さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2011年05月20日

パパは投げものが得意


『HEAVY RAIN 心の軋むとき』 プレイ日記 vol.7
Chapter1 ~公園~ 火曜日 4:10 PM 2.504cm イーサン・マーズ

 ショーンが笑ってくれると、本当に嬉しくなります。
 しかし、イーサンの幸せな時間は、一瞬にして消えてしまいました。


 

【公園】
 学校帰りらしいショーンと2人、公園にやってきましたが、相変わらず重苦しい雰囲気。
 まずは 「学校」 について聞いてみます。
「宿題やってなかったから怒られた」
 Σ( ̄ロ ̄lll) あのとき後回しにしたばっかりに!
 何という因果応報……。
 き、気を取り直して話題を変えましょう。
 しかし、会話はどこまでも空回り。
 仕方が無く、立ち上がり、ショーンの前に行くと、バッグのところにアイコンが表示されました。
 ショーンのバッグからブーメランを取り出したイーサンが、チャレンジしてみることに。
 Σ(゜Δ゜*) お手玉のときと同じ匂いがするぞ!
 ショーンを喜ばせてやりたいので、一生懸命、コマンドを入力し、何とかブーメランに成功。
 戻ってきたブーメランをうまくキャッチできると、ショーンが明るい声を…!
 今度は、ショーンに投げ方を教えてあげます。
 初めて成功したショーンは大喜び。
 あぁ…ホッとした……(*´∇`*)

 さらに、シーソー、回転遊具、ブランコと色々な遊具で遊んであげます。
 久々に見た息子の笑顔に、イーサンも非常に嬉しそう。
 もう少し、遊具で遊べるみたいですが、ちょっと見当たらなかったので断念。
 そろそろ帰ろう、と提案すると、ショーンは最後にメリーゴーラウンドに乗りたいと言いました。
 受付で、1$を支払い、メリーゴーラウンドに乗るショーンに手を振ります。
 ところが、ここに来て、最悪の事態が。




 またしても、気が遠くなってしまったイーサン。
 気づいたときには、雨に打たれ、見知らぬ場所に立っていました。
 息子のことを思い出したイーサンは、ショーンの名を呼びながら、走り出します。
 公園に駆け込むと、メリーゴーラウンドの横には、バッグだけがポツンと落ちていました。
 全速力で自宅へ戻りますが、ショーンの姿は何処にもありません。
 イーサンは、絶望のあまり、その場に崩れ落ちます。
 その手の中には、小さな折り紙細工が握られていました。

 まぁ…100%イーサンが悪いとしか……。
 自分が意識を飛ばすことがあると自覚していながら、ショーンとの時間を奪われたくないばかりに、
 そのことを妻に告げず、1週間ごとの世話を引き受けていたということですよね。
 グレイスが事情を知っていたら、決してイーサンにショーンを任せたりしなかったでしょうから。
 もし、事件に巻き込まれる心配が皆無だったとしても、この症状で子どもの世話は有り得ないでしょう。
 子どもの安全よりも、自分の安寧を選んでしまった代償は、限りなく大きなものでしたね。





<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
パパは投げものが得意
    コメント(0)