さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2011年05月18日

不安なアニマル


『HEAVY RAIN 心の軋むとき』 プレイ日記 vol.6
Chapter1 ~精神科医~ 火曜日 1:00 PM 1.943cm イーサン・マーズ

 イーサンがロールシャッハテストのようなものを受けているシーンからスタートします。
 イーサンの答えは、4つ程度の思考から、プレイヤーが選択していくという方式。
 黴の選んだ回答は、『不安』 という心理状態を導き出したようです。
 動物シリーズで攻めてみたんだけどな。




【カウンセリング】
 MRIの結果に問題はありませんが、イーサンの精神状態には、些か不安が残るようです。
 やはり、自分のせいで息子のジェイソンを失ったと、深い後悔の念に囚われているもよう。
 ただ、今日はそのことではなく、例の記憶が飛ぶ症状についての相談にやってきたみたいですね。
 「二重人格」 「意識喪失」 「否定」 と3つの思考が回り始めました。
 うーん…二重人格ってのは、いきなり飛躍しすぎだし、そこに限定してしまうのも躊躇われます。
 ここは、「意識喪失」 辺りが妥当でしょう。
 時折、意識を失うことや、記憶がないこと、目覚めると覚えのない場所にいることを告げるイーサン。
 医師からは、事故のせいであるという可能性は否めない、との応えがありました。
 ここで初めて知ったのですが、イーサンはあの事故で、半年も昏睡状態だったそうです。
 イーサンが間に合ったように見えたのに、何故ジェイソンは…?という疑問が解けました。
 庇うのは間に合ったものの、2人とも車に撥ねられていたんですね。
 これにてカウンセリングは終了。
 イーサンは、部屋を後にします。
 まさか、記憶が飛ぶのは、ここで催眠でも掛けられているんじゃなかろうな…。





<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
不安なアニマル
    コメント(0)