのだとか。
 そんなマバリ犬の中に、飼い主を失い、自らも傷を負ってしまったものが居ました。
 犬の世話をしている男に、口輪を付けて薬を飲ませるのを手伝ってくれるよう頼まれます。
 このマバリ犬、確か仲間になるんですよね。
 よーし、デイルズのムツゴロウと呼ばれたササミに任せろ!
 犬に近づくと選択肢が出ました。
「犬に口輪をつける」 「犬を殺す」 「立ち去る」
 何故、殺す……(´Д`;)
 当然、口輪を付けますよ。
 すると犬は、厭がりながらも、大人しく口輪をはめてくれました(*´∇`*)
 これで治療ができるそうです。
 しかし、ここで世話係の男性から1つ提案がありました。
 ササミが荒野に行ったときに、薬草を採ってきてくれたら、犬が助かる確率は高まるだろう、と。
 多分、これから洗礼の儀で行くのが荒野なんですね。
 よっしゃ!任せとけ!!





<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
マバリ犬はゴツ可愛い
    コメント(0)