さぽろぐ

  ゲーム・アニメ  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


*TOP*

2011年05月06日

水っ腹パパと遊ぼう


『HEAVY RAIN 心の軋むとき』 プレイ日記 vol.1
Chapter1 ~プロローグ~ 土曜日 11:22 AM イーサン・マーズ

 チュートリアルを兼ねたプロローグです。
 操作キャラの1人であり、主人公のイーサンがまだ幸せだった過去を描いた一幕。
 イーサンが半裸で眠っているという嬉しくないシーンからスタートしました。




【自宅 ~寝室・バスルーム~】
1) 右スティック操作
 画面に白い枠線に囲まれた↑が出現。
 このマークは、右スティックを指示された方向に動かせという印みたいですね。
 指示通りにスティックを上に倒すと、イーサンがベッドから起きあがりました。
 また、スティックを倒す早さによって、動作のスピードが変わるとのこと。
2) 移動
 立ち上がったら次は歩く練習です。
 R2ボタンを押せば前に進み、左スティックの操作によって、進行方向を変更できるそうな。
3) 思考チェック
 L2ボタンで、主人公の思考を聞くことができます。
 押してみると、シャワーという文字の後ろに×ボタンマークが。
 ×ボタンを押したところ、イーサンの心の声が聞こえてきました。
 1階に降りる前に、シャワーを浴びて、服を着替えようと考えているようです。
4) ボタン入力
 子ども部屋に入って、ボールを手にすると、お手玉開始。
 お手玉中に、画面に表示されるボタンを押さなければなりません。
 比較的、入力受付時間が短いのが特徴。
5) コントローラシェイク
 シャワーを浴び終わったら、バスタオルで髪や体を拭き取ります。
 このときの指示は、コントローラのシェイク。
 縦振りと横振りがあり、それぞれ指示が終わるまで続ける必要があるとのこと。
6) 右スティック操作 (スロー)
 洗面台には髭剃りと歯ブラシが。
 歯磨きはバスタオル同様、コントローラを振れば良かったのですが、髭剃りはちょっと難しかったです。
 右スティックに対する指示が、点線枠で囲まれているときには、ゆっくり動かせというアイコンなんだとか。
 どれくらいゆっくりなのかは解りませんが、じわじわ動かしていくと、髭剃り完了。
 まぁ、剃ったと言われれば剃っていますが、髭が濃すぎて…。

 主な操作はこれくらいでしょうか。
 他にもあちこち調べはしましたが、新しい操作はなく、そのまま着替えて、階下へ向かいます。




【自宅 ~リビング~】
 妻のグレイスと、2人の息子が帰ってくるまでの間、自由に過ごすことに。
 今まで教わった操作のおさらいですね。
 まず、思考をチェックすると、「仕事」 と 「庭」 がありました。
 「仕事」 を選ぶと、仕事を片付けておこうと考え、「庭」 だと気分転換でもしようかと考えます。
 取り敢えずは、キッチンやリビングの中を隅々まで調べていきます。
 冷蔵庫からジュースを出してグビグビ飲んだ後に、すぐコーヒーを飲むイーサン。
 お腹たぽたぽだろ…(;´Д`A
 そんなことをしていたら、買い物に行っていた奥さんと息子2人が帰ってきました。



 今日は上の息子・ジェイソンの10歳の誕生日です。
 パーティーのための買い物も済ませてきたようで、2人の息子は随分とはしゃいでいる様子。
 その後ろから、大荷物を抱えた妻のグレイスもやってきました。

 ここで新たな操作が出現しました。
 グレイスの大荷物を受け取るために、画面に表示されているボタンを押し続ける必要があります。
 まず□が出て、それから×が出るのですが、□ボタンアイコンが消えるまではそちらも押しっぱなし。
 □を親指で押してしまい、×がうまく押せなかったので、人差し指を使うという荒技で乗り切りました(´Д`;)

 次に、グレイスから 「仕事は捗ってる?」 と尋ねられました。
 すると、イーサンの周りを、2つの思考が回り始めます。
 「仕事」 「グレイス」 が出現したので、「仕事」 を選ぶと、「やろうと思ったけれど捗らなかった」 と。
 これ、きっと仕事をしていたら、返答が変わったんですよね。




【自宅 ~庭~】
 仕事中の奥さんにちょっかいかけたり、あしらわれたりした後は、
 今度は、お昼御飯まで、庭にいる息子たちと遊びます。
 ここで覚えたのは、ボタンアイコンが点滅しているときは、該当ボタンを連打。
 ボタンの周りに時計のような表示があるときは、入力受付時間の制限を表しているということ。
 チャンバラごっこでは、入力成功するとイーサンが有利になるのですが、
 子どもを勝たせた方が良いだろう、と考えて、途中で入力放棄し、わざと負けてみました。




【自宅 ~2階~】
 昼食のため、ごっこ遊びをやめて家の中に入る3人。
 ところが、弟のショーンが2階へ上がったまま、下りてきません。
 イーサンが呼びにいくと、ショーンは鳥かごの前で膝を突いていました。
 飼っていた小鳥が、死んでしまっていたのです。
 自分のせいだと嘆き、生き返るなら何でもすると言うショーン。
 そんな息子にイーサンは、世の中には望まない事態が避けられないこともある、と説きます。
 それを受け入れられずに泣くショーンを、イーサンはきつく抱きしめました。

 小鳥のマーリン、さっきイーサンが起きたときには元気そうだったんですけどね。
 ショーンは、「僕のせいだ」 と言っていましたが、何かしてしまったんでしょうか?
 それとも、ショーンが飼っていた小鳥だったのかな?





<< BACK                                           NEXT >>

あなたにおススメの記事


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
水っ腹パパと遊ぼう
    コメント(0)